> フォロー中のブログ
> 最新のコメント
> メモ帳
<   2018年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
金継ぎ教室のご報告

[うつわ直し643]三重野景子さん
に開催していただいた金継ぎ教室は、
展覧会[小さな器とごはん茶碗]の
会期中のことでした。
遅くなりましたが、そのご報告を。

(月)と(土)のコースがありました。
全2回で1コース。なので先生は
4回ここへいらして下さったのでした。

b0206421_12150264.jpg

生徒さんがお持ちになった器の状態
は様々で(複雑な割れの物もあり)、
まずはそれぞれの診断をし、
1つ1つに応じたやり方をレクチャー。
とても丁寧な指導をして下さいます。
↑中央の方が三重野さん。

b0206421_12135626.jpg

本漆を使った直しではないので、
漆に被れる店主も参加させて
いただきます。

直したい器はたくさんあり。
その中から、比較的破損の小さな
ものを選びます。まずは…

b0206421_12143168.jpg

直し方も変わる、
ヒビ、欠け、割れの3種です。

b0206421_12172866.jpg

1回目は、ヒビやパーツの接着、
パーツの無い所のパテうめなど、
形の修復でした。固まり次第、
余分な部分を削る作業に。

b0206421_12165136.jpg

ヒビの入る縁には、楔のようにパテ
でも補強します。

b0206421_12184243.jpg

接着面をよく乾かした1週間後に、
2回目の教室。新うるしを塗り、
金粉や銀粉を蒔く作業です。

うるしを含ませた筆で引く線が
どーしてもひょろひょろに・・・

金粉と銀粉を合わせるとやわらかな
色合になる伺い、店主のはその
ハーフ&ハーフにしてみました。

b0206421_12192428.jpg

教室では金粉や銀粉を蒔いたところ
で修了。それを洗い落すのは数日後
なので、直した部分が浮き上がる
ところは見られなかったのですが、
途中経過を見る限り、皆さん綺麗な
繕いをされていました。
どなたも笑顔で終えられていましたし、
充実の2日間だったとは思います。
また使えるようになる喜びは大きい!

三重野さんは定期的に教室を開催
されていますので、ご興味のある方は、
[うつわ直し643]のinstagramをご覧に
なってみて下さい。
@643_utsuwa

当店での開催も、
今後お願するかもしれませんが、
その時はまたお知らせさせていただきます。


さて営業は、今日明日が常設で、
16(金)は展覧会準備の為お休みです。

17(土)-12/2(日)
は、
当店で5回目となる、
小林慎二さんの漆展開催です。

詳細はこちらをご覧下さい

初日2日目小林さんが在店して
下さいますので、小林さんにも
会いにどうぞいらして下さい。
皆様のお越しをお待ちしております!









by h-works04 | 2018-11-14 13:56 | イベント・教室
小林慎二 漆展

しばらくお休みをさせていただいて
おりましたが、本日より通常営業を
しております。


来週17日からは、
小林慎二さんの個展が始まります。
詳細ページを本日HPにup致しましたので、
そちらもご覧になって下さい。

HP[ 小林慎二 漆展 ]詳細ページ



[ 小林慎二 漆展 ]
2018/11/17(土)-12/2(日)
*26(月)・27(火)はお休み
作家在店日:17(土)・18(日)

b0206421_13584006.jpg


蓋付椀の新作、善哉椀になります。
この他にも、羽反椀仙才椀と言う
2種の蓋付椀をご用意下さるそうです。
大きさや形は、どうぞご来店いただき、
ご覧いただければと思います。


b0206421_14013569.jpg



15日(木)までは、常設品の並ぶ
店内となっております。
入荷しているお品もあり、
陶磁器、ガラス、木のお品物と
充実しておりますので、
どうぞお出かけ下さい。
皆様のお越しをお待ちしております!





by h-works04 | 2018-11-10 14:29 | 展覧会
再び小さな器とごはん茶碗で

展覧会[ 小さな器とごはん茶碗 ]も、
残すところあと3日(本日含め)の
会期となっております。

再び、展覧会にご用意いただいた
器に盛ってみました。
糖質を気にしていないメニューですが・・・


b0206421_12040030.jpg


見込みや胴部に鳥の絵付がある、
ムーニーともみさんの白飯碗
(¥3,780)にごぼうの炊き込みご飯。
餃子巻きなどが入るおでん風煮込みは、
田谷直子さんの灰釉グリーン5寸台形鉢
(¥3,456)に。しば漬けと野沢菜は
石田誠さんの紅毛手3.5寸ハットボウル・
グレー
(¥2,700)。きのことホタテの
うま煮は須藤拓也さんの染付5寸皿
(¥6,480)に。そしてカボチャと黒豆の
煮物は、竹本ゆき子さんの粉引4寸
片口小鉢
(¥2,808)となります。


b0206421_12043419.jpg



b0206421_12053558.jpg


↑ 盛っていない器。
ムーニーさんの飯碗には小さな鳥が
遊んでいます。



b0206421_12063034.jpg


上段には炊き込みご飯が似合いそうな
飯碗2点。左は長谷川奈津さんの
林檎灰釉飯碗(¥3,780)。右は増田勉
さんの粉引飯碗(¥3,024)です。
他は盛り付けをした器となります。


お品物に関しましては、
お気軽にお問い合わせ下さい。
通販のご注文も承っております。
〈展覧会のお品物は4(日)まで〉
画像(細部などを写した)添付のメールを
お送りする事も可能です。

ご注文方法はこちらをご覧下さい

HP・shop 展覧会店内の様子


明日は金継ぎ教室の(土)コース後半日。
(月曜コースは無事終了致しました)
お教室は店内ではありませんので、
展覧会のお品はゆっくりと
ご覧いただけます。
明日明後日も、
皆様のお越しをお待ちしております!






by h-works04 | 2018-11-02 16:48 | 展覧会の器で
お茶の時間と11月の営業日

いただいたお菓子でお茶の時間。
展覧会の器は、本日[ 小さな器 ]
の方のみのご紹介。


b0206421_12553403.jpg


田谷直子
さんの黒ルリ4寸菓子皿
(¥2,160)に豆大福。煎茶は
石田誠さんの紅毛手端反り湯呑・
ホワイト
(¥3,240)に。


b0206421_12560249.jpg


こちらは洋菓子。プチフィナンシェを
林健二さんの飴釉小皿(¥2,700)に。
ブラウニーは石田さんの紅毛手4.5寸
リム皿#2・グレー
(¥3,240)に。
そしてコーヒーを田谷さんのはちみつ
マグカップ
(¥3,024)に。


b0206421_12571946.jpg


さんの飴釉小皿には鳥草花文の
文様があり、石田さんのリム皿には
スタンプされたナンバーやアルファ
ベットのポイント(無地もあり)。


b0206421_12575943.jpg


石田さんの端反り湯呑は他のお色も
あり。左よりラベンダー白磁
クリーム田谷さんのカップは左より
灰釉(¥3,240)、灰釉グリーン(¥3,024)。
そしてコーヒーのマグと同じお色の
はちみつポット(¥9,720)もあり。


お品物にに関しましては、
お気軽にお問い合わせ下さい。
通販のご注文も承っております。
画像(細部などを写した)添付のメールを
お送りする事も可能です。

ご注文方法はこちらをご覧下さい

HP・shop 展覧会店内の様子


遅くなりましたが、
11月の営業予定をお知らせ致します。
カレンダーに丸のある日は、
お休みをさせていただく日となります。

(月)(火)定休日
OPEN11:00-18:30

b0206421_12583618.jpg


~4(日)まで
[ 小さな器とごはん茶碗 ]開催

7(水)・8(木)・9(金)は都合により
 臨時休業をさせていただきます。

*16(金)は展覧会準備の為、
 お休みをさせていただきます。

*17(土)-12/2(日) 26(月)・27(火)お休み
[ 小林慎二 漆展 ]開催
17・18日は作家在店日


[ 小さな器とごはん茶碗 ]のお品の
ご紹介はまだ続く予定ですので、
また覗いてみて下さい。
今週末も、
皆様のお越しをお待ちしております!





by h-works04 | 2018-11-01 13:46 | 展覧会の器で
   

東京・立川市の器店     H.works http://www.h-works04.com
by h-works04
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
> ファン
> ブログジャンル