> フォロー中のブログ
> 最新のコメント
> メモ帳
> そば猪口
季節問わず(どんなに寒くても)、
蕎麦はひんやりの笊派です。
それもあって、また湯呑や小鉢
がわりにもなり多様に使える形
でもあるので、ついつい欲しく
なってしまうのがそば猪口です。
会期中の展覧会[カップ&ボウル]にも、
そば猪口が色々並んでおります。

↓蕎麦つゆは、田谷直子さんの灰釉
そば猪口
(¥2,160)に。やや小ぶり
なもの(蕎麦通な感じ)になります。

b0206421_15513229.jpg

この時季、暖かい部屋で食べる
アイスクリームは一味ちがいます・・・
そば猪口に盛ってみました。
↓抹茶が須藤拓也さんの染付猪口
(猿と鹿)(¥3,780)。コーヒーが
石田誠さんの紅毛手猪口・ホワイト
(¥3,024)。ラムレーズンが
中西申幸さんの象嵌ダイヤ文そば
猪口
(¥3,780)。ストロベリーが
原朋子さんのサクラ水鳥文そば猪口
(¥3,780)になります。

b0206421_15520746.jpg

↓横から見たところと、その他。
上左から白花文そば猪口(¥4,320)、
花文そば猪口(¥3,780)、そしてサクラ
水鳥文
。以上はさんのお品。上右が
石田さんの紅毛手・ホワイト。下左2点は
須藤さんの染付猪口(キジと蝶)(¥3,780)
(猿と鹿)。下中央が中西さんの象嵌
ダイヤ文
。下右2点は田谷さんの灰釉
灰釉グリーン(¥2,160)になります。

b0206421_15523381.jpg

お品物に関しましては、
お気軽にお問い合わせ下さい。
通販のご注文も承っております。
ご注文方法はこちら

展覧会[カップ&ボウル]の様子


展覧会は2/25(日)までとなります。
オリンピックのフィナーレと同時
なので一気に寂しくなりそうです。
明日明後日も、
皆様のお越しをお待ちしております!












by h-works04 | 2018-02-23 17:10 | 展覧会の器で