> フォロー中のブログ
> 最新のコメント
> メモ帳
カテゴリ:おいしいものと器( 62 )
さつまいもで
ブログ更新、1週間ほど間が開いてしまいました。
毎日がビュンビュンと駆け去って行く感じです・・・
さて、先ほど15日(木)から始まる展覧会、
[十二月から一月]の詳細ページを、
HPの方にUP致しましたので、ご覧になって下さい。
(河上智美さんのご用意いただけるお品は、わかり次第記載致します)
H.works HP

b0206421_1243414.jpg

先日、さつま芋のレモン煮ならぬ、柚子煮を作りました。↑ 鍋の中。
料理もお菓子も凝ったものは作れないので、いつもこんなもの。
さつま芋と柚子とはちみつ少しで煮ただけですが、美味しかったぁ。
↓ 田谷直子さんのルリ釉カレー鉢(リム付中鉢)に盛っていただく。
b0206421_1244493.jpg

↓ こちらは、その柚子芋をマッシュして、そこに電子レンジで過熱した
林檎を刻み加え、更に、家にたまたまあったワッフル(クリームがサンド
された市販の)に、それをのせてみたアレンジ版。普通に美味しい!
更に調子にのって、トーストしたパンに、カッテージチーズとこの
柚子芋林檎をのせていただいてみる。こちらはぁ、まあまあでした・・・
器は、須藤拓也さんの染付長皿です。
b0206421_12455594.jpg

柚子もさつま芋も、只今当店で販売しております。そして、
田谷さんのカレー鉢は注文をしておりますので、いずれ入荷がある
お品物です。また、須藤さん、田谷さんは来年2月に開催する、
[ご飯のおともの器]という展覧会に参加していただく事になっています。

夕暮れ時の富士山。先日の日曜日、昭和記念公園(立川市にある)
の北側を車で走っていた時に見え、車を止めました。
空気が冷たくて、澄んでいる日はこんな風に見えます。
電線がしっかり入っちゃっていて、ハサミを入れたくなります。
日本はどこを切り取っても電線が入ってきてしまいますね~
b0206421_12462162.jpg

そして、入荷している萩原英二さんのお品物は、
また後日画像でご紹介を致しますので、もうしばらくお待ち下さい。
by h-works04 | 2011-12-07 16:31 | おいしいものと器
田谷さんの器で・3
[田谷直子 陶展]本日が最終日となりました。
7時まで営業しておりますので、どうぞお出かけ下さい。
まだお品物はございます。
今、田谷さんも横にいらっしゃるんですよ・・・

昨日、お隣のカフェ、ソメイエさんからいただいたお料理を、
田谷さんの器に盛りご馳走になりました。
鶏肉とたまごの八角醤油煮です。身がほろほろとくずれくらいに
やわらかく煮込まれ、たまごにもいい味が染み込んでいました・・・
田谷さんの黒ルリ七寸リム皿にその煮込みを。一緒にいただいた
雑穀ご飯は灰釉飯碗に。取り鉢は薄ルリの五寸浅鉢に。
田谷さんにいただいた柿を入れたホウレンソサラダは、
灰釉六寸皿にと盛ってみました。
b0206421_12182058.jpg

こちらは↓ 田谷さんのお母様が作られたこんにゃくになります。
お味噌もいただいたので、田楽にしました。
こちらもおいしかったですよ!やわらかくて喉ごしもよく、いくらでも
食べられてしまうこんにゃくです。こんにゃくを手作りされている
事にまず驚きです。こんにゃくいもも栽培されているんだそうです。
器は、こちらも田谷さんの黒ルリ七寸リム皿で、味噌に添えた匙は、
坂野友紀さんのアルミ薬味匙になります。
b0206421_12193319.jpg


お品物に関しましては、お気軽にお問い合わせ下さい。

明日明後日の27(日)、28(月)は定休日となり、
29(火)より常設展示の店内となります。
立川産野菜の販売も再開致しますので、どうぞお立ち寄り下さい。
その後の予定はまた後日、お知らせしてまいります。
by h-works04 | 2011-11-26 14:53 | おいしいものと器
田谷さんの器で・2
本日、お昼過ぎになりましたが、HPのshopページを更新致しました。
[田谷直子 陶展]の様子をご覧いただけるページになって
おりますので、覗いてみて下さい。
H.works HP

こちらは↓、田谷さんの器でのお茶タイムです。
灰釉の四寸リム皿には、お客様にいただいた、可愛い栗型の、
栗入りマドレーヌを(美味しいかったですぅ)。薄ルリの長丸碗には
濃めに入れたカフェオレを。同じく薄ルリの五寸浅鉢には、
陶芸家の増田勉さんからいただいた青林檎を(個展に来て下さった)。
奥の灰釉丸湯呑には紅茶を。その右、黒ルリの四寸鉢には、チーズと
ブラップペッパーのクッキーを。と盛ってみました。
b0206421_15134696.jpg

上画像の湯呑を含め、今回湯呑(灰釉)は、形とサイズの異なる
4種類をご用意いただきました。上画像の物は、右から2番目の物。
小鉢にもなるかと思います。たっぷり派は右の物。手に馴染み、
手頃な大きさが左の物で、上品なサイズで、お客様用にも良いかと
思うのが、左から2番目の小湯呑です。
b0206421_151579.jpg

こちらは↓、ルリ釉のカップとポットになります。
上画像でカフェオレが入っていたのは中央の物。左が黒ルリの
マグカップで、スープにもいい大きさです。
右は薄ルリのマグカップ。手前のポットは黒ルリになります。
b0206421_15154871.jpg

先ほどまで店に田谷さんがいらっしゃいました。
昨日も今日も在店して下さっていたんです。
(また笑いすぎて喉が少し痛いです・・・)

会期も後半に入りましたが、お品物はまだまだございますので、
ご来店いただき、田谷さんの器、是非手に取って
ご覧いただければと思います。お待ちしております!
by h-works04 | 2011-11-23 20:31 | おいしいものと器
田谷さんの器で
昨日今日と、多摩モノレールから富士山が見えています。
冬へと向かう空気に変わってきていますね。
肌にもピリッときてます。

丁度一月前の事。
引越しをした友人が、手料理をご馳走してくれると言うので、
いそいそと新居のある都内まで出かけて行きました。
2種類の餃子から始まり、食べては次から次へと運ばれてくる料理。
途中、「もうおなかいっぱいだよね!!」と、もう一人の友人と
言い合っているのも無視し、主は台所に立ち続けていました。
苦しいと言いつつも、締めの茸の炊き込みご飯とあさりの味噌汁、
そしてデザートのアイスクリームまで私達は食べ切ってしまいました。
美味しかったんですね~。
そしてそこで目にした器に見覚えのある物がありました。
色々な方の器を当店で購入してもらっていますが、
その日は、田谷直子さんの白い長石釉(今は作られていない)の
5寸皿が取り皿で、小皿が餃子のタレ用ででてきました。
また、きなりの中鉢には、豚の角煮が盛られ、縁にちょこんと洋辛子が
のっている色合いも綺麗で、『いい器だなぁ』としみじみ思ったのでした。

b0206421_13332374.jpg

こちらでも ↑ 田谷さんの器を使っています。
そぼろ肉じゃがを盛ったのは、灰釉で象嵌模様のある中鉢。
ルリ釉の小皿にはぬか漬けを。カブの茎とエリンギの胡麻塩炒めは
きなり6寸リム皿に。他の器も紹介しますと、カブとホタテのサラダは
須藤拓也さんの六角鉄釉鉢。長谷川奈津さんの鉄釉飯碗には栗ご飯。
(冷凍しておいた栗で) 同じく長谷川さんの片口(小)には、
柚子七味味のピリ辛佃煮を。大根の味噌汁は、小林慎二さんの
赤溜めの飯椀になります(汁物ですが)。

現在当店に在庫があるお品は、田谷さんのきなり6寸皿。長谷川さんの
鉄釉飯碗。小林さんの赤溜め飯椀になります。

そしてぬか漬けはいただいた物。ニンジンはおわかりかと思いますが、
もう1つはラデッシュ(茎葉も)なんですよ。(野菜買って下さって・・・)
当店の入いるサンパークビル1階にある、[ギョーザ天国]
(色々なギョーザがいただける)の奥さんが漬けていらっしゃるのを
下さったんです。見た目もきれいで、塩加減もグーないいお味です。

間もなく、19日(土)からは田谷さんの個展が始まります。
どんな器に出会えるのか、皆さま楽しみになさって下さい。
また今夜から準備が始まり、
明日18日(金)は準備の為、お休みさせていただきます。

個展会期中は立川産野菜の販売はお休みとなりますが、
今月末の常設から12月一杯は毎日入荷で販売を致しますので、
またご利用下さい。葉付き大根、ブロッコリーと今も種類が増え、
今後は白菜も加わります。
by h-works04 | 2011-11-17 14:49 | おいしいものと器
常設と今後の予定とおいしいもの
4日間のお休みをいただき、本日より常設の店内です。
立川産の秋冬野菜の販売も今日からスタートです。
b0206421_1731160.jpg

b0206421_1734752.jpg

b0206421_1743237.jpg




















サツマイモ、サトイモ、ニンジン、コマツナ、
ラディッシュに柿。今後種類も変わり、増えていくかと思います。
1袋100円ですので、ご来店時にはどうぞご利用下さい。

〈今後の予定〉
11/19(土)~26(土) [田谷直子 陶展]
11/18(金)は展覧会準備の為、お休みをさせていただきます。

それまでは、常設展示の店内で、
11/6、7、13、14が定休日の(日)(月)でお休みとなります。

こちら↓ お客様にいただいた、クリームチーズがのるキャロットケーキ。
ニンジンたっぷり、ナッツもたっぷりで美味しかったぁ!
聞けば吉祥寺にできたパリの[ローズベーカリー]のものだそうです。
このシンプルな二層の色と形のバランスがお見事です。
b0206421_17354335.jpg




















器は、今度個展をしていただく田谷さんの物。ケーキ皿とカップが
灰釉で(同じ灰釉でも色味が違います)、リンゴをのせたのはルリ釉の
小皿になります。(全て店主の私物) コーヒーのいれ方も練習中。

こちら↓ 先日入荷の、石原稔久さんの[辰]です。
毎年年末には干支を作られているという石原さん。
こういうの、うまいですね~! いい表情です・・・ 
1つ¥4,200になります。
辰は今年のみ(12年後にはあるのでしょうが)ですので、
お買い逃がしのないようになさって下さい。
b0206421_17523998.jpg

同じく先日入荷の、萩原英二さんのお品物の、画像でのご紹介は、
近日中に致しますので、もうしばらくお待ち下さい。
by h-works04 | 2011-11-03 18:18 | おいしいものと器
萩原さんのお品物
お待たせしておりました、
[萩原英二 展]の店内の様子、お品物のご紹介ページを、
HPに、お昼過ぎUP致しましたので、ご覧になって下さい。
H.works HP

気になるお品物等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
お電話、メールでも結構です。

こちら↓ お隣のカフェ・ソメイエさんにいただいたケーキを、
萩原さんの器にのせて美味しくいただきました。
b0206421_1545260.jpg

おいものモンブランがのるお皿は、チークで径18cmの物。
奥のロールケーキがのっているのは、灰染めをしたクルミの
コースターですが、今回はお皿にしています。大福など、
和菓子をのせてもいいかもしれません。
他、小さいのに良く出来ている、クロクルミで中が漆仕上げの
ミルクピッチャー(注ぎ具合もグー)に、お砂糖を入れたチークの小鉢、
そしてしっかり挟める小さなトングはクロクルミになります。
チークは元々油分を多く含んでいるそうで、汚れにくい木だそうです。
(汚れても目立たないとも言えるよう)

昨日のブログでも書きました[珈琲教室]で習ったいれ方を、
この写真のコーヒーを入れる時に復習しましたが、
教室の時の様な味にならず・・・ ???『酸味がでているな~』
お湯に対しての豆の割合は同じにしても、
いれる杯数が違っていたからでしょう。これも日々学習です。
b0206421_15461976.jpg

↑ こちら、萩原さん作のコーヒーグッズ2点です。
ペーパーフィルターを入れておくケース。結構枚数は入ります。
掛けても使えます。穴あきの掛ける部分は、下にも倒れ、
引っ込めることも出来ます(置きの場合など)。
そしてもう1つが、コーヒー豆スプーンです。少し山になるぐらいの、
小盛り1杯で、10グラムでした。「ザクッ!」と、スプーンが豆に
入っていく感触がとても気持ちいいんです。形も可愛いです・・・
共にクルミになります。

展覧会は会期中盤。今日を含めあと4日ございますので、
是非、萩原さんのお品物、手に取ってご覧いただきたいです。
お待ちしております!
by h-works04 | 2011-10-26 16:10 | おいしいものと器
坂野さんのお品で
昨日は夕方より坂野友紀さんがいらして下さり、
坂野さんの学生時代の話になり(お客様とご一緒に)、
店主は少し胸がキュンとしたり、意外過ぎて(大)笑いもした
のですが、それは今だから話せて笑えるという類の話で、
坂野さんが正直者で、今まであっちこっちぶつけながら
歩いてきた、不器用な人なんだと改めてわかる話でした。

さてこちらは ↓ 坂野さんのお宅から車でちょっとの所にある
というパンとお菓子のお店、[グルヌイユ]さんからいただいた
焼き菓子です。スティック状のおからのクッキー(きなことキャロブ)。
ホールはバナナのケーキ。 どれもいいお味です!
坂野さんはお得意様になっているようですよ
b0206421_153465.jpg

器は、取り分け用にした角皿がアルミで、ホールケーキが
のるのは洋白の角皿。カトラリーは、ケーキサーバーと
フォークが洋白で、コーヒースプーンが真鍮になります。
(*フォークは完売となりました)
生クリームがあれば、ホイップクリームを添えたかったですねぇ。

坂野さんの展覧会は今日を含めあと3日間となりました。
(今日はあと1時間ですが)
お品物はまだございますので、週末にはどうぞお出かけ下さい。
by h-works04 | 2011-09-29 18:14 | おいしいものと器
餡子
[時間があったら小豆を炊く]、
そう思ってからもうだいぶ時間が経ち、
やっと先日、初の餡子作りをしました。

洋菓子ももちろん大好きですが、餡子の奥深い味が、
年を重ねてわかってきたところがあります。
そして子供の頃、母が作るお菓子で忘れられないのが、
よもぎ餅や栗餡まんじゅう、おはぎだったりするんです。
b0206421_16593096.jpg

↑ 芋入り餡、栗入り餡、プレーンの3つにしました。
煮ている途中の小豆を混ぜたり、出来て3つに取りわける
のにも出番ありだった坂野友紀さんのサーバー(鍋のところ)。

以前に伺って、生唾ゴックンになった話。
餡子を作ると、白玉も作り、その2つをアイスクリームのせて
よくいただいているというお客様の美味しそうなそれを、
私もずーっと作りたいと思っており、今回実現。
プラス、芋餡と栗餡入りの大福も作る(同じ白玉粉なので)。
こちらは見た目味ともに修業が必要・・・
作るのに時間はかかるのに、食べ終わるのは早かったぁ。
b0206421_17104629.jpg

白玉を湯のなかからすくうのに活躍したのは、やはり坂野さんの
道具で穴あき杓子(先日のグログでもご紹介した)。
器は、ガラス器は古い物で、ソーサーとスプーンは坂野さんの物。
大福がのるのは、須藤拓也さんの鉄釉角皿。湯呑は石田誠さんの
白磁(繕い箇所あり)。全て店主の私物になります。

台風が近づいているようで、明日以降のお天気が気になります。
TVのニュースでもしきりに呼びかけていますが、
激しい雨には十分気をつけましょう。
by h-works04 | 2011-09-20 18:28 | おいしいものと器
梅のサワードリンク
先日、お客様よりサワードリンクになる、梅の酢漬けをいただき、
思いだした事がありました。お客様にもお話したのですが、
自分でも去年漬け、作りっぱなしになっている梅酢漬けが
あったのです。

1年寝かせていた物(忘れていただけ)を光のもとに出しました。
きれいな琥珀色になっていました。
母が作った物もあったので、飲みくらべてみることに。
こんな時使える道具が、坂野友紀さんの〈みつ杓子〉と、
萩原英二さんの〈みつスプーン〉です。
b0206421_16312068.jpg




















↑ 奥にある大きな保存瓶の物は梅酒で、こちらも同じ時に
仕込んだ物でした。(梅が沈んでないのはなぜだろう?)
酢漬けは2種類作っており、米酢&氷砂糖の物と(手前左)、
黒酢&黒糖の物を(右奥の真っ黒い瓶)。
b0206421_16325460.jpg

水割り、ソーダー割りをそれぞれ。黒酢&黒糖はクセがあり、
好みは分かれるところでしょう。けしてまずくはない。
お客様、母、私の米酢はどちらも爽やかでグーです!
濃いと、喉に絡みつく感じにもなるので、美味しさは割り方次第。
ソーダー割りより、水割りの方が個人的には好きですねぇ。
お客様は残った実をまたジャムにされたりしているそうですよ。
b0206421_16332212.jpg

↑ こちらは河上智美さんの、たっぷり入る〈プレーングラス〉と、
奥は〈しぼりピッチャー〉になります。

梅の力は底知れず。
この1杯に、疲労回復の期待大です!


河上さんの〈プレーングラス〉(¥2,100)と、
萩原さんの〈みつスプーン・L〉(¥2,310)はお品物がございます。

お品物に関しましては、お気軽にお問い合わせ下さい。
通販も可能です。
by h-works04 | 2011-09-13 17:58 | おいしいものと器
桃とケークサレ
3連休をさせていただき、体はのんびりしておりましたが、
頭を空っぽにする事はなかなかなできず・・・
(あぁ悲しき貧乏性)
休んだシワ寄せはやはりあり、今日もあたふたする一日。

休みの1日は、友人とホテルのランチバイキングに。
小中の同級生3人組で、年に1度顔を合わせる会が、
毎年このお盆の頃にあります。
25年は続いていると思います。
お互いの誕生日を祝う事から始まった会が、
年に3回は会えなくなり、2回になり、とうとう1回に。
お互いを取り巻く全く違う環境の、それぞれの近況を話し、
10代の頃大笑いした出来事を、また思い出しては、
当時と同じように可笑しがって笑っています。

ランチバイキングの写真を、このブログ用に撮るつもりで
いましたが、仕事モードは持ち込めない会でした・・・

お客様からいただいた山梨産の桃。産地では熟れる前に、
皮つきで食べると聞いた事があり、まだザクッという歯触りの
ところをいただいてみました。美味しかったですね~
b0206421_19395064.jpg

↑左の器は、石田誠さんのハットボール(浅)(こちらより一回り大きな
物、在庫あり)、右は、中西申幸さんの角小鉢(在庫あり)です。

↓こちらは、お隣のカフェ・ソメイエさんからいただいたケークサレ。
カボチャ&枝豆、チーズ&クルミが入いる2種のよう。美味しくって
体がはずみます。器は、河上智美さんの水角皿・中(在庫あり)。
こちらの桃は、坂野友紀さんのアルミ片口鉢(店主私物)に。
b0206421_19402641.jpg

どちらの画像にも映る菓子切りフォーク(何にでも合わせられる)は、
来月の坂野さんの個展で、ご用意いただける予定になっています。

東京は今週末あたりから、暑さの峠も越えるようですね。
このニュースで、私は俄然元気を取り戻しました。
(暑いのがお好きな方は残念ですね)

お品物に関しましては、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。
by h-works04 | 2011-08-17 20:33 | おいしいものと器