> フォロー中のブログ
> 最新のコメント
> メモ帳
カテゴリ:展覧会( 146 )
[モヨウとムジ]
3日連続のブログUP。初めてかもしれません。
本来なら、HPの[shop]ページでご紹介する展覧会の様子。
そのページにはいつも画像を20ちょっとは載せていました。
今回はそのページが作れないので(何度も言いますが)、
このように、何日かに分けて店内をご覧くことになっています。
今日は、棚にある器の画像です。

b0206421_1672935.jpg

上の画像をクローズアップした画像が ↓ 下の3枚になります。

小さな棚左上にあるのは、林さんの青白磁蓋付湯呑。蓋の摘みが
可愛い鳥なんです。右下、やはり蓋付の、田谷さんのマグカップ。
たっぷり入る大きさ。白土に灰釉。線刻で花の文様が施されています。
b0206421_16215590.jpg

こちらには、石田さんの紅毛手、4.5寸と6寸の端反り皿や5.5寸の
ハットボール。須藤さんの長角皿は3種類で、6寸皿はルリ釉と白釉の
物があり。田谷さんの象嵌小鉢に灰釉4寸皿。林さんの6寸弱の
グレー深皿。と言ったぐあいに、4~6寸の小鉢やお皿が並びます。
b0206421_16221950.jpg

こちらは同じ棚の右側。須藤さんの鉄釉6角鉢の(小)。田谷さんの
象嵌5寸鉢にルリ釉片口鉢(小)、そして生成6寸リム皿もあり。
林さんは白釉の楕円皿に輪花皿。同じ輪花皿でも磁器なのが
山口さんの物。そして、市松の凹凸が施されたなます皿は無地と
花柄があります。形はお皿と言うより小鉢ですかね。
b0206421_169574.jpg


形や大きさも様々で、使いやすく器が揃っております。
会期も中盤に入り、完売となっているお品物もござますが、
まだまだご覧いただけるお品物はございますので、
今週末、どうぞお出かけ下さい。
迷われないよう、お手持ちの器もチェックされてから・・・
お待ちしております!

お品物に関しましては、お気軽にお問い合わせ下さい。
by h-works04 | 2011-06-23 20:01 | 展覧会
[モヨウとムジ]
今日は、展覧会[モヨウとムジ]の器を、上から撮影した
カットの画像で器をご覧いただきます。

↓ 石田さんの5寸ハットボールの無地と模様の物、そして小鉢。
須藤さんの花柄色絵小皿とルリ釉5寸皿。縁に装飾のある林さん
の白釉ケーキ皿。そして山口さんのイッチンと麦わら手の板皿。
b0206421_18334391.jpg





















↓ 須藤さんの染付6角皿。田谷さんのルリ釉カレー鉢に
薄ルリの片口鉢。つわぶきの絵柄の輪花皿は山口さんの物。
これからの季節、出番が更に多くなりそうな器です。
b0206421_18344810.jpg

↓ 角皿の染付2種は須藤さんの物。青白磁の長角皿は
林さん作。あると重宝する角皿です。左、田谷さん作の
生成色の8寸鉢は石皿タイプです。使いやすい大きさでしょう。
b0206421_18352280.jpg

↓ こちらは大きな物になります。左より、田谷さんの8寸象嵌鉢。
中、林さんの白釉12角皿。右、須藤さんのルリ釉8寸皿です。
大勢でかこむ食卓にはこんな器をテーブルのセンターに。
b0206421_1836561.jpg

↓ 石田さんのスリップウェア3.5寸小鉢や7.5寸リム皿(絵付)。
手びねりの白磁小鉢と色絵小鉢は須藤さん作になります。
ポットは田谷さんの灰釉の物。同じ灰釉でも白土の物もあり。
b0206421_18363796.jpg

↓ こちらは6~7寸ぐらいの皿や鉢を並べています。
石田さんの6寸ハットボールに6寸鉢は共に紅毛手。
須藤さんは6角鉢を鉄釉の物と染付の物でご用意下さった。
林さんは白釉7角鉢に、青白磁で8角皿と角鉢(深皿)を。
b0206421_18365930.jpg

焼物をされているという昨日いらして下さったお客様。
ご自身よりも若いこの作り手達の器をご覧になり、
「健気で、一生懸命」だとおっしゃられました。
そう言われた直後に店内を見渡し、目頭が熱くなるという現象・・・
目に映る器は姿勢正しく、きらきらと輝いていて、
その言葉通りに感じられました。

1つ1つ丁寧に作られた[モヨウとムジ]の器です。
不安定なお天気が続きますが、どうぞご来店いただき、
ご覧いただければと思います。

お品物に関しましては、お気軽にお問い合わせ下さい。
(既に完売している場合はご了承下さい)
by h-works04 | 2011-06-22 20:44 | 展覧会
[モヨウとムジ]
今日は、[モヨウとムジ]の5名の器を、
それぞれ1カットだけですがUP致します。

石田誠/紅毛手猪口(大)
かなり大きな猪口になります。石田さんらしい軽いタッチの絵付け。
スープやカフェオレなど、たっぷりいただくのにはいいです。
b0206421_1714508.jpg

須藤拓也/染付長皿・角小皿・豆皿
テーブルのアクセントにもなる須藤さんの染付3種です。
長角と豆皿は今までもご紹介しましたが、角小皿は初となります。
b0206421_1643477.jpg

田谷直子/灰釉絵文四寸皿
伸びやかに描かれた線刻。文様は、古い物にも見られるような
草花です。今までの灰釉とは土がまた違い、渋い色合いです。
b0206421_16442533.jpg

林健二/飴釉5寸皿、青白磁5寸皿
飴釉には筆勢を感じる模様のある物、掛け分けをした物。そして、
青白磁には、鯛、燕、コウモリ、ハチドリのワンポイントの陽刻があり。
b0206421_1645448.jpg

山口利枝/そば猪口(大)の無地と松葉文とコマ文
大き目のそば猪口になります。小丼がわりに、ご飯物を盛ってお使い
いただいてもいいサイズ。店主はサラダにスープにと使っています。
b0206421_17103444.jpg


明日以降も、画像で色々ご覧いただこうと思っております。

お品物に関しましては、お気軽にお問い合わせ下さい。
(完売している場合はご了承下さい)
by h-works04 | 2011-06-21 19:37 | 展覧会
[モヨウとムジ]始まりました
5名の作り手に参加していただいている、
展覧会[モヨウとムジ]が一昨日から始りました。
何度もお伝えしておりますが、HPの更新が出来ない状況に未だあり、
展覧会の様子は、こちらブログで少しずつご紹介していく事に致します。
今日はその一段、ザッと大まかに撮った画像になりますが、ご覧下さい。

b0206421_13311335.jpg

↓ 手前の台には、4~5寸皿が中心に並び、
  正面の棚には、湯呑やカップ類、碗などが並んでいます。
b0206421_13315522.jpg





















↓ 依頼していた豆皿。色々で楽しいです。
b0206421_1401086.jpg




















↓ こちらもお願いしたそば猪口。棚上段から、左、林健二さんの物
(象嵌)、中、須藤拓也さんの物(染付)、右、山口利枝さんの物(栗文)、
下段左、石田誠さんの物(紅毛手)、右、田谷直子さんの物(灰釉線刻)
b0206421_1404383.jpg

↓ 初日に在店して下さった御三方の後ろ姿です。なんでまた
こんな写真をなんですが、それがいいと3人に言われてしまい。
左・林さん、真ん中・須藤さん、右・田谷さんです。同年代の3人、
それぞれの仕事に興味をもち、会話をはずませている姿に
店主は嬉しくなります。道具の事、土の事、轆轤の事・・・
一足飛には辿り着けずに、失敗を繰り返しながらの物作りの様子を、
そんな会話から、店主も知ることになります。
b0206421_1413025.jpg

そして今朝は、3人より少し兄貴分になる石田さんが顔を出して
下さいました(突然)。他店での展覧会もあり、愛媛より東京に
出ていらしていたようです。ぶつぶつ言いながら(感心したり)、
他のメンバーの器を手に取り眺めていらっしゃいました。

また後日、もう少しクローズアップした画像など、
ご覧いただこうと思っております。

↓ こちら、現在発売中の[天然生活]に、
今回の展覧会情報を掲載していただきました。
b0206421_19112987.jpg












お品物に関しましては、お気軽にお問い合わせ下さい。
by h-works04 | 2011-06-20 19:58 | 展覧会
明後日から
18日(土)より、[モヨウとムジ]という展覧会が始まります。

昨日は、相模原から田谷直子さんが手持ちで納品をして
下さり、愛知県からは林健二さんのお品が届きました。
今朝は、鹿児島より山口利枝さんのお品が届き、
今日これから夕方の便で愛媛の石田誠さんのお品、
国分寺より手持ちで須藤拓也さんの納品もある予定です。
日本各地より、この東京郊外にひっそりとある器屋に
たくさんの器が届きます・・・ 嬉しいかぎりです!

b0206421_1412657.jpg

田谷さんが器と一緒に、田谷家のお花も届けて下さいました。
のびのび育っている感じが田谷さんとかぶります。
そして街の花屋では見かけることが少ないものばかり。
取りあえずバケツに挿している状態ですが↑、
この無造作活けでいいかもなんて・・・ 
今お店に大きな花器が無いのが残念です。

いつものように今夜から準備が始まります。
明日はしっかりお休みをいただき、展覧会準備となります。
お間違いないようお願い致します。

初日の18日は、須藤さん、林さん、田谷さんが、
在店して下さるそうですので、
作り手の顔も見にいらして下さい。
雨の中かもれませんが、皆さまのご来店、お待ちしております!

*HPの更新(復旧)には、まだ時間がかかりそうです。
  ご迷惑をおかけ致します。
by h-works04 | 2011-06-16 14:35 | 展覧会
ブログで展覧会の詳細
大変な事が起きましたぁ。(私にとっては)
HPのファイル(今までのページ)が喪失してしまったようなんです。
こう書きながら、いったいどうしてこういう事が起こるのか、
突然でまったく分からず、復旧が可能な事なのかも・・・

昨日のことでした。展覧会[モヨウとムジ]の詳細お知らせページを
作っていて、いつものファイル先が出てこなくなりパニックに。
アレコレやった後、使っているソフトのサポートセンターに電話をし、
救いを求めたのですが、使用ソフトのバージョンが古く(かなり)、
サポート対象から外されていると言われてしまいます。
そんなぁぁぁ・・・です。(泣きそう)
「自力で解決するしかないんですか?!」と、
強い口調で言っていましたが、内心すがる気持でいっぱいでした。
マニアル通りの、オペレーターの対応は何を言っても変わらず、
諦めて電話は切りました。(どーしよー)
『一晩経ったら元に戻ってたりして』、などと淡い期待を胸に
今朝は出勤しましたが、悪夢はそのままです。
デジタル音痴の私、かなり頭が痛いです。

と言う訳でなので、当分HPの更新が出来なくなりました。
取りあえず、このブログのみで、展覧会の様子などはご覧いただき、
お知らせ等もしてまいります。

展覧会[モヨウとムジ]の詳細もこちらでさせていただきます。

[モヨウとムジ]
2011/6/18(土)-7/2(土) 
11:00~19:00
*会期中27日(月)はお休み致します。

石田誠 須藤拓也 田谷直子 林健二 山口利枝
b0206421_14265547.jpg

思わず顔がほころぶもの。
食べ終わりに見えてくるサプライズなもの。
料理を引き立ててさり気ないもの。
手の込んだ見ごたえのあるもの。
色鮮やかで気分を晴れやかにしてくれるもの・・・
様々な技法で表現された模様の器が、
食卓の空気を少し変えてくれます。
それぞれのムジの器と合わせてご覧下さい。
器の形は、豆皿とそば猪口以外はお任せです。

ご用意いただけるものを、大まかにですが伺いました。
石田さん・・・紅毛手で、そば猪口(大・中・小)、ハットボール、リム皿、
        端反りの皿や鉢、豆皿、等。
須藤さん・・・染付(長皿・六角皿・四角皿・そば猪口)、鉄絵や色絵の物、
        ルリ釉(皿類・そば猪口)、鉄釉(六角鉢・皿類)、等。
田谷さん・・・灰釉やルリ釉、きなりの物の中に、象嵌や線刻を施した物。
       (湯呑・そば猪口・小皿・ポット・小鉢・皿類・蓋付きマグ)、等。
林さん・・・ 青白磁(小皿・八角皿・六角鉢・長皿・そば猪口)、
       白釉(七角鉢・他)、象嵌(小皿・鉢・そば猪口)、
       唐津の様な新作(カップ・小皿・そば猪口)、等。
山口さん・・・磁器の染付と無地(豆皿・そば猪口大と小・なます皿・
        輪花皿・板角皿)、等。

一先ずこういったかたちでやってまいります。
テンションが今は下がっていますが、案外簡単に直せて、
「たいしたことなかったわっ」、
と後で大騒ぎし過ぎたと言えるといいです。
by h-works04 | 2011-06-10 15:59 | 展覧会
会期終盤です
[花入れになる器]も今日含め、あと3日間となりました。
会期を長くして2回目の企画展ですが、
終盤にくると、やはりあっという間に感じられます。

小さな花入れ3つ。
b0206421_17171018.jpg

左・クヌギの渋が貫入に入る吉田さんのもの。
  挿してあるのは、自宅に僅かにある地面で咲いていた、
  名前の分からない黄色い花。
中央・鉄釉の豆壺は長谷川さんのもの。
  てっせんの葉と、楓の種部分だけを挿して。
右・鶴首の白磁一輪挿しは小髙さんのもの。
  リョウブの二枝を。
ちょっとのスペースがあればいい花入れです。
その空間も変わります。 

こちら楓の種。葉の間、所々にぶら下がっています。
プロペラの様な形ですが、これで風にのり飛ぶのでしょうか?
そうならそんなところを見てみたいです。
クローズアップすると、大きさの感覚がおかしくなりますが、
2.5cmぐらいとちっちゃい。そして勉強になるカラーコディネート。
愛おしくなる色と形です・・・
b0206421_17254030.jpg


ここで入荷のお知らせです。
HP、mail orderのページでもご紹介をしている、
萩原英二さんのBOX類の入荷がありました。
カトラリーBOX、レターBOX、フルーツBOX、仕切りBOXの4種類です。
入荷したお品の色合いなど分かるよう、
またブログでも近日中に画像をUPしたいと思っております。
もうしばらくお待ち下さい。

そして、新たなアーティスト、3グループのCD入荷もありました。
そちらのご紹介もまた後日に致します。

本日の営業はあと僅かとなりましたので、
(金)(土)のご来店、お待ちしております!
by h-works04 | 2011-05-26 18:27 | 展覧会
花と若葉の時
b0206421_19191978.jpg












閉店間際、『日がのびたなぁ』と、ふと窓の外を眺めたら・・・
筆を勢いよく走らせた水彩の様。

[花入れになる器]、会期初めに挿した花は当然色あせ、
少しずつ違うものを挿しています。
長谷川さんの松灰釉のお鉢に楓を浮かべて。
b0206421_19403431.jpg

長谷川さんの鉄釉の壺。DM用に撮影した画像です。
(こちらは売れておりますが、一回り大きな物と、違う形の物はあり)
撮影時の3月末に、釣鐘状の黄色い花をつけていたのは
ヒュウガミズキ。(手前の蕾はまた違う花)
b0206421_19503180.jpg



















そのヒュウガミズキが、今は新緑の綺麗な葉を茂らせていました。
今回、その枝は大村さんの色絵花入れに。
b0206421_20155396.jpg

花が終わったり、葉が落ちたり、季節により姿形が変わると、
何の木だか分からなくなる事があります。
この花の無いヒュウガミズキもそうでした・・・

展覧会は、28日(土)までとなります。

お品物に関しましては、お気軽にお問い合わせ下さい。
by h-works04 | 2011-05-24 20:48 | 展覧会
2回目の土曜日
夏日が続く東京。
今朝乗ったモノレールには冷房が入っていました。
店に入っていらっしゃるお客様のお顔で、
日差しの強さも察します。
火照ったようなお顔をされていて・・・

展覧会[花入れになる器]は、今日2回目の土曜日。
店内を見渡すと、挿した植物は
花の色よりグリーンが目立ち始めています。
残念ながら花の命は短いです。

小髙さんの大壺に挿したシャクヤクはまだ蕾。
やわらかく膨らみ始めてはいるのでもうそろそろかと。
実家の庭にはみごとにひらいたものがあり、
香りに酔うつもりで大輪に顔を近づけたのですが、
花びらにある綺麗な色のワンポイントに気付き・・・
焦点が定まって『ギョ』となりました。

b0206421_15595714.jpg

クモの種類は分かりませんが、色はクモらしくなく、
透明感のあるライトグリーン。(好みの色だったりして)
クモではないのでしょうか?もしかして・・・
そして更によーく見ると、自然の摂理と言っていいのでしょう、
花の香りに呼び寄せられ飛び込んできたのであろう虫が、
そのクモの餌食となっていました。

今朝切ってきたカルミヤは石原さんのピッチャーに。
b0206421_15503223.jpg

折れてしまった小枝は吉田さんの小壺に。砂糖菓子の様な蕾。
b0206421_1552336.jpg


常設ですと、(日)(月)が定休日ですが、
明日22日(日)は営業し、
23日(月)はお休みをさせていただきます。

グループ展は今年より会期が長くなったので、
まだ今日が会期半ばで、折り返しの日になります。
ご覧いただきたいお品物はまだまだございます。
ご来店、お待ちしております。

お品物に関しましては、お気軽にお問い合わせ下さい。
通販も可能です。
by h-works04 | 2011-05-21 16:58 | 展覧会
HP shopページ
今回時間がかかってしまいました・・・
先ほど、HPのshopページ、UP致しましたので
ご覧になって下さい。 お待たせ致しました。

H.works

画像満載で、余すところなく店内をお見せしている
ようなページにはなっておりますが、納まりきらない
画像が実はまだまだあり。

b0206421_15115769.jpg

↑ こちらには、石原さんのミルクピッチャー類。大村さんのポット。
小髙さんの片口やピッチャー(小)、楕円小皿。
長谷川さんの粉引(湯呑・片口)や鉄釉(飯碗・片口)の物。
吉田さんの楕円皿の(深・大)や(中)(小)などが並んでいます。

週末も引き続きお天気は良いようですね。
(日曜は曇りだったかな?)
晴天が何よりなんですが、気温が高いと店内の花が
一気にしな垂れ始め、花のメンテナンスに追われます。
東京は今日、6月の陽気らしいですね。
少し涼しいぐらいがいいんですが・・・

[花入れになる器]は会期中盤になりました。
是非、実物を手にしてご覧いただきたいので、
ご都合をつけて、いらしていただければと思います。

HPやこちらのブログ画像で、気になるお品物等ございましたら
(大きさや価格等)、お気軽にお問い合わせ下さい。
by h-works04 | 2011-05-19 15:46 | 展覧会