人気ブログランキング |
> 以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
> フォロー中のブログ
> 最新のコメント
> メモ帳
カテゴリ:展覧会の器で( 257 )
河上さんの器で・3
以前に、わらび餅が作りたくてわらび粉を買いに行ったのに、
いつものうっかりで葛粉を買ってきてしまい、
しばらくそのままだったのですが、夕べ思い立ち、
葛粉のミルクプリンを作り、河上さんの器でいただきました。
↓ あんまり美味しそうに見えませんが、意外といけました。
材料も調理もものすごいシンプル。葛粉と砂糖をミルク(豆乳で)で
煮溶かし、冷まして固まるのを待つだけ。初めのものが、
ゆる~く出来てしまったので、分量調整で再び作り、少し固めに。
でも食べてみるとゆるい方が美味しい![とろけるプリン]状態。
でも普通のプリンの好みはしっかり派です・・・
下の黒蜜と黒ゴマきなこがかかる方がゆるい方で、
上のあずきと抹茶アイスをのせた方がややしっかり目の物。
(全体が茶色ですね。お茶を冷たい緑茶とかにしたらよかったかも)
お客様にいただいたお土産の与論黒糖があったので、黒蜜はそれで。
河上さんの器で・3_b0206421_1395537.jpg

↑ 器は、
左上:花モール鉢(口径14.5cm前後)クリア・¥2,310
右上:網もようグラス・¥2,415 新作の模様。
中央左:モールミルクピッチャー・¥840 黒蜜結構入りました。
中央右:しぼり猪口・¥2,100 ぐい呑みにもいいかも。
左下:イチゴモールグラス・¥2,310 新色のクランベリー色もあり。
右下:12面鉢(口径14.5cm前後)・¥2,415

↓ 盛っていないところです。
左:12面鉢 右:花モール鉢 
河上さんの器で・3_b0206421_12424569.jpg





















奥左:網もようグラス(メガネの連続の様) 奥右:イチゴモールグラス
どちらも小鉢やそば猪口がわりにもなりるでしょう。デザートにもいい。
中央:しぼり猪口 手前:モールミルクピッチャー
河上さんの器で・3_b0206421_13105685.jpg




















お品物に関しましては、お気軽にお問い合わせ下さい。
ご希望がございましたら、通販も可能です。

[河上智美 ガラス展]は、今日明日の2日間となりました。
雨も上がり、お天気も快復に向かっているようですので、
そしてお品物もまだございますので、どうぞお出かけ下さい。

今後の予定は、
また明日以降にお知らせさせていただこうと思っております。
by h-works04 | 2012-04-27 15:03 | 展覧会の器で
河上さんの器で・2
今日は来る途中で、一重と八重の山吹が咲いているのを見ました。
黄色でもなく、オレンジ色でもない、この山吹色、好きですねぇ。
山吹色を引き立てる葉の色もまた美しい! 
こんな色のコンビネーションを目にできるこの季節もまた素晴らしい!
小さな感動です・・・

さて、只今開催中の[河上智美 ガラス展]は会期後半に入りました。
河上さんの器でいただきました。ちょっと早い冷やし中華です。
河上さんの器で・2_b0206421_19461726.jpg

タイトル、「ある夏の日のお昼」と言ったところですかね。
22.5cm前後ある、〈花モールリム皿・¥5,040〉を見て、
『これで冷やし中華が食べたい』とまずなりました。他、銘々用なら
冷製パスタやちらし寿司。単品使いなら、サラダやフルーツを盛って
もいい。焼き菓子も夏にはこんなお皿に盛ると涼しげでいいですね。
胡麻ダレは手付きの〈12面片口ミニ・¥2,625〉、新じゃがマスタード
サラダは〈花モールリム鉢・オリーブ・¥2,415〉、葡萄は〈イチゴ
モール楕円皿・¥2,310〉、お水は〈花モールグラスミニ・¥2,100〉、
箸置きは〈かけら・アクア・¥420〉となっております。

食べ終わると見えてくる模様があります。
河上さんの器で・2_b0206421_2051280.jpg




















お品物に関しましては、お気軽にお問い合わせ下さい。
ご希望がございましたら、通販も可能です。

寒かったと思ったら夏日になったり、
また明日からはお天気がくずれる東京のようです。
そんな中ではありますが、28日(土)まで河上さんの個展は
開催しておりますので、どうぞお出かけ下さい。
まだお品物はあり、楽しんでご覧いただけると思います。
by h-works04 | 2012-04-25 20:56 | 展覧会の器で
石田さんの器で・3
春の装いに切り替えるタイミングがつかめない今年。
なかなか上着も軽く出来ないでいましたが、
今日は少し薄手のコートです。
(ブルブルして帰ることがないといいですが・・・)

さて、石田誠さんの個展は会期後半に入りました。
今ここに並ぶ器に料理(簡単な)を盛ってみました。

じゃこ入りチャーハンは、スリップウェア・無地の6.5寸端反り皿に
(¥4,200)、わかめスープは、白磁4.5寸碗(¥3,570)、
キュウリの漬物が、紅毛手・白3寸皿(¥1,260)、
レンゲをのせているのは、紅毛手・クリーム豆皿(¥840)になります。
石田さんの器で・3_b0206421_12222398.jpg

鶏団子入りフォー(ベトナム米麺でなく讃岐うどんで)を盛ったのは、
紅毛手・ブルー5寸ボール(¥3,990)、トマトは紅毛手・クリームの
染付4.5寸鉢(¥2,520)、レモンはスリップウェア・無地3寸皿(¥1,260)、
箸置きは、南蛮焼き締め(5本セット¥3,150)になります。
石田さんの器で・3_b0206421_12224996.jpg

こちら、料理を盛っていない時の器です。横から。
石田さんの器で・3_b0206421_12231628.jpg


見た目だけでは、どれだけの量が入る器なのか、
わからなかったりすることが多々あります。
今回麺を入れた5寸ボールは、口径は丼ほどありませんが、
深さがあるので、うどん1玉がかるく入りました。(もっと目一杯になる
かと思いましたが) これでうどんやお蕎麦用におすすめができます。
でも、先ほどこのブルーのボールは売れてしまいました。
(同じ形の白はあります)

お品物に関しましては、お気軽にお問い合わせ下さい。
ご希望がございましたら、通販も可能です。

春の食材を盛りたくなる器がたくさんあると思いますので、
石田さんの個展に、どうぞお出かけ下さい。
by h-works04 | 2012-03-29 16:11 | 展覧会の器で
石田さんの器で・2
只今開催中の、[石田誠 器展]の様子をご紹介する、
HPのshopページを、本日午前中にUP致しましたので、
どうぞご覧になってみて下さい。
H.works HP

お客様にいただいたお菓子を、石田さんの器に盛りいただきました。
石田さんの器で・2_b0206421_14392998.jpg

チョコレートの焼き菓子は紅毛手・白・4.5寸リム皿(¥2,100)に。
そしてミルキーなクリームチーズがのるキャロットケーキ(手作り)は、
スリップウェア・無地・4.5寸端反り皿(¥2,100)に。
コーヒーが入るのは、やはりスリップウェア・無地・猪口(¥2,940)。
紅茶は紅毛手・白・丸湯呑(¥2,310)になります。
どちらもしみじみと味わった美味しいお菓子でしたぁ。

↓ こちらは何も盛っていない状態の、上の↑器です。
石田さんの器で・2_b0206421_1455491.jpg

お品物に関しましては(HPでご覧いただけるお品も)、
お気軽にお問い合わせ下さい。
メールでもお電話でも結構です。
また、ご希望がございましたら、通販も可能です。

石田さんの個展は31日(土)までです。
まだまだお品物はございますので、どうぞお出かけ下さい。
by h-works04 | 2012-03-28 15:47 | 展覧会の器で
石田さんの器で
しばらくぶりのブログになってしまいました。
その間、3/11も過ぎ、また最近地震も頻繁にあり、
先ほども揺れた様な気がし、天井からつり下がるシェードを
見つめてしまいました。敏感になっているようです・・・

さて、お待たせしておりました、
[石田誠 器展]の詳細ページは、
先ほどHPにUP致しましたので、ご覧になって下さい。
松山へ石田さんを訪ねた様子もお伝えしています。
H.works HP

以前にも予告し、その詳細ページでもお知らせしている、
店主が石田さんの工房から持ち帰って来た新作の器の画像は、
こちらでご覧下さい。↓

4つ並ぶ3寸小皿ですが、左上の物は[紅毛手]のクリームで、
ご存じの方も(使かわれている方も)多いかと思います。
新たな手、[スリップ無地]はお菓子をのせた3点になります。
それぞれに魅力的な色で、こんな風に並べた色合いの
バランスもきれいではないでしょうか。
石田さんの[南蛮焼き締め]に使っている讃岐土に、
化粧土と紅毛手と同じ釉薬をかけたものだそうです。
石田さんの器で_b0206421_15282141.jpg

こちらは4.5寸碗になります。どちらも形、いいです。
表情もやわらかく優しい(全てに言えますが)。
左は紅毛手のクリームで、右がスリップ無地になります。
色味は、上画像の小皿で言うと、右上の物と同じ物になります。
ご飯物に汁物、お鉢やカフェオレボールがわりにもなるでしょう。
石田さんの器で_b0206421_1528485.jpg

料理を盛ってみました。
上画像のスリップ4.5寸碗には豆乳シチュウです。
トマトとキャベツのミネストローネ風は紅毛手のクリームの方に。
DMにも写っているブルーの6.5寸リム皿には、菜の花と新玉ねぎの
サラダで、ドレッシングは紅毛手・白の豆小鉢です。そしてパンは、
スリップウェア(模様隠れています)の5.5寸端反り皿に。
南蛮焼き締めのお皿に、パンを盛っても良かった思います。
石田さんの器で_b0206421_15295849.jpg

新しい器は、石田さんの磁器(紅毛手)と土物(南蛮焼き締め)の
質感と表情が上手く馴染んだ焼物なのでしょう。どちらにも偏らず。
[白磁]も含め、更に奥行きのある、器の合わせができるでしょう。

こちらは↓、手のひらサイズの器です。色々に使えます。
手前は[白磁]。淡い淡い青味がかかります。他4点は紅毛手。
左端の物は、上画像でドレッシングを入れた物です。
石田さんの器で_b0206421_15302020.jpg




















石田さんの個展まで、あと1週間となりました。
当店もバタバタしていますが、
もっとバタバタになっているのは石田さんですね。

来週には、こちらのブログに、店主の[宮島旅日記]と、
[松山旅日記]をUPしようと思っておりますので、また覗いてみて下さい。

3/23(金)は展覧会準備の為、お休みをさせていただき、
22(木)までは、常設のお品が並ぶ店内となります。
少しずつですが春の香りもし、暖かくなってきています。
お近くにお越しの際は、どうぞお立ち寄り下さい。
by h-works04 | 2012-03-16 17:48 | 展覧会の器で
あわまんじゅう
ベランダのクリスマスローズに花芽が出ていて、
カネノナルキが花を咲かせているのに一昨日気付きました。
カネノナルキは金柑同様、OPENの時にお祝いでいただいたもの。
毎年欠かさずピンクの花を咲かせて春を知らせてくれます。
そして今日の東京は3月中旬並みのの陽気になっているようです。
息を潜めていた花粉が待ってましたとばかりに飛散しているもよう。
私の鼻も春に反応しています・・・

さて、展覧会[ご飯のおともの器]も残すところあと2日(今日含め)。
お役に立てる器はまだございますので、どうぞいらして下さい。

こちら↓夕べお客様にいただいた、福島・会津名物[あわまんじゅう]。
福島物産展のあった渋谷からここまでお持ち下さったのに、
手渡された時も熱々。その場ですぐいただき、その美味しさにも
びっくりーー! 餅米と粟をついたお餅で餡子をサンドしている
シンプルなもの。でも今までに食べた事のない食感でした。
お餅も餡も口の中ですぐにとけてなくなり、お餅のこってり感も
歯ごたえもなく軽~いんです。甘さも上品。(いくつでもいけちゃいそう)
パッケージも気になります。[あわまんじゅう]が180年前に誕生した
と言う地、[福満虚空蔵尊]の写真のようです。
あわまんじゅう_b0206421_15483541.jpg

と言う訳で、また展覧会の器に盛ってみました。
左/須藤拓也・染付6寸皿(¥6,300)
右/山口利枝・かけわけ4.5寸皿(¥2,310)
あわまんじゅう_b0206421_1156569.jpg

上/田谷直子・黒ルリ4寸リム皿(¥1,890)
左/林健二・飴釉6寸浅鉢(3,675)
右/竹本ゆき子・灰釉4寸皿(¥1,890)
あわまんじゅう_b0206421_15475696.jpg

画像ではわかりづらいのですが、
林さんの飴釉の器には、ダイヤ形などの模様が入っています。

そしてこちらは↓ 先日お伝えした、パン屋の[キニョン]が
発行している、おいしい情報誌[リュネット]。
(いちごのパンがいっぱい載ってます)
[みちくさ]と言うコーナーで当店をご紹介いただきました。
この近くだと、立川エキュートの[キニョン]でもらえますよ。
あわまんじゅう_b0206421_1254870.jpg

お品物に関しましては、お気軽にお問い合わせ下さい。
お電話でもメールでも結構です。
by h-works04 | 2012-02-24 15:55 | 展覧会の器で
展覧会の器に盛って
只今開催中の展覧会、[ご飯のおともの器]は、
折り返し会期後半に入りました。
ご用意いただいた器に、おともを盛って使ってみましたので、
ご覧になってみて下さい。

ご飯/粉引飯碗・¥2,625・竹本ゆき子
玉子かけご飯の玉子/黒ルリ4寸小鉢・¥2,100・田谷直子
お醤油/きなり汁注・¥4,725・田谷
しらす/手びねり色絵小鉢(ひねり文)・¥3,570・須藤拓也
箸置き(梅干の種置きにも)/白磁梅形豆皿・¥1,260・山口利枝
のり/市松長方小皿・¥2,310・山口
切干大根/象嵌小鉢(見込みに鳥の柄」あり)・¥3,150・林健二
梅干/渕ゴス箱(蓋の木はナラ)・¥5,250・山口
白菜浅漬け/藁灰4.5寸小鉢・¥2,625・竹本
展覧会の器に盛って_b0206421_16404163.jpg

ご飯/麦藁手飯碗・¥3,780・須藤
豆腐/灰釉4寸小鉢・¥2,100・田谷
箸置き/飴釉メダル箸置き・¥1,050・林
塩昆布/粉引藁灰釉豆小鉢・¥1,260・竹本
かつお味噌/白釉豆皿(ひねり)・¥1,575・林
豚味噌/きなり味見皿・¥1,050・田谷
にがごりしば漬/染付小皿・¥2,940・須藤
厚焼き玉子/青白磁長皿¥3,675・林
焼きたらこ/鉄実草文四方皿・¥2,310・山口
ひじきの煮物/粉引5.5寸リム鉢・¥3,360・竹本
展覧会の器に盛って_b0206421_18451623.jpg

並んだ物は、いっぺんにはいただいていません。
いくらなんでも塩分取り過ぎですよね。喉も渇きます・・・

お茶タイムにも使ってみました。↓
紅茶/粉引湯呑・¥2,100・竹本
お麩のフレンチトースト風/色絵長皿・¥4,410・須藤
豆菓子/象嵌豆皿(ヒラメ柄)・¥2,100・林
黒胡麻きな粉/市松文小箱(蓋の木は黒クルミ)・¥5,575・山口
いちご/きなり5寸皿・¥3,150・田谷
箸置き/きなりトリ箸置き・¥525・田谷
展覧会の器に盛って_b0206421_16413753.jpg

2/18のグログでご紹介した、いただきものを所々に盛ってます。
鹿児島の味噌類は田楽や生野菜につけたりしてもいいかも。
調味料にもなりそうです。にがうりのしば漬は苦味なく食べやすい。
手作りの甘い切干大根は、わかめ入りのサラダ風に。
高知のくじら麩は変化球で、豆乳に浸し、バターで焼き、ハチミツ、
黒胡麻きな粉がけにしてみましたが(いけそうな気がした)、
普通に汁物、煮物がいいかもです・・・ 

実際に盛ってみると、色々と発見もあります。
見た目より、量は入るというのは多いかもしれません。
そしてあれもこれもと、盛ってみたいものが浮かんできます。

ここでご紹介した器はほんの一部になります。
店内にはまだまだお品物はあり、楽しんでご覧いただけますので、
どうぞご来店下さい。お待ちしております!

お品物に関しましては、お気軽にお問い合わせ下さい。
会期後半に入りましたので、通販も可能です。
ご注文方法は、HP・mail orderのページをご覧になって下さい。
by h-works04 | 2012-02-21 18:57 | 展覧会の器で