人気ブログランキング |
> 以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
> フォロー中のブログ
> 最新のコメント
> メモ帳
モヨウとムジの器で
昨日はお休みをいただき、本日より会期後半です。
[モヨウとムジ]、まだまだお品物はあり、
楽しくご覧いただけると思いますので、
猛暑の中ではありますが、どうぞお出かけ下さい。

最近購入した物に、ハンドミキサー(ブレンダー)があります。
メーカーによりお値段も色々ですが、私が買ったのはとても
手頃なもの。今のところそれで作った料理はポタージュスープのみ
なんですが、これからバンバン活用していくつもりではいます。

↓ カボチャのポタージュは、猪口型でもかなり大きくて色々に使える、
山口さんのコマ文そば猪口(大)に。大根サラダは、野菜の色も鮮やか
に映える須藤さんのルリ釉6寸皿に。そして今が旬のサクランボは、
水色のラインが涼しげな石田さんの6寸ハットボール(浅目)に。
プラスパンで朝食メニューです。
b0206421_13928.jpg

私、空腹時に一旦思い浮かんでしまうと、食べずにはいられなく
なるものがいくつかありますが、その1つに蕎麦があります。
しかも天ざる・・・ 普段はあまりしない揚げものも、蕎麦の時には
天ぷらを揚げます。なかなか上手には揚がらないんですが。

↓ 天ぷらは、林さんの青白磁8角皿に。丸い器ばかり並びがちな
テーブルが、角のある器でピリッとなります。つゆは田谷さんの
灰釉そば猪口。以前の土とまた違う物で、更に渋い焼き上がり。
薬味は同じく田谷さんの物で、灰釉絵文豆皿に。こちらの豆皿、
亀やかたつむり、蛙に蝶などの絵柄が伸びやかな線刻で施され、
田谷さんの隠れた(?)才能が垣間見られます。
b0206421_13352011.jpg

ちなみに、蕎麦笊は、来月の企画展に参加していただく、
久保一幸さんのお品物。水漏れしない蕎麦笊なんですよ。
(ひょうたんの箸置き、逆さまでした・・・ 河上智美さん作)

蕎麦はヘルシーだと安心し、いつも調子にのりって天ぷらを揚げ
たいらげてしまいます。そして毎回、ヘルスメーターの体脂肪数値が
翌日グ~ンと上がり、『しまったぁ』という気分に陥ります。


お品物に関しましては、お気軽にお問い合わせ下さい。
# by h-works04 | 2011-06-28 14:26 | 展覧会
[モヨウとムジ]
展覧会も1週間が過ぎ、会期折り返しの後半に入ったところです。
須藤さんの染付そば猪口の追加や、最初には無かった田谷さん
の生成そば猪口の入荷があったりと、会期が長いので
こういう事がありえています。直接納品が出来る距離にお二人が
いらっしゃるからでもありますが。そして昨日は、東京に長期滞在中
の林さんも再び顔を出して下さいました。

豆皿、現在あるお品物です。
薬味にお醤油、お漬物にお茶うけのお菓子にと・・・ 
b0206421_16325936.jpg

田谷さんがそば猪口と一緒に持って来て下さった夏椿。
石田さんの南蛮焼き締めの大きなドラ鉢に活けています。
b0206421_16333219.jpg

今日再び須藤さんも様子を見にいらして下さいました。
須藤さんのお土産、店主も大好きな紀の国屋の[粟大福]を、
須藤さんの染付角小皿にのせていただきます。大福を持ち上げると、
隠れていた花の文様が顔を出す小皿です。小湯呑は田谷さんの
お品ですが、これよりも高さが少しある物を店頭では販売しています。
b0206421_163418.jpg

明日27日(月)は会期中ですが、1日お休みをさせていただきます。
休み明け、28日(火)から7月2日(土)まで、
引き続き[モヨウとムジ]の開催を致しますので、
コロコロと変わる空模様ではありますが、どうぞお出かけ下さい。

つい先日、店のベランダから見た空。
西に雨の兆しらしい[水まさ雲](水文の様なスジがある)。
東に夕映えの[入道雲](手前には立川駅へ向かう中央線)。
同じ時刻なのに左右の景色はまったく違いました。確か7時頃。
b0206421_17331046.jpg

b0206421_17334189.jpg

# by h-works04 | 2011-06-26 18:44 | 展覧会
[モヨウとムジ]
3日連続のブログUP。初めてかもしれません。
本来なら、HPの[shop]ページでご紹介する展覧会の様子。
そのページにはいつも画像を20ちょっとは載せていました。
今回はそのページが作れないので(何度も言いますが)、
このように、何日かに分けて店内をご覧くことになっています。
今日は、棚にある器の画像です。

b0206421_1672935.jpg

上の画像をクローズアップした画像が ↓ 下の3枚になります。

小さな棚左上にあるのは、林さんの青白磁蓋付湯呑。蓋の摘みが
可愛い鳥なんです。右下、やはり蓋付の、田谷さんのマグカップ。
たっぷり入る大きさ。白土に灰釉。線刻で花の文様が施されています。
b0206421_16215590.jpg

こちらには、石田さんの紅毛手、4.5寸と6寸の端反り皿や5.5寸の
ハットボール。須藤さんの長角皿は3種類で、6寸皿はルリ釉と白釉の
物があり。田谷さんの象嵌小鉢に灰釉4寸皿。林さんの6寸弱の
グレー深皿。と言ったぐあいに、4~6寸の小鉢やお皿が並びます。
b0206421_16221950.jpg

こちらは同じ棚の右側。須藤さんの鉄釉6角鉢の(小)。田谷さんの
象嵌5寸鉢にルリ釉片口鉢(小)、そして生成6寸リム皿もあり。
林さんは白釉の楕円皿に輪花皿。同じ輪花皿でも磁器なのが
山口さんの物。そして、市松の凹凸が施されたなます皿は無地と
花柄があります。形はお皿と言うより小鉢ですかね。
b0206421_169574.jpg


形や大きさも様々で、使いやすく器が揃っております。
会期も中盤に入り、完売となっているお品物もござますが、
まだまだご覧いただけるお品物はございますので、
今週末、どうぞお出かけ下さい。
迷われないよう、お手持ちの器もチェックされてから・・・
お待ちしております!

お品物に関しましては、お気軽にお問い合わせ下さい。
# by h-works04 | 2011-06-23 20:01 | 展覧会
[モヨウとムジ]
今日は、展覧会[モヨウとムジ]の器を、上から撮影した
カットの画像で器をご覧いただきます。

↓ 石田さんの5寸ハットボールの無地と模様の物、そして小鉢。
須藤さんの花柄色絵小皿とルリ釉5寸皿。縁に装飾のある林さん
の白釉ケーキ皿。そして山口さんのイッチンと麦わら手の板皿。
b0206421_18334391.jpg





















↓ 須藤さんの染付6角皿。田谷さんのルリ釉カレー鉢に
薄ルリの片口鉢。つわぶきの絵柄の輪花皿は山口さんの物。
これからの季節、出番が更に多くなりそうな器です。
b0206421_18344810.jpg

↓ 角皿の染付2種は須藤さんの物。青白磁の長角皿は
林さん作。あると重宝する角皿です。左、田谷さん作の
生成色の8寸鉢は石皿タイプです。使いやすい大きさでしょう。
b0206421_18352280.jpg

↓ こちらは大きな物になります。左より、田谷さんの8寸象嵌鉢。
中、林さんの白釉12角皿。右、須藤さんのルリ釉8寸皿です。
大勢でかこむ食卓にはこんな器をテーブルのセンターに。
b0206421_1836561.jpg

↓ 石田さんのスリップウェア3.5寸小鉢や7.5寸リム皿(絵付)。
手びねりの白磁小鉢と色絵小鉢は須藤さん作になります。
ポットは田谷さんの灰釉の物。同じ灰釉でも白土の物もあり。
b0206421_18363796.jpg

↓ こちらは6~7寸ぐらいの皿や鉢を並べています。
石田さんの6寸ハットボールに6寸鉢は共に紅毛手。
須藤さんは6角鉢を鉄釉の物と染付の物でご用意下さった。
林さんは白釉7角鉢に、青白磁で8角皿と角鉢(深皿)を。
b0206421_18365930.jpg

焼物をされているという昨日いらして下さったお客様。
ご自身よりも若いこの作り手達の器をご覧になり、
「健気で、一生懸命」だとおっしゃられました。
そう言われた直後に店内を見渡し、目頭が熱くなるという現象・・・
目に映る器は姿勢正しく、きらきらと輝いていて、
その言葉通りに感じられました。

1つ1つ丁寧に作られた[モヨウとムジ]の器です。
不安定なお天気が続きますが、どうぞご来店いただき、
ご覧いただければと思います。

お品物に関しましては、お気軽にお問い合わせ下さい。
(既に完売している場合はご了承下さい)
# by h-works04 | 2011-06-22 20:44 | 展覧会
[モヨウとムジ]
今日は、[モヨウとムジ]の5名の器を、
それぞれ1カットだけですがUP致します。

石田誠/紅毛手猪口(大)
かなり大きな猪口になります。石田さんらしい軽いタッチの絵付け。
スープやカフェオレなど、たっぷりいただくのにはいいです。
b0206421_1714508.jpg

須藤拓也/染付長皿・角小皿・豆皿
テーブルのアクセントにもなる須藤さんの染付3種です。
長角と豆皿は今までもご紹介しましたが、角小皿は初となります。
b0206421_1643477.jpg

田谷直子/灰釉絵文四寸皿
伸びやかに描かれた線刻。文様は、古い物にも見られるような
草花です。今までの灰釉とは土がまた違い、渋い色合いです。
b0206421_16442533.jpg

林健二/飴釉5寸皿、青白磁5寸皿
飴釉には筆勢を感じる模様のある物、掛け分けをした物。そして、
青白磁には、鯛、燕、コウモリ、ハチドリのワンポイントの陽刻があり。
b0206421_1645448.jpg

山口利枝/そば猪口(大)の無地と松葉文とコマ文
大き目のそば猪口になります。小丼がわりに、ご飯物を盛ってお使い
いただいてもいいサイズ。店主はサラダにスープにと使っています。
b0206421_17103444.jpg


明日以降も、画像で色々ご覧いただこうと思っております。

お品物に関しましては、お気軽にお問い合わせ下さい。
(完売している場合はご了承下さい)
# by h-works04 | 2011-06-21 19:37 | 展覧会