> フォロー中のブログ
> 最新のコメント
> メモ帳
カテゴリ:展覧会の器で( 212 )
展覧会の丼で
一昨日になりますが、現在開催中の展覧会、
[秋冬ごはん]に参加いただいている林健二さん、
田谷直子さんがいらして下さいました。
(時間帯が違いご一緒になることはなかったんですが)
林さんとは新作誕生秘(?)話や、雨風がまったくしのげない
工房の話などなど。そして田谷さんは、先日個展で訪れて
いらした大阪の街や展覧会の話などをして下さいました。
それぞれと大笑いありの楽しい時間となりました。

さて、[秋冬ごはん]の会期も、残すところあと4日間です。
今回は、店主もおすすめの丼をご紹介致します。

キャベツをたっぷり敷いてソースかつを盛りたい!
と思った丼は、増田勉さんの鉄彩呉器形丼鉢(¥3,990)。
高台に力強さを感じる形です。見た目より重くないと思います。
b0206421_134928.jpg

でもテーマが秋冬なので、あつあつな麺にしました…
鶏出汁の[じゃがバタ味噌煮込みうどん]です。
石田誠さんの南蛮焼締豆皿(¥1,050)にバターは別盛りに。
b0206421_1343887.jpg

そしてこちらは↓、縁が端反る形の、田谷直子さんの灰釉丼
(¥4,410)です。左にチラッと写るのも田谷さんのお品で、
こちらは玉縁で高さがある、黒ルリの丼(¥4,200)です。
b0206421_135095.jpg

灰釉丼には親子丼、黒ルリ丼にはかき玉そば… などとも思い
ましたが、灰釉丼に[梅おぼろ昆布きしめん]を。おかかものせ出汁
いらずのお手軽麺です。トリの箸置き(¥525)も田谷さん作です。
b0206421_1352273.jpg

こってりとさっぱりの麺2種、美味しそうには写っていませんが、
美味しかったですっ!こちらは↓、真上から見たところ。
上から、黒ルリ丼、灰釉丼、鉄彩呉器形丼鉢です。
b0206421_1354467.jpg

お品物に関しましては、お気軽にお問い合わせ下さい。
ご希望がございましたら、通販も可能です。
画像添付のメールをお送りすることもできます。

会期は6日(日)までとなっております。
展覧会のお品物はまだまだございますので、
秋冬用の器、どうぞみつけにいらして下さい。お待ちしております!
by h-works04 | 2013-10-03 14:24 | 展覧会の器で
餃子鍋と10月の営業日
先週で、当店での[立川産の栗]の販売は終了致しました。
お買い上げ下さった皆様、ありがとうございました。
また来年もどうぞよろしくお願い致します。
11月からは、[立川産冬野菜]の販売が始まりますので、
ご来店の際はどうぞご利用下さい。

さて、店内は引き続き[秋冬ごはん]の展覧会開催中です。
急に肌寒くもなってまいりましたので、
鍋料理に、展覧会の器を使ってみました。

最近よく作るようになっているのが、アグネスチャンレシピの餃子。
と言うわけで、餃子鍋です。鶏ガラ塩スープ。餃子は大判サイズ。
しめはラーメン(久保一幸さんの蕎麦笊に盛る)です。
b0206421_14192490.jpg

餃子を林健二さんの飴釉楕円皿(¥5,775)に。野菜は田谷直子
さんのきなり8寸鉢・石皿タイプ
(¥7,875)に。注ぎ足し用スープを
中西申幸さんの刷毛目片口鉢(¥5,250)に。万能ネギは林さんの
青白磁八角小鉢
(¥2,625)に。柚子胡椒は田谷さんのはちみつ
片口小鉢
(¥1,575)に。取り鉢には石田誠さんの白磁4.5寸碗
(¥3,570)。画像上、重なっている上が、田谷さんの灰釉5寸鉢
(¥3,360)で、下が増田勉さんの艶黒輪花5寸鉢(¥3,360)です。

盛っていない器。
石田さんの4.5寸碗は、紅毛手のクリーム、ホワイトもあります。
ラーメンがしめなので、取り鉢はこれぐらい深くてもいいようです。
中西さんの片口、注ぎ具合良好。とろろ、煮物、鉢としても使いたい。
b0206421_14413257.jpg

取り鉢にされている器のサイズをお客様に伺うと様々ですが、
5寸ぐらいの鉢が使いやすいのでは。左が増田さんの艶黒輪花
5寸鉢で、右が田谷さんの灰釉5寸鉢です。
b0206421_144157100.jpg

左より、下の画像でもご紹介する、増田さんの印花三島筒湯呑。
注いでももちろん使える、田谷さんのはちみつ片口小鉢。和え物、
デザートにもぴったりな林さんの青白磁八角小鉢です。
b0206421_14422798.jpg

上から、林さんの飴釉の中に異なる釉薬で模様を描いた楕円皿。
同じく林さんで、陽刻されたツバメのワンポイントがある青白磁
変形皿(コウモリや金魚の柄もあり)。お菓子を盛った画像は下に
あります。そして、田谷さんのきなり8寸皿・石皿タイプ。ひと回り
大きくなる(径29cm)同じタイプのお皿の在庫もあります。
b0206421_1443061.jpg

餃子鍋の土鍋は店主の私物になりますが、展覧会には、増田さんが
土鍋をご用意下さいました。(たまたま私物と似たようなお色です) 
シンプルで使いやすそうです。器とも合わせやすいでしょう。
b0206421_14432845.jpg

上:耳付きで縁が立ちあがっているタイプ(¥8,400)。
  口径22cm(内18.5cm)、鍋部分の高さ8.3cm(内・深さ5cm)。
  二人鍋用ぐらいでしょうか。ちょっとした煮物にもいいサイズ。
中:耳なしで縁が持てるタイプ(¥8,400)。
  口径22.5cm(内18cm)、鍋部分の高さ7cm(内・深さ5.3cm)。
   一人鍋、湯豆腐用、おかゆ二人分などに使えるのでは。
下:耳なしで縁が持てるタイプ・大(¥15,750)。
  口径27cm(内22cm)、鍋部分の高さ8cm(内・深さ6.5cm)。
  3~4人用となるお鍋かと思います。
b0206421_14435179.jpg

蓋を開けたところです。
b0206421_14441561.jpg

甘い物は別腹… お客様にいただいたお菓子は、
洋菓子の様なサクッとした生地に白餡が包まれていて、
クンクンかぎたくなるシナモンの香。林さんの青白磁変形皿
(¥2,625)。増田さんの印花三島筒湯呑(¥2,310)です。
b0206421_14444025.jpg

お品物に関しましては、お気軽にお問い合わせ下さい。
ご希望がございましたら、通販も可能です。
画像添付のメールもお送りできます。

今日から10月でした。
今月の営業予定、カレンダーでご確認下さい。
(丸で囲んだ日がお休みです)
(月)(火)定休日、臨時休業、展覧会会期無休とあります。
b0206421_144563.jpg

10/9(水)は臨時休業をさせていただきます。
10/18(金)は展覧会準備の為お休みをさせていただきます。
10/19(土)~27(日) 萩原英二展 開催

展覧会[秋冬ごはん]は、6日(日)まで開催しております。
お品物もまだまだございますので、
どうぞご来店下さい。お待ちしております!
by h-works04 | 2013-10-01 18:03 | 展覧会の器で
秋メニュー
数日前から、お風呂の湯の温度設定をあげました・・・
秋が来ていますね。

さて、展覧会[秋冬ごはん]は、本日より折り返しの、
会期後半に入りました。まだ半分ございます。
お品物に秋メニューを盛ってみましたのでご覧下さい。

上から、厚揚げの胡麻みそ焼き、れんこんとしめじのきんぴら、
白菜の漬物、秋刀魚の塩焼き、栗ごはん、そして大根の味噌汁です。
b0206421_1431656.jpg

器は、厚揚げが増田勉さんの来待釉7.5寸皿(¥4,410)。
リムがあり、汁気があるお料理にもお使いいただけるでしょう。
漬け物も増田さんのお品で、黄粉引平底鉢(¥3,150)。
取り鉢にもいい大きさです。きんぴらは、中西申幸さんの
しのぎ中鉢(¥5,775)。煮物にぴったりな形。秋刀魚は、
林健二さんの青白磁長皿(¥4,200)。一尾まるまるのる
お皿も素敵ですが、このぐらいのサイズは多様に使えます。
栗ごはんは田谷直子さんのはちみつ深碗(¥3,360)。
具の入る炊き込みご飯やお茶漬、そしてカフェオレなどを
いただくのにもいいのでは。味噌汁たっぷり派の店主。大き目の
碗を選びました。石田誠さんのスリップ・無地5寸碗(¥4,200)。
もちろんご飯物にもどうぞ。優しいベージュ色です。

ここからは、盛っていない器の姿です。
口径は石田さんのスリップ・無地5寸碗の方がありますが、高さは
田谷さんのはちみつ深碗の方があります。どちらも形がいいですね。
b0206421_14355916.jpg

中西さんのしのぎ中鉢と増田さんの黄粉引鉢の鉢2種です。
b0206421_14361735.jpg

真上からは、林さんの青白磁長皿と、増田さんの来待釉7.5寸皿。
中西さんの中鉢(左上)には、見込み部分に釉薬の掛けわけがあり、
ガラス質に溶ける釉のたまりも綺麗です。
b0206421_14371075.jpg

お品物に関しましてはお気軽にお問い合わせ下さい。
ご希望がございましたら、通販でのご注文も承ります。
ご注文方法は、HP[mail order]のページをご覧下さい。
(画像を添付したメールをお送りすることも可能です)

HP[shop]のページに、中西さんのそば猪口にある象嵌の模様を、
「鹿らしき動物」と記載しましたが、お客様と話題になる度に、
『鹿ではなさそうだと』とやっと気付きだしました・・・
b0206421_15154563.jpg

角が長い動物に、アラビアオリックスと言う牛がいました。
真相は中西さんに聞いてみます。
雪が降る中にいる様と、素敵な事をおっしゃられた方がいました。
湯呑にも小鉢にもなりそうです(¥4,200)。
蓮の花が描かれた右のポット(¥21,000)も中西さん作です。

展覧会の器のご紹介、次回はお鍋編を予定しております。

明日は29日(日)は営業しておりますが、
30日(月)はお休みをさせていただきますので、
お間違いのないようにいらして下さい。
お品物はまだまだございますので、お待ちしております!
by h-works04 | 2013-09-28 15:50 | 展覧会の器で
ごはんの前にデザート
本日お昼過ぎに、現在開催中の展覧会、
[秋冬ごはん]の店内の様子を、HP[shop]ページに
UP致しましたのでご覧になって下さい。
H.works HP

展覧会の器に盛ってみました。ごはんではないんですが…
母がつくるおはぎです。お彼岸なので。そしてお客様からいただいた
京都の茶庵、北尾(老舗のようですね)の黒豆。そしてしょっぱいもの
もいただきたかったのでおかき(カマンベールチーズ味)は買いました。
b0206421_13423314.jpg

↑器は、おはぎが中西申幸さんの鉄絵角皿(¥3,150)、黒豆が
増田勉さんの貫入染皿・4寸(¥1,890)、おかきが石田誠さんの
南蛮焼締3.5寸碗(¥3,360)、煎茶が増田さんの彫三島湯呑
(¥2,310)、急須は田谷直子さんの青ルリのもの(¥9,450)です。

おはぎとくればモンブランなのが店主の秋の味です。(こんなテーマで
以前に展覧会もしております) 当店で販売している栗で作りました。
そしてこちらもお客様にいただいた、日野の洋菓子屋さん、フジウの
コンフィズリー(砂糖菓子をそう言うんですね)も盛ってみました。
b0206421_13434670.jpg

↑器は、モンブランが田谷さんの黒ルリ5寸リム皿(¥3,150)、
コンフィズリーが林健二さんの飴釉ゾウ皿(¥3,675)、お砂糖は
石田さんの南蛮焼締豆皿(¥1,050)、紅茶は増田さんの灰粉引
マグカップ(¥3,150)、ポットは田谷さんのはちみつ色のもの
(¥9,450)です。

こちらは↓盛っていない器です。
b0206421_1415755.jpg

食べ終わると見えてくる絵柄や焼きの表情がそれぞれにあります。
b0206421_1421931.jpg

まるみが美しい田谷さんの注器。
b0206421_142407.jpg

モンブラン作りは2回目。前回の絞り出しの失敗をふまえて
のぞみましたが、やはりやり慣れないのと、慌ただしかったのとで
思うようにはならず… (前回よりは多少まし) でも、自分好みの、
栗の風味をそのまま味わえるモンブランにはなりました。
まとめて盛ったお皿は、林さんの飴釉四角皿(¥5,775)。
b0206421_1432317.jpg

下にはこんな柄(違う柄もあり)。和洋ともに使えるでしょう。
b0206421_1434729.jpg

お品物に関しましては、お気軽にお問い合わせ下さい。
通販でのご注文は、28日(土)より承ります。

展覧会は10/6(日)までと長い会期です。
お品物はまだまだございますので、
秋冬の食卓に加える器と道具、どうぞ探しにいらして下さい。

今後は、お料理を盛ったりし、
展覧会の器をご紹介できればと思っておりますので、
またこちらのブログも覗いてみて下さい。
by h-works04 | 2013-09-25 15:35 | 展覧会の器で
[ 四人展 ]の器で、と8月の営業カレンダー
「あちゃちゃちゃちゃ~」
あまりの暑さでつい口から出てしまっていました。
「北斗の拳かよっ」と自分でツッコミ笑ってる始末・・・
(もうろうとなった瞬間です)
でもそんな連日の暑さの中も皆様にご来店いただき、
深く感謝申し上げます。ありがとうございます!

さて、現在開催中の展覧会 [ 四人展 」 も、
残すところあと3日間となりました。
レパートリーの少ない店主の料理を盛っての器紹介も
最終回(たぶん)となります。ご覧になって下さい。
今回は、銘々用のパスタやカレー、おかずのっけご飯などに使え、
皆で取り分ける様な単品料理にも対応できる器をご紹介します。
プラスアルファも。

↓ 山口利枝さんの、白磁木の葉鉢(¥5,040)に、ナスとトマトの
パスタ。パルメザンチーズを切らし、とろけるチーズがけです。
サラダが入るのは同じく山口さんの、鉄印判手筒鉢(¥3,360)。
食べ終わると、見込みにある印判が現れます。
b0206421_19234433.jpg

↓ 盛っていない山口さんの器。
木の葉鉢は深さがあるので、スープスパゲティ、スープカレー、
あんかけチャーハンなどにもいかがでしょうか。手前の、
鉄実草文輪花7寸深皿(¥4,410)も同じようなメニューが
いただけるでしょう。筒鉢、印判が見えています。
b0206421_2138374.jpg

↓ 竹本ゆき子さんの、粉引7.5寸皿(¥5,250)には冷やしうどんを。
枝豆ととうもろこしとカボチャのかき揚げにちくわ天をそえて。
だし醤油は、同じく竹本さんの灰釉小片口(¥1,890)に。
お皿は実際8寸ちかくあります。片口の注ぎ具合も良いです。
b0206421_1924129.jpg

↓ 盛っていない竹本さんの器。
手前と奥のお皿は粉引7.5寸皿。縁が立ち上がる形です。
そして小片口は灰釉以外に粉引(¥1,89)の物(左)もあります。
b0206421_21415727.jpg

↓ 小髙千絵さんの、8寸絣文リム皿(¥5,670)には、
枝豆ととうもろこしのコロッケや、玉子焼きをのせたドライカレー。
(枝豆とトウモロコシ、当店で現在販売中)
b0206421_19243526.jpg

↓ 盛っていない小髙さんの器。
右にあるのは、絣文と同じ8寸のリム皿で、白磁のお品(¥5,460)。
奥には同じく白磁で、リムのある8寸深皿(¥5,460)です。
b0206421_19255587.jpg

それぞれ、単品料理用にも様々に使える大きめの器です。

このブログを書きながら今思い出したのですが、
冷やしうどんにカイワレとわかめをのせるのを忘れました・・・ 
(カットもして用意していたのにぃ)
どうぞ皆様、カイワレとわかめもプラスした彩をご想像下さい。

お品物に関しましては、お気軽にお問い合わせ下さい。
ご希望がございましたら通販でのご注文も承ります。
ご注文方法は、HP[meil order]のページをご覧下さい。

気がつけば今日から8月でした。
お知らせが遅くなりましたが、
8月の営業日はこちらのカレンダーでご確認下さい。
(丸で囲んだ日がお休みとなります)
b0206421_19262245.jpg

 (月)(火) 定休日です。
 8/12(月)~15(木) は夏期休業をさせていただきます。
 8/19(月)・20(火) は臨時営業を致します。

[ 四人展 ]、4日(日)までの会期です。
猛暑の中ではありますが、夏向きの器をご覧に、
どうぞお出かけ下さい。お待ちしております!
by h-works04 | 2013-08-01 21:51 | 展覧会の器で
[ 4人展 ]の器で・その3
今日は非常に蒸し暑い東京です。
また夕立があるかもしれないので(予報だけではわからず)、
大物の洗濯がなかなかできず参ります…

さて、当店では展覧会、[ 四人展 ]を開催中です。
会期後半に入りましたが、会期はあと6日間ございます。
4人の器と道具に、また料理を盛ってみましたのでご覧下さい。

↓ こちらはパン食。パンを久保一幸さんの麻の葉編みパン籠に。
小髙千絵さんの絞り文7寸鉢にグリーンサラダ。竹本ゆき子さんの
灰釉5.5寸鉢にオレンジとキウイ。同じく竹本さんの粉引そば猪口
にコーンスープ。取り皿にしたのは、山口利枝さんの鉄印判6寸皿
です。ヨーグルトで作るチーズもどきが入っているのは、店主私物
で、小髙さんの白磁豆鉢です(こちらは販売無し)。
b0206421_15374594.jpg

パン…麻の葉編みパン籠(¥8,190) 同サイズの亀甲編みもあり。
サラダ…絞り文7寸鉢(¥4,410) 浅目なのでお皿感覚で使える。
フルーツ…灰釉5.5寸鉢(¥3,780) 多様に使えるサイズの中鉢。
コーンスープ…粉引そば猪口(¥2,100) お茶やデザートにも。
取り皿…鉄印判6寸皿(¥3,150) フラットな面も広い平皿タイプ。

↓ こちらは和食。竹本さんの粉引片口に、にんじんと枝豆の白和え。
同じく竹本さんの灰釉飯碗にご飯。きゅうりと茄子の酢の物は、小髙
さんの4寸輪花鉢。箸置きにした絞り文豆皿は同じく小髙さんのお品。
いかのたらこ和え焼は、山口さんの唐草ひし形皿に。同じく山口さん
の市松文そば猪口には、豆乳入りで初めて作った茶碗蒸しを。
b0206421_16134217.jpg

白和え…粉引片口(¥4,200) もう一回り小さな片口もあり。
酢の物…4寸輪花鉢(¥1,575) 縁の鉄色が効いてます。
いか…唐草ひし形皿(¥3,150) アクセントにもなる形。
ご飯…灰釉飯碗(¥2,625) 手取り良く、小さからず大きからず。
茶碗蒸し…市松文そば猪口(¥2,310) 蒸しものも大丈夫です。
箸置き…絞り文豆皿(¥840) 7.5cmの豆豆サイズ。

ここからは、盛っていない器になります。
パン籠の2種類です。網目が五角形の亀甲編み(上)と、
網目が三角形の麻の葉編み(下)。価格は同じです。
b0206421_16141717.jpg

左から、市松文そば猪口、灰釉飯碗、粉引そば猪口。
b0206421_1619261.jpg

高さ7cm前後、口径が15~16cmの粉引片口と、
高さ6cmの灰釉5.5寸鉢。
b0206421_16192368.jpg

上から、唐草ひし形皿、絞り文7寸鉢、4寸輪花鉢、鉄印判6寸皿、
絞り文豆皿となります。
b0206421_1619446.jpg


先日から、[ 立川産旬野菜 ]に、枝豆ととうもろこしが
加わっています。どちらも鮮度で味が大きく変わりますね。
↓ 久保さんの波ゴザ目盛籠(¥10,290)に盛ってます。
枝豆の左右カットを忘れましたが、塩はちゃんときいてました・・・
(こちらは店主の私物で色が少し飴色になってます)
b0206421_1620945.jpg

↓ 盛っていないところ。穏やかに波立つ様な模様がきれいです。
真ん中の盛り上がりが、仕切りの様にもなります。
b0206421_16203095.jpg

パン籠に盛った今回のパンは、同じビルのカフェ・ソメイエさん
日曜日に販売しているもの(葡萄パン、トマトパン、オリーブと
ジャガイモのフォカッチャ)。ベーグルは、同じくこのビルの
食堂marumi-yaさんが開催されている[マルミヤ市場]に参加
されているHARU・HAHAさんのもの(ライムギ)です。

お品物に関しましては、お気軽にお問い合わせ下さい。
ご希望がございましたら通販も可能です。
ご注文方法は、HPの[ mail order ]ページをご覧になって下さい。

お品物はまだございますので、
お近くにお越しの際は是非お立ち寄り下さい。お待ちしております!

8/4(日)までの会期、もう少し、器のご紹介もこちらのブログで
できればと思っています。また覗いてみて下さい。
by h-works04 | 2013-07-30 18:15 | 展覧会の器で
[ 四人展 ]の器でおやつ
昨日に引き続き、現在開催中の展覧会[ 四人展 ]
お品物をご紹介致します。
連日UPにする予定ではなかったのですが、
お隣の[カフェ・ソメイエ]さんよりお菓子をいただいたので、
それを盛ってみたくなりまして・・・
プラス店主のロールケーキ(また登場)や夏の恵みも盛ってみました。

いただいたチャイのクッキーはほろ苦い大人味で、バナナやクルミ、
ココナッツなどが入っていると言うシリアルバーは香ばしく食べ応え
ありで、どちらも美味しかったです。そんな焼き菓子に合うと思ったのが、
縁が鉄色の山口利枝さんの輪花皿。そして店主のロールケーキは、
チーズクリームにし、ブラックチェリーも一緒にロール。ラインのブルーが
爽やかな、小髙千絵さんの6寸リム皿に盛りました。コーヒーは、
山口さんのそば猪口と、小髙さんのしのぎマグになります。
どことなくレトロ感がある器になっています…
b0206421_15561153.jpg

クッキー&シリアルバー…渕鉄輪花皿(¥3,150)
ロールケーキ…6寸リム皿・ライン(¥3,360)
コーヒー…しましまそば猪口(¥2,100)、マグしのぎ(¥3,150)

ロールケーキにいいお皿が他にもありました。小髙さんの白磁長皿
(¥4,200)です。店主のロールケーキ幅には合っています。
(クリームが毎回上手く巻けません・・・) 絞模様の入る長皿もあり。
b0206421_1556348.jpg

こちら↓ は盛っていない器です。
b0206421_1557092.jpg

容量は8分目辺りで、そば猪口160ml前後、マグ170ml前後です。
b0206421_15572285.jpg

↓こちらは、[夏のおやつ]、と言った感じでしょうか。
こだますいかと葡萄にとうもろこし(半分)。すいかは竹本ゆき子さんの
お鉢で、とうもろこしも同じく竹本さんの4寸平皿。どちらも土物の器。
素材を優しく包んでくれます。唐草文とぶどうが繋がる様に見える
半月皿は山口さんのお品です。
b0206421_15574528.jpg

すいか…粉引藁灰釉6寸浅鉢(¥3,990)
とうもろこし…粉引4寸平皿(¥2,100)
葡萄…唐草半月皿(¥3,675)
盛っていない器です。↓
b0206421_15581581.jpg

お品物に関しましては、お気軽にお問い合わせ下さい。
通販でのご注文は、会期後半の7/28(日)より承ります。
ご注文方法は、HPの[mail order]のページをご覧になって下さい。
H.works HP

8/4(日)までの会期となりますが、
7/29(月)のみお休みをさせていただきます。〈30(火)は営業〉

予定では、明日ぐらいから、
販売中の [立川産旬野菜]とうもろこしが加わります。
また明日は、立川の昭和記念公園で花火大会がありますので、
見にいらした方は是非、
その前に当店にもお立ち寄りいただければと思います。
お待ちしております!
by h-works04 | 2013-07-26 17:14 | 展覧会の器で
[四人展]の器で
当店は只今、展覧会[ 四人展 ]を開催中です。
昨日その店内の様子は、
HPのshopページにUP致しましたので、覗いて見て下さい。

展覧会にご用意いただいた夏向きの器に、
また店主の思いつきお料理を盛ってみました・・・

久保一幸さんの7寸そば笊につけ麺の麺(生の状態で
一人分150gだった物)を。蕎麦やそうめんなどを盛ったところは、
以前にご紹介していたので、今回は中華麺にしてみました。 
竹本ゆき子さんの藁灰釉のそば猪口に、胡麻だれのつけ汁を入れ、
同じく竹本さんの灰釉片口小鉢にトッピングのわかめとゆで卵を。
小髙千絵さんの絣文7寸鉢に、夏野菜と厚揚げのオイスターソース
炒めを(野菜のジューシーさでこってり感やわらぐ味に)。
そして山口利枝さんの菊文八角鉢には、カボチャや蓮根も
入れちゃっているポテトサラダ(ヨーグルトマヨであっさり目)。
b0206421_143629.jpg

麺・・・7寸そば笊(¥7,350)
つけ汁・・・藁灰釉そば猪口(¥2,100)
トッピング・・・灰釉片口小鉢(¥2,100)
オイスターソース炒め・・・絣文7寸鉢(¥4,410)
ポテトサラダ・・・菊文八角鉢(¥4,410)
b0206421_1551897.jpg

竹本さんのそば猪口は粉引もあり。片口は浅小鉢形の物や、
注器としっかりなる物など様々。渋めな焼きのお品も色々です。
山口さんの、軽やかなタッチで上品な菊文八角鉢はやや深めな物。
煮物や和え物など、多様にお使いいただける形でしょう。
b0206421_14555623.jpg

絵画を見ている様な小髙さんの絣文。絣文8寸リム皿もあり。
野菜のグリーンもこの上で映えるのではないでしょうか。
b0206421_14585219.jpg

久保さんのそば笊には足があります。↑ なので裏返しています。
裏も表のように綺麗です。そして足が富士山の様で気になります…
そば笊は7寸、8寸、9寸、尺(30cm)とあります。

お品物に関しましては、お気軽にお問い合わせ下さい。
お電話でもメールでも結構です。
7/28(日)からは、通販でのご注文も承ります。

会期が長いので、またこちらのブログで、今展の器にお料理
(お菓子もできれば)を盛りご紹介したいと思っています。

暗雲が漂う窓の外・・・
また夕立が来るのかもしれません。東京は連日です。
タイミングが悪いとびしょ濡れですね。
器をご覧になりながらの当店での雨宿りもどうぞ。

[ 四人展 ]は8/4(日)まで。皆さまのお越しをお待ちしております!
by h-works04 | 2013-07-25 17:01 | 展覧会の器で
田谷さんの器と花器
現在、田谷直子さんの個展開催中です。
料理を盛ってみたいと思う器は数々あり・・・
盛ったところをご覧いただきたい器もたくさん・・・
本日は3つの器だけですが、下手な料理を盛っています。

田谷さんにバジルの生葉をいただいたので、
残り物とそれを使うメニューに。パスタにしようかと思いましたが・・・
タコライス…黒ルリ7寸(22cm前後)台形皿(¥5,250)
あさりとニンジンのスープ…灰釉5寸(15.5cm前後)鉢(¥3,360)
新ジャガのバジルソース和え…はちみつ6寸台形皿(¥3,990)
トリ箸置き(¥525)フォークを置いていますが。
b0206421_15272269.jpg

↓ 盛っていないところです。
お皿2点はリム部分が緩やかに立ち上がる形です。
汁気があるお料理にもいいですし、すくいやすいです。
灰釉5寸鉢の高さは5cm前後で、マットな質感のライトグレー。
b0206421_15274912.jpg

田谷さんの定番中の定番がこちら↓、トリの箸置き。
何十回見ても可愛い!!微かに感じる表情。
(納品が遅れて会期途中からの販売でした)
b0206421_15281195.jpg





















花器に挿したお花も8日間の会期はなかなかもたず、
終盤に近付くとお花がだんだんと少なくなります。
でも昨日、下の階の奥さん(ギョーザ屋さん)に
野の花(実)をいただきました。
b0206421_15283290.jpg




















左…白泥粧一輪挿し・大(¥6,300)
右…白泥粧花器(¥8,400)


田谷さんの個展は、今日のあと数時間と明日1日となりました。
明日は田谷さんが再びいらして下さるそうです。
(終日かはわからないのですが)
お品物はまだございますので、
お見逃しのないよういらして下さい。お待ちしております!

お品物に関しましては、お気軽にお問い合わせ下さい。
ご希望がございましたら、通販でのご注文も承ります。
by h-works04 | 2013-06-21 16:56 | 展覧会の器で
ルリの小さな器
今朝、通勤で利用しているモノレールから富士山が見えました。
モワッとした空気とどんよりとした空の下に、
雪をかぶらないグレー一色の富士山が薄っすらと力なげにあり、
違う山のようにも見えてしまいました。
富士山も男前の時ばかりではないですねぇ。

さて、店内は田谷直子さんの個展が続いております。
こちらはどんよりとした空模様には負けない、
凛とした姿の品々が並んでおります。
盛るものを具体的に思い描き、器作りをされていたりする田谷さん。
新作の青ルリマグカップミニはデミタスカップサイズです。
『かわいいけどエスプレッソ飲まないしなぁ』と思っていたところに、
[オレンジゼリーとかいれてもいい]と田谷さんの一言があり。
早速その言葉を受け、店主作りました・・・
b0206421_18303293.jpg

ポンジュースで作ったオレンジゼリーです。
マンゴーオレンジアイスや、チーズケーキアイスと一緒盛りにも。
↓ 盛っていない器。上から、
うすルリそば猪口(¥2,310)、青ルリマグカップミニ(¥1,890)、
青ルリ草花紋4寸皿(¥2,310)、青ルリ台形鉢(¥1,890)
台形鉢は大きく見えるかもしれませんが、口径10cmです。
b0206421_1831542.jpg

↓ ソーサーにしていた草花紋4寸皿には、うすルリもあり。(上2点)
模様が線刻されています。そしてこちらは絵皿として壁に掛け
られるよう、裏側に紐やワイヤーなどを通す穴もあるんです。
b0206421_1832210.jpg

ポンジュースゼリーだけでも十分美味しかったですが、
チーズケーキアイスとの組み合わせがいけました。
オレンジとチーズ、相性がいいですね。
(画像では美味しそうに見えないかもしれませんが・・・)

お品物に関しましては、お気軽にお問い合わせ下さい。
ご希望がございましたら、通販でのご注文も承ります。

田谷さんの個展は残すところあと2日間となりました。
最終日22日(土)、田谷さんが再び顔をだして下さるそうです。
お天気が気になるところかと思いますが、
田谷さんの器に、そして田谷さんに会いにいらして下さい。
お待ちしております!
by h-works04 | 2013-06-20 19:42 | 展覧会の器で