人気ブログランキング |
> 以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
> フォロー中のブログ
> 最新のコメント
> メモ帳
多様に使えます

展覧会[ ほぼ365日 ]の会期は、
今日を含めあと3日間となりました。
器のご紹介を本日もさせていただきます。

コーヒー胡桃デニッシュ、胡麻チーズ
パン、カフェオレ、そして苺という
簡単ランチ。

多様に使えます_b0206421_11234055.jpg

パンは田谷直子さんの黒ルリ6寸皿
(¥3,960)、カフェオレはムーニー
ともみさんのミルクティボウル
(¥3,300)、苺が長谷川奈津さんの
林檎灰釉飯碗(¥3,850)に盛っています。

多様に使えます_b0206421_11242051.jpg

ミルクティボウルも飯碗も、
限定せず多様に使えるでしょう。

多様に使えます_b0206421_11245956.jpg

こちらはそば猪口でプチデザート。
苺ミルクを食べた後の様です。
可愛い色味が見込みに見えるのは、
長谷川さんの林檎灰釉そば猪口
(¥2,750)です。

多様に使えます_b0206421_11253539.jpg

肉まん(大)とコーン玉子スープの
簡単ランチで使う器は、
林健二さんの青白磁四角皿
(3,080)(15.5×15.5㎝前後)と、
掛分カフェオレボウル・緑(¥4,180)。
飯碗や小鉢としても使えそうな
ボウルです。

多様に使えます_b0206421_11261702.jpg

ヨーグルト、グラノーラ、アイス
クリーム… チャイ、ほうじ茶ラテ、
甘酒… いただく量により、選ぶ器も
それぞれかと思います。

多様に使えます_b0206421_11265977.jpg

他の器もあわせてご紹介致します。
(容量は8分目のもの)
上段左より。長谷川さんの林檎灰釉
そば猪口2点(100ml)。小峠貴美子さん
そば猪口・唐草(¥4,180)(140ml)。
中段左より。長谷川さんの林檎灰釉飯碗
さんの掛分カフェオレボウル・緑
(180ml)。田谷直子さんの灰釉そば猪口
(¥2,200)(160ml)。
下段左、田谷さんの白カフェオレボウル
(¥3,740)(230ml)。右、ムーニーさん
ミルクティボウル(200ml)です。

多様に使えます_b0206421_11274483.jpg

湯呑やカップ類の他に、
毎日の器と言えば飯碗があがります。
こちらは長谷川さんの飯碗です。
上から時計回りに、
松灰釉(¥4,400)(口径12.5・高さ6㎝)、
飴釉(¥3,850)(口径13.3・高さ5.8㎝、
粉引(¥4,400)(口径13.6・高さ6.5㎝)、
苺を盛った林檎灰釉(¥3,850)
(口径13・高さ5.6㎝)、
灰釉(¥4,400)(¥口径14.5・高さ6.2㎝)、
きれいな釉溜まりがある中央のものは、
林檎灰釉(¥4,400)(口径12.5・高さ5.7㎝)。


お品物に関しましては、
お気軽にお問合わせ下さい。
通販のご注文も承っております。
(展覧会のお品は2/24午前中まで)
細部を写した画像をメールで
お送りすることも可能です。

ご注文方法はこちらをご覧下さい

展覧会[ほぼ365日]の様子はこちら


会期は2/23(日)までとなります。
お見逃しのないよう、
お出かけいただければと思います。
皆様のお越しをお待ちしております!





# by h-works04 | 2020-02-21 12:54 | 展覧会の器で
今日は洋菓子で

注文していた加湿空気清浄機が
今日届きました。
今朝から花粉症の症状もではじめ、
闘いのゴングが鳴った感じです。


さて、本日も展覧会[ ほぼ365日 ]
お品物をご紹介させていただきます。
今日は洋菓子とセットのお茶です。

今日は洋菓子で_b0206421_15494716.jpg

小峠貴美子
さんのマグカップ・縞
(¥4,400)にはホットレモネードを。
追いレモンはちみつを田谷直子さん
白ミニピッチャー(¥1,650)に。
ひと口チーズケーキは長谷川奈津さん
林檎灰釉小皿(¥2,200)に。

今日は洋菓子で_b0206421_16015792.jpg

レモンは鉢植え栽培で生ったもの。


今日は洋菓子で_b0206421_19290273.jpg

ムーニーともみ
さんのマグカップ・ロバ
(¥4,400)にはビターにしたココアを。
いただいたバームクーヘンは、
田谷さんのきなり5寸皿(¥3,300)に。


今日は洋菓子で_b0206421_16034696.jpg

最近はまっているのがハライチさんの
マフィン。しっとりでふんわり。
お皿はムーニーさんの楕円皿(小)・ウサギ
(¥4,400)。林健二さんの白釉モール
コップ(¥2,750)にアールグレイを。

今日は洋菓子で_b0206421_16030551.jpg

後方にはさんの白釉蓋物(¥3,850)
田谷さんの白ポット(¥11,000)。
そして宮崎桃子さんのポットマット・
灰色(¥2,750)とティーコゼー・灰色
(¥8,140)です。宮崎さんのお品は、
お色違いが他にもございます。


今日は洋菓子で_b0206421_16043532.jpg

他のカップ類も並べております。
上段左より。(容量は8分目のもの)
ムーニーさんのマグカップ・リス(¥4,400)
(220ml)とマグカップ・ロバ(200ml)。
さんの掛分マグカップ・灰(¥4,400)
(180ml)。中段左より、ムーニーさんの
粉引鎬カップ(¥3,300)(140ml)。
さんの白釉モールコップ(150ml)と
白磁コップ(¥1,980)(160ml)。
下段左より。小峠さんのマグカップ・縞
(200ml)(もう少し大き目もあり)と
マグカップ豆絞(¥4,180)(200ml)。
田谷さんの薄ルリマグカップ(¥3,300)
(220ml)と黒ルリマグカップ(¥3,300)
(180ml)です。


今日は洋菓子で_b0206421_16050577.jpg

お菓子を盛ったお皿です。
ムーニーさんの楕円皿(小)・ウサギ
18.3×13.8㎝前後。
田谷さんのきなり5寸皿は径16㎝前後。
長谷川さんの林檎灰釉小皿は径10㎝前後。


今日は洋菓子で_b0206421_16061764.jpg

ポット類は全て
田谷さんのもので、
小さな注器類染付3点小峠さん、
他2点田谷さんのお品です。
上段左より。
黒ルリポット(¥11,000)(300ml)。
ミルクピッチャー・豆絞(¥2,200)(50ml)。
白ポット(¥11,000)(320ml)。
中段左より。
白ミニピッチャー(¥1,650)(60ml)。
薄ルリミニピッチャー(¥1,650)(60ml)。
片口(小)・唐草(¥2,860)(60ml)。
片口・縞(¥3,080)(80ml)。
下段左より。
灰釉ポット(¥11,000)(520ml)。
黒ルリポット(¥11,000)(500ml)。


お品物に関しましては、
お気軽にお問合わせ下さい。
通販のご注文も承っております。
細部などを写した画像をメールで
お送りすることも可能です。

ご注文方法はこちらをご覧下さい

展覧会[ ほぼ365日 ]の様子はこちら


気をはって過ごす毎日が続きそうですね。
一杯のお茶で緊張が和らげられとこも
あるかと思います。

展覧会会期は2/23(日)までとなります。
道中はお気をつけていらして下さい。
皆様のお越しをお待ちしております!











# by h-works04 | 2020-02-19 18:34 | 展覧会の器で
お茶とお茶菓子

お茶菓子を求め出かけたのは、
和菓子の紀の国屋さん。
店舗がたくさんあるお店ですが、
今回は初めて本店へ。

キズありでサービス品のものがあり。
白餡のお菓子[ゆすら]を、
抹茶ラテと一緒にいただきます。

お茶とお茶菓子_b0206421_19440028.jpg

器は長谷川奈津さんの林檎灰釉飯碗
(¥4,400)。(小皿は店主私物で、
こちらも長谷川さんの林檎灰釉)

お茶とお茶菓子_b0206421_19465816.jpg


大好きなあわ大福は玄米茶と一緒に。

お茶とお茶菓子_b0206421_19462713.jpg

湯呑は田谷直子さんの白小湯呑
(¥2,200)です。(漆器のお皿は
店主私物で、小林慎二さんのもの)

お茶とお茶菓子_b0206421_19483332.jpg


スーパーでは香りの誘惑があります・・・
焼き芋もジャパニーズスイーツ?
こちらはほうじ茶と一緒に。

お茶とお茶菓子_b0206421_19495399.jpg

湯呑はこちらも田谷さんのお品で、
灰釉湯呑(¥2,200)になります。
(六角皿は小峠貴美子さんのお品で、
店主私物です)

お茶とお茶菓子_b0206421_19504702.jpg

展覧会[ ほぼ365日 ]には、
美味しくお茶がいただける器を
たくさんご用意いただいております。

左上から。(8分目の容量を記載)
田谷さんの灰釉湯呑(\2,200)(160ml)、
白小湯呑(¥2,200)(120ml)、
白茶湯呑(¥2,200)(160ml)。
中段左から。
長谷川さんの林檎灰飯碗(¥4,400)(180ml)。
小峠さんの片口・唐草(中)(¥4,180)(170ml)。
田谷さんの青ルリピッチャー(¥3,300)(220ml)。
下段左より。
長谷川さんの林檎灰釉片口(¥4,950)(260ml)、
鉄釉片口(¥4,950)(220ml)。
田谷さんの灰釉急須(¥11,000)(400ml)。

お茶とお茶菓子_b0206421_19514701.jpg

田谷さんの急須は黒ルリが。
長谷川さんの飯碗も、そして3人の
片口類も他にお品物がございます。

お品物に関しましては、
お気軽にお問合わせ下さい。
通販のご注文も承っております。
細部を写した画像を、
メールでお送りすることも可能です。

ご注文方法はこちらをご覧下さい

展覧会[ほぼ365日]の店内の様子


昨日今日とお休みをさせて
いただきましたが、
展覧会[ ほぼ365日 ]は、
明日より再開致します。
常設品も一部ですが並ぶ店内です。
合わせてご覧になって下さい。

会期は2/23(日)までとなります。
皆様のお越しをお待ちしております!






# by h-works04 | 2020-02-18 20:51 | 展覧会の器で
珈琲と緑茶を

本日、HPの[ shop ]ページ
更新致しました。開催中の展覧会、
[ ほぼ365日 ]の店内の様子、
お品物のご紹介をしておりますので、
そちらもご覧になって下さい。

HP[ shop・ほぼ365日の様子]はこちら


展覧会にご用意いただいた器を
使ってみました。

珈琲と緑茶を_b0206421_18180973.jpg

ドリッパーの形や大きさにもよりますが、
林健二さんの白磁ポット(¥9,900)は
口縁がフラットで(口径も広め)ドリッパー
がのり、珈琲ポットにもなりました。
茶こしもあるので、もちろんティーポット
としてもお使いいただけます。
容量は8分目で420ml前後です。
容量が260ml前後の白磁ポット(小)
(¥7,700)もございます。
注ぎ具合はどちらも良いものです。

珈琲と緑茶を_b0206421_18184182.jpg

ミニカヌレ、チョコラスクとトリフ
チョコレート。珈琲がすすみます…
手付きのカップは上から、
田谷直子
さんの灰釉マグカップ(¥3,300)。
(ほぼ同じ形の黒ルリもあり)
ムーニー
ともみさんの粉引マグカップ
(¥3,300)。
さんの白磁マグカップ(¥3,520)。
田谷さんの黒ルリミニピッチャー(¥1,650)
にミルクを。(手付きタイプもあり)
ムーニーさんのフリーカップ・鳥と実
(¥2,750)にお砂糖を。
さんの掛分グレー四角皿(¥4,400)に
お菓子を盛っています。(掛分緑もあり)


珈琲と緑茶を_b0206421_18192111.jpg

緑茶が注がれている湯呑は、手前が
小峠貴美子さんの筒湯呑・縞(¥3,630)。
(横縞や唐草文もあり)
後方左が、手びねりになる長谷川奈津
さんの林檎灰釉湯呑(¥3,300)。
(形や表情の異なるお品もあり)
右がさんの掛分グレー湯呑(¥3,300)。
(柄違いと飴色のものもあり)

湯冷ましに使っているのは小峠さんの
片口(大)・唐草(¥4,400)。
(小さ目の形違いもあり)
田谷さんの黒ルリ急須(¥11,000)。
(灰釉のお品もあり)
あられはムーニーさんの楕円小皿・青鳥
(¥2,750)に盛っています。

珈琲と緑茶を_b0206421_18200300.jpg

八分目の容量は以下のようになります。
左上から、片口・唐草(170ml)、筒湯呑
(80ml)、掛分湯呑(140ml)、林檎灰釉
湯呑(140ml)。2段目左から、白磁マグ
カップ(¥160ml)、粉引マグカップ
(160ml)、灰釉マグカップ(200ml)。
白磁ポット(420ml)、黒ルリ急須(420
ml)。手前黒ルリミニピッチャー(80ml)、
フリーカップ(100ml)。

珈琲と緑茶を_b0206421_18203818.jpg

黒ルリ急須白磁ポット
茶こし部分。

↓お菓子を盛ったお皿。
マグカップの下に敷いた宮崎桃子さん
草木染コースター(¥1,760)。
そして合わせてお使いいただきたい、
珈琲のペーパーフィルターケース
(¥4,620)(30枚程入る壁掛けタイプ)と、
萩原英二
さんのクルミ珈琲豆スプーン
(¥3,850)(軽い山盛で豆10gぐらい)。

珈琲と緑茶を_b0206421_18211503.jpg

ペーパーフィルターケースのお色は、
左上:灰茶、中央:、左下:こげ茶
下中央:雀色、右下:濃ねず

お品物に関しましては、
お気軽にお問合わせ下さい。
通販のご注文は、
2/15(土)より承らせていただきます。

細部等の画像をメールでお送りする
ことも可能です。

ご注文方法はこちらをご覧になって下さい


展覧会[ ほぼ365日 ]会期は、
2/23(日)までとなります。
*17(月)・18(火)はお休み

ギフトにされても喜ばれるお品物です。
週末、どうぞお出かけ下さい。
皆様のお越しをお待ちしております!




# by h-works04 | 2020-02-13 20:19 | 展覧会の器で
[ ほぼ365日 ]はじまりました

今朝のNHK朝ドラでは、
陶芸家の主人公がカップに持ち手を
つける作業をしていました。
あんな風に1つ1つ作られたカップが、
当店にも現在並んでおります。

[ ほぼ365日 ]はじまりました_b0206421_12024041.jpg

カップや湯呑類をご紹介する展覧会、
[ ほぼ365日 ]は8(土)より始まりました。

予定数よりもたくさんの品々を
作って下さったのは、
小峠貴美子さん、田谷直子さん、
長谷川奈津さん、林健二さん、
そしてムーニーともみさんです。
カップや湯呑以外にも、
ほぼ日アイテムにしていただける
器も多数ございます。

[ ほぼ365日 ]はじまりました_b0206421_11594246.jpg


[ ほぼ365日 ]はじまりました_b0206421_12003428.jpg


[ ほぼ365日 ]はじまりました_b0206421_12154170.jpg

小さくて可愛い器もいろいろです。


[ ほぼ365日 ]はじまりました_b0206421_12000755.jpg


[ ほぼ365日 ]はじまりました_b0206421_12082689.jpg

ご一緒にお使いいただける、
宮崎桃子さんの羊毛品もございます。
常設品の一部も並んでおります。
合わせてご覧になって下さい。

もう少し細かなカットの画像で、
お品物のご紹介をまた後日、
HPの[shop]ページでさせていただきます。

通販のご注文は、
15(土)より承らせていただきます。
お気軽にお問合わせも下さい。


初日には、田谷さんと長谷川さんが
在店して下さり、
お二人揃ってお会いするのも久しぶりで、
お客様も交えての楽しい話が続きました。
笑いも絶えず…

今日明日の10(月)・11(火)
営業をしております。
毎日のちょっとした時間に、
喜びも感じさせてくれるような器を、
どうぞ見つけにいらして下さい。
皆様のお越しをお待ちしております!













# by h-works04 | 2020-02-10 12:58 | 店内の様子