> フォロー中のブログ
> 最新のコメント
> メモ帳
カテゴリ:展覧会の器で( 210 )
小林さんの椀に

一昨日行ったスーパーにはしめ縄が
もう並んでいて驚きます。
クリスマスが終わったら並ぶものと
思っていましたが、今は違うようです…


さて、本日も個展開催中の、小林慎二
さんの漆器をご紹介致します。

b0206421_15005094.jpg

飯椀(大)(赤溜)(¥12,960)に炊き込み
ご飯のかしわ飯。3種類ある蓋付椀の1つ、
仙才椀(黒)
(¥19,440)にはあさりの
すまし汁。きゅうりの塩昆布和えを
そえ、一汁一菜でいただきます。


b0206421_15032312.jpg

折敷(¥16,200)は縁のあるタイプで、
サイズは30.8×30.8cm。
お箸は23cmのNo5(赤)(¥3,780)。
他に(黒)(木地溜)のお色もございます。


b0206421_15020093.jpg

今展でご用意いただいた蓋付椀3種。
改めて3種を並べてみました。↓
上段左より、善哉椀(黒)(¥17,280)、
羽反椀(黒)(¥19,440)、仙才椀(赤溜)
(黒)善哉椀羽反椀にも(赤溜)
ございます。
容量(8分目で)は羽反椀仙才椀
200ml前後、善哉椀が180ml前後です。


b0206421_15081328.jpg

下段は左より、飯椀(大)(赤)
(赤溜)飯椀(小)(黒)(¥10,800)。
そして飯椀(大)(黒)です。
(小)(赤)(赤溜)もございます。


お品物に関しましては、
お気軽にお問い合わせ下さい。
通販のご注文も承っております。
画像添付(細部などを写した)のメールを
お送りする事も可能です。

ご注文方法はこちらをご覧下さい

HP・shop・個展店内の様子


一部ですが、常設品小林さんの
お品と一緒にご覧いただける店内と
なっております。

会期は12/2(日)までとなります。
お見逃しのないよう、
どうぞお出かけ下さい。
皆様のお越しをお待ちしております!


*12/8(土)より個展をしていただく、
増田勉さんの工房訪問記のup(HPに)は、
もうしばらくお待ちになって下さい。





by h-works04 | 2018-11-29 18:28 | 展覧会の器で
小林さんのお品に・12月の営業

開催中の[ 小林慎二 漆展 ]
会期後半に入っております。
本日も小林さんのお品をご紹介致します。

重箱というと言うと、出番は
お正月のみと思われがちですが、
行楽やお花見のお弁当(小林家は
運動会に)、各自持ちよりの集い
などにも重宝するかと思います。
おせちを詰める以外にも、日常の器
としてもお使いいただけるでしょう。


b0206421_15244847.jpg

アフタヌーンティーのテーブルに、
フルーツの盛り合わせとサンドイッチ。
長方重(黒)(大)(¥75,600)を使って
盛ってみました。


b0206421_15300542.jpg

漆は雑菌の繁殖を抑え、保湿力もある
ようなので、サンドイッチのお弁当
にも適していると言えるでしょう。


b0206421_15310675.jpg

玉子、チーズ&ベーコン&トマト、
ツナ、茹で鶏&アボカドディップ。
1斤分、ジャストサイズでした…


b0206421_15403718.jpg

ご用意下さったお品。奥から、
長方重(大)(黒)、30×11.6cm、高さ
12.4cm。(赤溜)もございます。
長方重(小)(赤溜)(¥70,200)、
25×11cm、高さ12.2cm。
一段の長方箱(赤溜)(¥43,200)、
30×11.6cm、高さ6.7cm。
他、面取三段重の(赤溜)(¥118,800)
もございます。
内側の塗りは全て木地溜となります。


お品物に関しましては、
お気軽にお問い合わせ下さい。
通販のご注文も承っております。
画像添付(細部などを写した)のメールを
お送りすることも可能です。

ご注文方法はこちらをご覧ください

HP・shopページ・個展の様子


b0206421_15471697.jpg

本日より、一部ですが常設品
並べ、小林さんの漆器と合わせて
ご覧いただける店内となっております。


12月営業予定をお知らせ致します。
丸のある日はお休みとなります。
(月)(火)定休日
OPEN 11:00-18:30


b0206421_15461691.jpg

~2(日)まで[ 小林慎二 漆展 ]開催

3(月)ー7(金)は都合により、
 臨時休業をさせていただきます。

8(土)-23(日) 17・18日はお休み
 [ 増田勉 陶展 ] 開催
 作家在店日:8(土)・9(日)

30(日)ー1/9(水)
 年末年始の休業

次回個展の増田勉さんの工房訪問記
(HPにup)はもうしばらくお待ちに
なって下さい。

小林さんのお品物のご紹介は、
まだ続く予定ですので、
引き続きご覧になって下さい。

会期は12/2(日)までとなります。
皆様のお越しをお待ちしております!








by h-works04 | 2018-11-28 17:27 | 展覧会の器で
小林さんの椀に

この季節に見るのは初めてです。
台風で中止になった7月の花火大会
でしたが、一昨日打ち上がりました。
当店からも良くも見え(尺玉は)、
空気が澄んでいるからか、夏よりも
鮮やかで美しさもましていました。
(毎年この時季でもいいのに…)

b0206421_13243170.jpg


さて、店内にも美しいお品が
多数並んでおります。
本日も個展開催中の、小林慎二さん
漆器をご紹介させていただきます。

b0206421_13403544.jpg

新作の蓋付椀は3種類をご用意いただき
ました。こちらはそのうちの1つ、
羽反椀(黒)(¥19,440)になります。
お色は(赤溜)もございます。
腰が張り、見込みが広く感じられる形。
容量的には200ml前後(8分目で)となり、
小林さんが作られる汁椀(大)とほぼ同じ
ぐらいの容量です。


b0206421_13325866.jpg

今回はお雑煮を盛ってみます。
関東風の一般的な具のですが、お餅は
豆餅にしてみました(たまたまあり)。
蓋付がいいのは冷めにくいのもあり
ますが、あけた瞬間に香りがたつこと。
柚子の香りが爽やかです…
*蓋付とわかりやすいよう蓋は
 立てかけています。


b0206421_13262685.jpg

お吸い物やお粥、炊き合わせ、
しんじょうやお豆腐料理、おしる…
盛り付けも楽しんでいただけます。
盆は径25.7cmの8.5寸盆(内赤)
(¥20,520)(根来もあり)です。


b0206421_13482456.jpg

お雑煮用になりそうな椀が他にも
ございます。上段は羽反椀(赤溜)
(黒)。下段左、玉縁椀(赤)(¥14,040)
(黒と赤溜もあり)。中央、面取椀(小)
(黒)(¥12,960)。右、スジメ椀(小)
(木地)(¥15,120)(赤と黒もあり)。


b0206421_13500468.jpg

4点を上から見たところ。容量は8分目で
以下ぐらいです。左上の羽反椀200ml、
右上のスジメ椀260ml、左下の玉縁椀
240ml、右下の面取椀220mlとなります。
お餅の数でお使いいただく椀も変わって
くるかと思います。


お品物に関しましては、
お気軽にお問い合わせ下さい。
通販のご注文も承っております。
画像添付(細部などを写した)のメールを
お送りすることも可能です。

ご注文方法はこちらをご覧下さい


HP・shopページ・個展店内の様子

明日明後日の26(月)・27(火)
お休みをさせていただきます。
28(水)からは、一部ですが常設品も、
小林さんのお品と一緒にご覧いただける
店内となります。

お品物のご紹介は続きますので、
また覗いてみて下さい。

個展会期は12/2(日)までとなります。
お見逃しのないようどうぞお出かけ下さい。
皆様のお越しをお待ちしております!














by h-works04 | 2018-11-25 15:28 | 展覧会の器で
小林さんのお品で

今朝は真っ青な空に、
富士山も美しく映えていました。
空気のひんやり感も気持よく・・・

さて、小林慎二さんの漆展
会期中盤に入ってまいりました。
本日もお品物のご紹介をさせて
いただきます。

「おせちもいいけどカレーもね」
と言うのは、だいぶ古いCMのコピー
ですが、そんな感じで、小林さんの
カレー皿に盛ってみました。

b0206421_16011970.jpg

パスタや冷しかけ蕎麦などを盛ったり、
菓子鉢として、また果物を盛ったりと
お使いいただける形でしょう。


b0206421_15574866.jpg

ジャガイモごろりのお家カレーは、
カレー皿(黒)(¥17,280)に。
水菜サラダは平皿(白溜)(¥12,960)に。
お箸はNo4(黒)(¥3,780)で、
スプーンは(赤)(¥9,180)になります。
チーズinチキンカツの器は林健二さんの
白釉楕円皿(小)(¥3,240)です。


b0206421_16050748.jpg

径21cm、縁の高さは5.3cmの
カレー皿です。
お色は(赤)(黒)(赤溜)の3色があり。


b0206421_16064702.jpg

径19cmの平皿。取り皿に、
ちらし寿司などのご飯もの、銘々用
のお刺身なども綺麗な盛り付けが
できるでしょう。お色は4色で、
左上(赤)、右上(白溜)、左下(赤溜)
右下(黒)となります。


b0206421_16114238.jpg

横から。左、シャープなラインの平皿
右、丸みのあるラインのカレー皿です。
厚みはありますがとても軽いです。


b0206421_16130677.jpg

現在あるお箸スプーンです。
お箸No4(黒)のみに。No5は上から、
(赤)(木地溜)(黒)となります。
うどんも摘みやすいお箸と、
口あたりやわらかなスプーンです。


お品物に関しましては、
お気軽にお問い合わせ下さい。
明日24(土)より通販のご注文
承らせていただきます。
画像添付(細部などを写した)のメールを
お送りすることも可能です。

ご注文方法はこちらをご覧下さい

HP・shop小林慎二漆展の様子はこちら

明日以降もお品物のご紹介は
してまいりますので、
また覗いてみて下さい。

普段使いの器に、
小林さんの漆器もどうぞ加えて下さい。
会期は12/2(日)までとなります。
皆様のお越しをお待ちしております!

*26(月)・27(火)はお休みです。








by h-works04 | 2018-11-23 17:22 | 展覧会の器で
HP更新・小林さんの器で

本日、HPの[shop]ページを更新致しました。
現在開催中の[ 小林慎二 漆展 ]の様子、
お品物のご紹介をしておりますので、
どうぞご覧になって下さい。

HP・[shop・小林慎二 漆展の様子]


布団からなかなか出られなくなっています。
今日からエアコンも始動させ、
甘酒で体も温めます・・・
器は小林さんのものです。
漆器は冷めづらいと言う面もあり。
そして手触りにも温もりを感じます。

b0206421_20435673.jpg

左がつぼ椀(赤)(¥10,800)。お色は他に
(黒)と(赤溜)があり。右はコーヒーカップ
(赤溜)
(¥11,800)。お色は他に(白溜)
ございます。どちらもスープやデザート
にと多様にお使いいただける形です。
お盆は径が30.3cmの丸盆(小)(赤溜)
(¥25,920)。縁のつくりが上品です。


b0206421_20445753.jpg

以前作り、冷凍にしてあった栗の甘露煮
があったので、栗善哉にします。
使った椀は、蓋付椀の新作になる善哉椀
(黒)
(¥17,280)と、飯椀にもいい定番の
端反椀(黒)(¥10,800)。善哉椀は他に
(赤溜)のお色があり、端反椀(赤)
(赤溜)もあります。


b0206421_20453700.jpg


↓横から見たお品。上から、善哉椀の
(赤溜)と(黒)
端反椀の(赤)と(黒)
左下のカップ(黒)(¥9,720)は口あたり
の良い薄作りなので、お酒も一味違って
きそうです。(赤溜)のお色もあり。そして
コーヒーカップ(赤溜)つぼ椀(赤)
並んでいます。


b0206421_20474544.jpg


お品物に関しましては、
お気軽にお問い合わせ下さい。
24(土)から通販のご注文
承らせていただきます。
画像添付(細部など写した)のメールを
お送りすることも可能です。

ご注文方法はこちらをご覧下さい

お品物のご紹介は、引き続き
こちらのブログでしてまいりますので、
また覗いてみて下さい。


色々なシーンで活躍してくれる
小林さんの漆器です。
明日より3連休の方も多いかと思います
ので、どうぞお出かけ下さい。

会期は12/2(日)までとなります。
*26(月)・27(火)はお休み
皆様のお越しをお待ちしております!





by h-works04 | 2018-11-22 21:52 | 展覧会の器で
再び小さな器とごはん茶碗で

展覧会[ 小さな器とごはん茶碗 ]も、
残すところあと3日(本日含め)の
会期となっております。

再び、展覧会にご用意いただいた
器に盛ってみました。
糖質を気にしていないメニューですが・・・


b0206421_12040030.jpg


見込みや胴部に鳥の絵付がある、
ムーニーともみさんの白飯碗
(¥3,780)にごぼうの炊き込みご飯。
餃子巻きなどが入るおでん風煮込みは、
田谷直子さんの灰釉グリーン5寸台形鉢
(¥3,456)に。しば漬けと野沢菜は
石田誠さんの紅毛手3.5寸ハットボウル・
グレー
(¥2,700)。きのことホタテの
うま煮は須藤拓也さんの染付5寸皿
(¥6,480)に。そしてカボチャと黒豆の
煮物は、竹本ゆき子さんの粉引4寸
片口小鉢
(¥2,808)となります。


b0206421_12043419.jpg



b0206421_12053558.jpg


↑ 盛っていない器。
ムーニーさんの飯碗には小さな鳥が
遊んでいます。



b0206421_12063034.jpg


上段には炊き込みご飯が似合いそうな
飯碗2点。左は長谷川奈津さんの
林檎灰釉飯碗(¥3,780)。右は増田勉
さんの粉引飯碗(¥3,024)です。
他は盛り付けをした器となります。


お品物に関しましては、
お気軽にお問い合わせ下さい。
通販のご注文も承っております。
〈展覧会のお品物は4(日)まで〉
画像(細部などを写した)添付のメールを
お送りする事も可能です。

ご注文方法はこちらをご覧下さい

HP・shop 展覧会店内の様子


明日は金継ぎ教室の(土)コース後半日。
(月曜コースは無事終了致しました)
お教室は店内ではありませんので、
展覧会のお品はゆっくりと
ご覧いただけます。
明日明後日も、
皆様のお越しをお待ちしております!






by h-works04 | 2018-11-02 16:48 | 展覧会の器で
お茶の時間と11月の営業日

いただいたお菓子でお茶の時間。
展覧会の器は、本日[ 小さな器 ]
の方のみのご紹介。


b0206421_12553403.jpg


田谷直子
さんの黒ルリ4寸菓子皿
(¥2,160)に豆大福。煎茶は
石田誠さんの紅毛手端反り湯呑・
ホワイト
(¥3,240)に。


b0206421_12560249.jpg


こちらは洋菓子。プチフィナンシェを
林健二さんの飴釉小皿(¥2,700)に。
ブラウニーは石田さんの紅毛手4.5寸
リム皿#2・グレー
(¥3,240)に。
そしてコーヒーを田谷さんのはちみつ
マグカップ
(¥3,024)に。


b0206421_12571946.jpg


さんの飴釉小皿には鳥草花文の
文様があり、石田さんのリム皿には
スタンプされたナンバーやアルファ
ベットのポイント(無地もあり)。


b0206421_12575943.jpg


石田さんの端反り湯呑は他のお色も
あり。左よりラベンダー白磁
クリーム田谷さんのカップは左より
灰釉(¥3,240)、灰釉グリーン(¥3,024)。
そしてコーヒーのマグと同じお色の
はちみつポット(¥9,720)もあり。


お品物にに関しましては、
お気軽にお問い合わせ下さい。
通販のご注文も承っております。
画像(細部などを写した)添付のメールを
お送りする事も可能です。

ご注文方法はこちらをご覧下さい

HP・shop 展覧会店内の様子


遅くなりましたが、
11月の営業予定をお知らせ致します。
カレンダーに丸のある日は、
お休みをさせていただく日となります。

(月)(火)定休日
OPEN11:00-18:30

b0206421_12583618.jpg


~4(日)まで
[ 小さな器とごはん茶碗 ]開催

7(水)・8(木)・9(金)は都合により
 臨時休業をさせていただきます。

*16(金)は展覧会準備の為、
 お休みをさせていただきます。

*17(土)-12/2(日) 26(月)・27(火)お休み
[ 小林慎二 漆展 ]開催
17・18日は作家在店日


[ 小さな器とごはん茶碗 ]のお品の
ご紹介はまだ続く予定ですので、
また覗いてみて下さい。
今週末も、
皆様のお越しをお待ちしております!





by h-works04 | 2018-11-01 13:46 | 展覧会の器で
小さな器とごはん茶碗でまたまた

週末まで太陽マークが並んでいる
東京の天気予報。
この快晴、その先もずーっと
続いてほしいです!

さて、本日も開催中の展覧会、
[ 小さな器とごはん茶碗 ]の器を
ご紹介させていただきます。
このあたりで胃に負担の少ない
メニューに…

b0206421_12190558.jpg


朝粥にしました。体に染みます。
海苔の佃煮は柚子胡椒入りでピリ辛に
します。トッピングは他に梅干し、
鮭フレーク、柚子大根。プラス、
ささみと豆苗のサラダ、焼お揚げです。


b0206421_12193059.jpg


器は、お粥を石田誠さんの白磁3.8寸
飯碗
(¥3,780)、サラダを増田勉さんの
来待釉片口鉢
(¥3,456)、お揚げを竹本
ゆき子
さんの黄灰釉5寸皿(¥2,808)に。
柚子大根が須藤拓也さんの染付楕円小皿・
鳥と蓮
(¥3,240)、鮭は長谷川奈津さんの
林檎灰釉小鉢(¥2,376)、梅干しを田谷
直子
さんのみかん色絵紋小皿・鹿(¥1,080)、
海苔佃煮は林健二さんの青白磁豆皿・花
(¥1,944)に。そしてレンゲ・白(¥1,512)
ムーニーともみさんのもので、それの
受けにしているのはさんの白磁楕円豆皿
(¥1,080)。お揚げ用のポン酢は田谷さん
黒ルリピッチャー(¥1,620)になります。


b0206421_12195624.jpg


↑盛っていないお品の上からと、
↓横から。


b0206421_12202748.jpg


↑中段にはお粥が似合うと思った飯碗。
左より、実際に盛った石田さんの白磁
須藤さんの染付飯碗・コウモリ(¥4,860)、
さんの白磁飯碗(¥2,700)。
小さな注器は上段左より、田谷さんの
はちみつ片口小鉢(¥1,620)、竹本さんの
灰釉小片口(¥2,700)。下左が田谷さんの
黒ルリピッチャー、右が竹本さんの藁白
釉ピッチャー
(¥2,376)となります。


b0206421_12211063.jpg


田谷さんのみかん色絵紋小皿には様々な
絵柄。鹿以外に鳥、兎、海老…など。
さんの青白磁豆皿には浮き上がる
ポイント。こちらも花以外に金魚
ツバメがあり。そしてムーニーさんの
レンゲはもう一色(黄)がございます。


お品物に関しましては、
お気軽にお問い合わせ下さい。
通販のご注文も承っております。
画像(細部などを写した)添付したメールを
お送りすることも可能です。

ご注文方法はこちらをご覧下さい

HP・shop 展覧会店内の様子


まだお品物のご紹介は続く予定ですので、
引き続きご覧いただければと思います。

展覧会会期は11/4(日)までとなります。
(11月営業カレンダーは明日up予定)
お見逃しのないようどうぞお出かけ下さい。
皆様のお越しをお待ちしております!






by h-works04 | 2018-10-31 14:17 | 展覧会の器で
小さな器とごはん茶碗で再び

昨日は[現代版金継ぎ教室]
土曜日コースの初回でした。
繕いを必要とする様々な状態の器が
息を吹き返しておりました。
店内では引き続き、
展覧会[小さな器とごはん茶碗]
開催しております。

展覧会にご用意いただいた器を、
本日もご紹介致します。

白米に合わせてのおかずは、つい味付けの
しっかりしたものになってしまいます・・・

b0206421_11445865.jpg


器は、白米を田谷直子さんの黒ルリ飯碗
(¥2,808)に。長谷川奈津さんの松灰釉
小皿
(¥2,160)に盛ったじゃこチーズ
おかかは、温かいご飯にのせて海苔で巻き
いただきます。ひじきの煮物は林健二さん
青白磁八角小鉢(¥2,700)、いか明太子
須藤拓也さんの染付楕円小皿・唐草
(¥3,240)、ほうじ茶を石田誠さんの
紅毛手3寸汲み出し・グレー(¥3,240)に。
お醤油は増田勉さんの艶黒醤油差し
(¥3,024)とムーニーともみさんの
絵付豆皿・きのこ(¥1,296)に。
玉子焼きは竹本ゆき子さんの粉引灰釉4寸
(¥2,160)で、豚とエリンギの生姜焼は
増田さんの粉引彫三島皿(¥3,024)です。
そして犬の箸置き(¥864)はさんのお品。


b0206421_11565850.jpg


↓盛っていない器。
食べ終わりに見えてくる絵柄もあり。



b0206421_12024004.jpg


↓横から見たお品。
左下の碗は、田谷さんの薄ルリ飯碗
(¥2,808)となります。


b0206421_12055042.jpg


↓同じサイズや形の小さい器です。
左列から、須藤さんの楕円小皿の
染付・鳥と蓮
(¥3,240)と、ルリ釉
(¥2,160)。ムーニーさんの絵付豆皿
の鳥、蝶、花
(各¥1,296)。長谷川さんの
林檎灰釉小皿(¥2,160)。竹本さんの
粉引黄灰釉4寸皿(2,160)。
*それぞれの下にあるお品は盛ったもの。


b0206421_12083110.jpg

お品物に関しましては、
お気軽にお問い合わせ下さい。
通販のご注文も承っております。
画像(細部など写した)添付のメールを
お送りする事も可能です。

ご注文方法はこちらをご覧下さい

HP・shop 展覧会の様子はこちら


今後も器のご紹介はしてまいります。
会期は11/4(日)まで
お品物はまだございますので、
どうぞお出かけ下さい。
皆様のお越しをお待ちしております!

*29(月)・30(火)はお休みです。







by h-works04 | 2018-10-28 13:38 | 展覧会の器で
小さな器とごはん茶碗で

本日、HPの[shop]ページ
更新しております。
展覧会[小さな器とごはん茶碗]の様子、
お品物のご紹介をしておりますので、
どうぞご覧になってみて下さい。

HP・shopページ[小さな器とごはん茶碗]


使ってみたい器ばかり・・・
迷いましたが、こちらの器に栗ごはんと
おともたちを盛ってみました。


b0206421_17374430.jpg

手前より、長谷川奈津さんの林檎灰釉
飯碗
(¥3,780)、田谷直子さんの灰釉
飯碗(¥2,808)、ムーニーともみさんの
鳥紋茶飯碗(¥3,240)。


b0206421_17314131.jpg


上から、梅干しが林健二さんの青白磁
蓋物(¥3,240)。たたき蓮根の塩きんぴら
石田誠さんの3.2寸小付・スリップ無地
ブラウン(¥2,700)に。玉こんにゃくと
がんもの煮物はムーニーさんの丸紋皿
(¥2,484)。胡麻いわしは増田勉さんの
粉引リム立ち皿(¥2,160)。柿の胡桃
白和えは田谷さんの灰釉グレー4寸煮豆鉢
(¥2,592)。わさび野沢菜は須藤拓也さん
鉄絵豆皿(¥2,160)。栗ご飯は竹本
ゆき子
さんの粉引灰釉飯碗(¥3,024)。
箸置きがわりにしている(梅干しをのせて
もいい)お皿は、長谷川さんの林檎灰釉
豆皿
(¥2,160)となります。


b0206421_17323403.jpg



b0206421_17423227.jpg


↑ 盛っていない器。

↓ 栗ご飯を盛った飯碗の4点と、
上段は左から田谷さんの煮豆鉢石田
さんの3.2寸小付さんの蓋物です。


b0206421_17475086.jpg


お品物に関しましては、
お気軽にお問い合わせ下さい。
通販のご注文27(土)より
承らせていただきます。
画像(細部などの)添付のメールを
お送りすることも可能です。

ご注文方法はこちらをご覧ください


27(土)は金継ぎ教室を開催して
おりますが、展覧会スペースとは
別の部屋になりますので、展覧会の
お品はゆっくりとご覧いただけます。

会期は11/4(日)までとなります。
*29(月)・30(火)はお休み

お品物はまだまだございますので、
週末、どうぞお出かけ下さい。
皆様のお越しをお待ちしております!












by h-works04 | 2018-10-25 18:37 | 展覧会の器で