> フォロー中のブログ
> 最新のコメント
> メモ帳
> 再びつるつるっと
通勤時のモノレールから、今朝久しぶりに
富士山を眺めることができました。
山肌が黒くくっきりと見えてもいましたが、
思ったよりまだ雪を随分かぶっている冨士でした。

さて、当店では[ 夏をまつ器 ]と言うテーマで、
4人の器をご紹介する展覧会を開催しております。
その4人の器に料理を盛ってみましたので
ご覧になって下さい。

再びつるつるっといただける麺です。
田谷直子さんのうすルリ6寸鉢に讃岐ぶっかうどん。
そのうどんにかけるオクラとトマトの梅だれ和えは、
長谷川奈津さんの林檎灰片口に。かけたし用の
麺つゆは、同じく長谷川さんの松灰釉片口(小)
枝豆と胡桃の白和えは、河上智美さんの角小鉢に。
[キラキラハシオキ]と言う品名の箸置きも河上さん。
そして久保一幸さんの麻の葉編みパン籠には、
わら半紙を敷き天ぷらを。初めて作ってみたひじきの
かき揚げ(貝柱と桜エビも入れる)はまずまずの味。
b0206421_15513769.jpg

こちら↓、盛っていない器です。
麻の葉編みパン籠(¥8,424)
林檎灰片口(¥6,480)
松灰釉片口(小)(¥3,780)
うすルリ6寸鉢(¥4,320)
角小鉢(¥2,376)
キラキラハシオキ(¥702)
b0206421_15522944.jpg

麻の葉編みは三角模様が連なります。
亀甲編みはもう少し目が詰まるような編みです。
品名はパン籠ですが、多様に使える盛り籠です。
b0206421_15542370.jpg

ガラス質に溶けた釉だまりがラムネ色の林檎灰。
焼き方により色合いがグリーン系と黄色系にと
変化のある松灰釉。大きい方の片口は、湯ざまし
用や酒器に、そしてお鉢としてお使い下さい。
小さい方は、調味料、ミルクや蜜を注ぐ時に。
そして豆鉢がわりにとお使いいただけるでしょう。
b0206421_15525555.jpg

あまりない四角い器の角小鉢と、格子模様の入る
キラキラハシオキ。共に河上さんの新作です。
b0206421_15532012.jpg

インディゴブルーの田谷さんのうすルリ。右がうどん
を盛った6寸鉢。左に少し写る器はうすルリ麺鉢
(¥3,888)。6寸鉢より口径がひと回り小さい(17cm)
ですが、深さはある形で、同じ分量は入る器です。
どちらも茶褐色の土みせ高台が美しいです。
b0206421_15535627.jpg

お品物に関しましてはお気軽にお問い合わせ下さい。
本日より、通販のご注文も承っております。
ご注文方法は、HP[mail order]のページを
ご覧になって下さい。
ご希望がございましたら、
画像添付のメールもお送りができます。
H.works HP

展覧会は5/24(土)までの会期となっております。
まだまだお品物はございますので、
どうぞお出かけ下さい。
5/19(月)は、会期中ですがお休みをさせていただ
きます。お間違いのないようになさって下さい。
by h-works04 | 2014-05-17 18:08 | 展覧会の器で