人気ブログランキング |
> 以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
> フォロー中のブログ
> 最新のコメント
> メモ帳
<   2010年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧
色々入荷しています
先週末までの展覧会も無事終わり、現在は常設の店内です。
新入荷のお品物もございますので、ここでご紹介を致します。
あいうえお順でまいります。
[石原稔久さんのお品↓]
後方2点は蓋付きのコーヒーポット。上にドリッパーを置いてコーヒーを
落とせます。水差しや花器にもどうぞ。中央と右上はティーポットで、
下両サイドはピッチャーです。中央下は板皿になります。ところどころに
石原さんらしいカラーリングがチラッとしてあります。
b0206421_1212546.jpg

[大村剛さんのお品↓]
左に、「よーいドン!」の構えをした様な色絵ポット2色(グリーンとレンガ
色)。後方に筒型のカップ、その手前にはマグカップで、両方とも秋色
のボルドーとレンガ色。筒型もマグも容量はかなり入ります。クロ耳付
皿は、皿と言っても深さもあり、浅鉢と言ってもいい形。
b0206421_1263969.jpg

[小髙千繪さんのお品↓]
小髙さんの白磁の器。。後方に蓋物とポット。中央列にシンプルなカップ
3種。左より猪口タテ型カップ(大)と(小)、マグカップ。そして手前には、
タレや薬味など入れ重宝しそうな豆小鉢。どちらもきれいな形です。
b0206421_12263116.jpg

[田谷直子さんのお品↓]
後方左側に灰釉の急須と湯呑。右側にルリ釉の急須とマグカップ。
手前左側には、ミルクピッチャー3種(ルリ釉・灰釉・きなり)。そして
手前右側には、使いやすそうな灰釉の4寸と5寸のお皿です。
b0206421_12363740.jpg

↓こちらは、以前に入荷した田谷さんのお品物。全て灰釉で、ポット、
汁次2種(蓋のデザインが違う)と楕円皿になります。
b0206421_12452338.jpg

[萩原英二さんのお品↓]
後方に黒漆仕上げの角ボード、その上にクルミのごま匙。右縦に並ぶ
のがクルミのつまみ皿。湯呑をのせ、お茶うけトレーにしてもいい。
手前にクルミの角皿(ブレッドボード)、その上には、クルミのケーキ
サーバー、黒クルミに漆のデザートフォーク。その隣クルミのデザート
スプーン、その上に2つ並ぶのはクロクルミに中漆仕上げの片口。
こちら注ぎ具合がいいんです。
b0206421_1242168.jpg

↓こちらも萩原さんのお品。以前に入荷している。板皿状のものは、
お茶うけトレーで、上がクルミ、左がクロクルミ。カトラリーは左より、
フォーク、バターナイフ、はちみつスティック、取り分けスプーン、
みつスプーンの(小)(大)となります。
b0206421_12555863.jpg

[宮崎桃子さんのお品↓]
定番でご紹介している宮崎さんのフェルトですが、色味の種類が今だけ
多くなっております。ハマグリの様な形のものは、コーヒーを落とす際の、
ペーパーフィルターを入れるケース。左上より雀色、その下こげ茶、中央
上より砂色、サンドベージュ、濃ねずです。右側はコースター。上より、
砂色、雀色、こげ茶となります。
b0206421_13131765.jpg

[宮崎桃子さんのお品↓]
ティーコゼーとポットマット。同色のセットでなくても、違う色で合わせる
のも楽しいです。ティーコゼー左上より、砂色、その下こげ茶、中央上
濃ねず、下雀色。ポットマット上から、濃いねず、うす茶、雀色、茶色、
こげ茶となります。
b0206421_13222819.jpg

[吉田直嗣さんのお品↓]
黒のポット(大)(小)に、白い器3種類。小鉢と縁が少し立ちあがるお皿
は、マットで乳濁した白。あわーくほんのりとミドリがかる。そして、手前
右のピッチャーは艶ありの白で、小鉢や皿の白よりは少しだけ硬質な
感じ。どちらも使いやすいアイテムでしょう。
b0206421_13282196.jpg

以上となります。
1点物のものあり、点数のあるものもございます。
サイズや価格などの記載はしておりませんが、気になるお品物がござ
いましたら、メールやお電話等で、お気軽にお問い合わせ下さい。
通販も可能となっております。
by h-works04 | 2010-09-29 14:01 | 入荷しました
栗づくし
毎年秋になると作る栗きんとん。栗の風味そのままの、素朴なこの
お菓子が大好きです。
叔父が栗きんとんで有名な、岐阜県中津川の出身で、帰郷した際の
お土産が栗きんとんと、栗あんを羊羹で巻いたお菓子でした。
私の子供の頃の話なんですが。とにかくこのお土産をもらうのが嬉し
かったんです・・・ 二口三口で食べてしまえる上品なサイズのお菓子
を、『もっと食べたい』という思いでいっぱいになっていたあの頃です。
最近は岐阜に行かなくても、秋になると東京のデパートで買えるように
なりました。そして大人になり知りましたが、意外といいお値段です
(サイズの割に)。でも、自分で作るとその値段には納得です。
材料はシンプルですが、実を取り出し、裏ごしをしたり(これがきっつい
です!)、時間と体力はかなり費やされます。でもお陰さまで、今は
思う存分食べたいと思っていた子供の頃の願いは叶っています。
(食べ過ぎなくらい)
下の画像は、陶芸家の田谷直子さんにいただいた栗の甘露煮と、
当店お隣の[CAFE SOMMEELLER]さんが、当店で買って下さった
栗を、渋皮煮にされてお裾わけして下さったものと、私店主が作った
栗きんとんの3品(それぞれの栗の味わいがあります)を、今開催中の
展覧会[おはぎとモンブラン]の器や道具と合わせてみたました。
栗づくしで、[秋のお茶時間]の2パターンです。
b0206421_1704058.jpg

3品が盛られているのは、石原稔久さんのお皿(しゃもじ皿)。
コーヒーが入るのは、大村剛さんの楽色絵カップ。ミルクピッチャーは、
吉田直嗣さん。フェルトコースターは宮崎桃子さんのものです。
b0206421_178139.jpg

こちらは、お皿が田谷直子さんのルリ釉5寸皿で、緑茶が入るのは、
小髙千繪さんの白磁・猪口型カップ。クロクルミに半分だけ漆を施した
菓子切りは萩原英二さんのものです。

HPのshopページは、昨夜UP致しましたので、店内の様子はそちらを
ご覧下さい。お品物に関しましては、お気軽にお問い合わせ下さい。

[おはぎとモンブラン]の展覧会は、今週末9/25(土)まで開催して
おります。どうぞ、手に取ってご覧いただければと思います。
by h-works04 | 2010-09-22 17:43 | おいしいものと器
始まりました。
ここにきてようやく、夏が後ずさりしている姿が見え、ホッとします。
戻ってこないよう、『さよーなら~、また来年!』とおもっきり手を振りた
くなります。でもまだ日中は30度ちかくあるようですが・・・
さて、当店では、昨日より展覧会[おはぎとモンブラン]が始まりました。
たくさんのお品物で、いつもの店内より狭く感じられます。
詳しくは、HPのshopページでご紹介も致しますが、全景2カットだけ
お見せ致します。
b0206421_10414018.jpg
b0206421_1042395.jpg

後日のUPになりますが、HPのshopページもまたご覧になって下さい。
連休中ではありますが、見に来ていただけるご予定を入れていただけ
ればと思います。昨日ご来店の皆さまは、ありがとうございました!
by h-works04 | 2010-09-19 10:46 | 展覧会
ご近所さん
[サンパークビル]202号室が当店。OPEN当初、1つ下の1階には
飲食店がありましたが、同じフロアにはありませんでした。2年後ぐら
いに、[CAFE SOMMEILLER(ソメイエ)]さんが205号室に、その
また2年後ぐらいに[食堂marumi-ya(マルミヤ)]さんが206号室に
でき、このフロアも徐々に賑やかに。お客さまも帰りにお茶や食事が
できると喜んで下さいました。でも、誰より喜んだのは私だと思います。
(それまで寂しかったですし・・・特に最初の2年) 商売の相談、雑談、
時々ぼやかせてももらっています。そして両店主の奮闘ぶりを目にして、
自分に喝が入ることも。今回、展覧会[おはぎとモンブラン]にあわせて
デザート・甘味を用意していただけたらという話を、両店主は快く引き受
けて下さり、初・3店舗絡みの事ができることに(やった~)。
ソメイエさんの、自家製栗の渋皮煮(手間がかかる)の入るおいしー!
モンブランを、以前に店主はいただいています。今回はまた違うデザート
だと思いますが。マルミヤさんの、やはり自家製餡子がのるあんみつ
をいただき、それがいい味で!、今回甘味系のお願いを。両店とも、
丁寧に、そして心のこもったお料理を作られています。この機会に、
できましたら3店舗のはしごをしていただけたら嬉しいです!(お腹を
十分すかせて・・・) メニュー、営業日、営業時間などは、各店のHPを
ご覧になって下さい。展覧会詳細ページからはリンクをしてます。
b0206421_16271029.jpg

階段をあがるとこの風景です。通路突き当り奥がマルミヤさん、その1つ
手前がソメイエさんです。店内の雰囲気はそれぞれ違いますが、どち
らも落ち着くスペースです。画像のこの地点を数歩バックしていただき、
180度回転、そのまま奥へ直進していただくと、当店があります。



by h-works04 | 2010-09-15 16:53 | 展覧会
銀座まで
先日、銀座に行ってきました(すごい久しぶり)。
目的は松屋でやっていた、[銀座・手仕事直売所]という催し物と、
[銀座目利き百貨街]という展覧会。
b0206421_20523692.jpg

[手仕事直売所]は、屋内クラフトフェアと言った感じで、全国各地で
作られている暮らしの道具が見られる(買える)催し。出店は個人の
方だったり、窯元だったり、商店だったりで、一カ所で色々なものが
見られるのはありがたい事でした。当店でお付き合いのある、竹細工
の久保一幸さんが出てらして、ご案内をいただいたのでした。久保さん
は、昔お米を入れて使われていたという蓋付きの籠や、1mはありそう
な竹皿(テーブルにされている方もいるとか)など、珍しいものもいくつ
か並べてらして、いつかお店でもご紹介したいと思って帰ってきました。
そして違うブースにいた時の話、自分のブースを休憩で離れると、
久保さんが私に一声かけて、会場を出て行かれました。その後、その
見ていたブースのご主人が、「あの人の作るものはいいよ。そこらへん
のものとは違うから」とこっそり言う様に話しかけてきて下さいました。
私は付き合いのある店の者だとは言えませんでした。久保さんのもの
も使っていらっしゃると言っていたその方は、ある道具でとても有名な
老舗の方です。なにかとても嬉しかったです。

そしてもう1つの[銀座目利き百貨街]の方は、建築家やデザイナー、
造形家・・・ 49名の目利きによる品々の展示、販売をするというもの。
そうそうたるメンバーと言っていい方々。ちょっと想像していた展示とは
違いましたが、それはそれで面白かったです。思いもしないところから
ボールを放られた様なものもあり、はっとする部分も。物の好みはまた
別だったりもしますが。
by h-works04 | 2010-09-14 21:37 | お出かけ
秋の味・栗の販売
立川産・栗の販売をしております。
18日からの展覧会にあわせての販売予定でしたが、もう収穫ができる
とのことなので、急遽、昨日より販売を始めました。
もちろん、[おはぎとモンブラン]の会期にも販売致します。
(毎日ではないかもしれませんが)
b0206421_12191328.jpg

1袋・200円、スーパーよりはお手頃価格かと思います。
栗ご飯、栗入り蒸しパンやパウンドケーキ、きんちゃく栗きんとん、
マロンクリーム、そしてシンプルに茹でてそのままとどうぞ。
b0206421_11221838.jpg

もうこの時点で『おいしそうぉぉ』と思ってしまいます・・・
b0206421_11251274.jpg

たわわに栗の実が生っています。木も重そうです。
土の匂いと緑の色。畑を歩くと気持が落ち着きます。

今後、秋から冬にかけて、また野菜の販売も予定しております。
ブログでお知らせもしてまいります。どうぞご利用下さい。
by h-works04 | 2010-09-11 12:21 | 立川産
[おはぎとモンブラン]
来週末の18日(土)より、秋のお茶時間をテーマにした展覧会、
[おはぎとモンブラン]が始まります。数日前に、ご案内状・DMは
お送りしましたので、手にして下さっている方もいらっしゃるかと思い
ます。妙なタイトルとイラストのDMなので、もしかして当店のご案内
と気付かれないのではと、心配も少ししています。
(宛名面も確認してくださいねー)
店主にとって、この季節、お茶の時間を象徴するものが[おはぎ]と
[モンブラン]でした。お彼岸には母の作るおはぎが必ずあり、実家
に栗の木もあって、栗は秋のおやつでした。なのでケーキもモンブ
ラン党です(他も食べますが)。店主の勝手な好みが色濃いタイトル
ではありますが、作り手の様々なアプローチがあり、展覧会の内容
を奥行きのあるものにして下さいます。面白くなると思います!HPの
展覧会詳細ページは昨日UPしましたので、そちらもどうぞ覧下さい。
b0206421_14432361.jpg

[色濃い]と言えばなのですが、今回のDM、[色濃く]なっちゃいました。
鈍いビワ色の紙に描いたつもりが、日を燦々と浴びた夏ミカンの様な
色に変身していました・・・ 写真もなのですが、DMの印刷はなかなか
思い通りには仕上がらず、難しいです。品物なら、実物の色そのまま
を写そうと心がけてはいます。でも、変身していい時もたま~にあるん
ですが。毎回、店主一人で一喜一憂しています。
by h-works04 | 2010-09-10 18:02 | 展覧会
ありがたいです・・・
大変ありがいたことに、おいしいものをよくいただきます。
自分では買えないような、そして作れないようなものを。
この日の朝食にはそれをずらりと並らべていただきました。
b0206421_18562278.jpg

ベーグルは、国産小麦・天然酵母でお客様が作られたもの。もっちり
していて、ほんのりとした甘味あり。天然酵母独特の香ばしさがまた
食欲を旺盛にさせてくれちゃいます。中央のバターは、フランスに
ご旅行された方のお土産。パッケージが可愛かったからと、わざわざ
保冷剤をつけてフランスから持ち帰ったと言うので驚きでした。無難
なところで手を打たないところがこの方らしいのですが。そしてこの
バター、岩塩入りで[ジャリジャリ]してしょっぱ~い(つけ過ぎ注意)。
でもおいしい。蒸した野菜や魚などにのせたり、お料理にも使いたい。
パッケージをよく見ると、塩田で作業する人と沖にヨットのイラスト・・・
ドット模様と色合いもグーで、そそられるのも、よーくわかります 。
b0206421_19374692.jpg

ラズベリーのはちみつ、ジャムはさくらんぼとこれまたかわったものを
お客様からいただきました。(幸せです) 梅ジャムは、初めて私が
作ったものなのですが、手順を間違えたり、あくを取り忘れたりで
えぐみのあるものに。『これも梅の味』と食べています。朝はパンに
味噌汁(根菜と豆腐いっぱいの)、そしてジンジャーティーと、おかし
な組み合わせになって4カ月。ちょっと体調を崩したのを機に(本当
にちょっとだけ)、野菜不足解消と低体温改善を狙い、こうなりました。

ここで少し、使っている器の話。最近パン皿は久保一幸さんの竹そば笊。
通気があってパンがふやけないので。(もちろん麺類にも使ってます)
具だくさんの味噌汁が入るのは、石田誠さんの白磁5寸碗(夕食の汁
椀は小林慎二さんの漆器使用)。お茶は、須藤拓也さんの染付そば
猪口。和洋どちらの雰囲気にも合い出番が多いです。そしてカトラリー
は、金属が坂野友紀さん。木が萩原英二さん(丸いのは違います)。
b0206421_20213368.jpg

上画像のものは、萩原さんの[はちみつスティック]です。はちみつ以外
にも色々すくえると思います。先がエッジのきいたヘラっぽい形なので、
ビン底で少なくなったものもすくい易いです。柄も長めなので、私は紅茶
の茶葉をジャンピングさせる時など、マドラーの様にポットの中でグルグル
させて使っています。mail orderのページではご紹介していませんが、
通販も可能です。 クルミで¥1,890になります。
by h-works04 | 2010-09-08 21:12 | おいしいものと器
長谷川奈津さんの器
長谷川奈津さんの器が、ほんの少しですが入荷しております。
b0206421_11571379.jpg

上中央の粉引碗など、もう既に売り切れてしまったお品物もございますが、
画像でご紹介させていただきます。上左から時計回りに、粉引筒湯呑
(¥2,625)、粉引碗(¥3,675)、灰釉小碗(¥3,150)、鉄釉小皿
(¥2,730)、粉引6寸皿(¥4,200)です。
次回の長谷川さんのお品物の入荷は、来月あたりを予定しております。
内容は違いますが、その時は、少しまとまった数で入荷があるかと思
います。
by h-works04 | 2010-09-07 12:25 | 入荷しました
須藤拓也さんの器
須藤さんの器が入荷しています。暑いさなかに納品をしに来て下さいました。しかも自転車で・・・ でも、国分寺からなので、そんなに時間はかからないそうなんですが。来月の10月には個展をしていただくので、その時の器の話も少しして、また灼熱の中を帰られていきました。
b0206421_14241968.jpg

長皿は使いやすいサイズ(10×16.5cm前後)と評判のもの。染付2種類(左上¥3,990・中央下¥4,410)と鉄釉(左下¥3,780)。しのぎ小皿はテーブルでアクセントになる器。鉄釉(中央上¥2,310)、灰釉(右上¥2,100)、ルリ釉(右下¥2,310)の3種類があります。
b0206421_14245877.jpg

こちらは猪口。口径7.2cm前後、高さ6cm前後と、そば猪口としてはやや小さめ(通好み)です。価格は¥3,780です。数量は、それぞれそんなに多くないので、ご入用の方は、なるべくお早めにご来店いただければと思います。
by h-works04 | 2010-09-03 15:31 | 入荷しました