> フォロー中のブログ
> 最新のコメント
> メモ帳
> 秋メニュー
数日前から、お風呂の湯の温度設定をあげました・・・
秋が来ていますね。

さて、展覧会[秋冬ごはん]は、本日より折り返しの、
会期後半に入りました。まだ半分ございます。
お品物に秋メニューを盛ってみましたのでご覧下さい。

上から、厚揚げの胡麻みそ焼き、れんこんとしめじのきんぴら、
白菜の漬物、秋刀魚の塩焼き、栗ごはん、そして大根の味噌汁です。
b0206421_1431656.jpg

器は、厚揚げが増田勉さんの来待釉7.5寸皿(¥4,410)。
リムがあり、汁気があるお料理にもお使いいただけるでしょう。
漬け物も増田さんのお品で、黄粉引平底鉢(¥3,150)。
取り鉢にもいい大きさです。きんぴらは、中西申幸さんの
しのぎ中鉢(¥5,775)。煮物にぴったりな形。秋刀魚は、
林健二さんの青白磁長皿(¥4,200)。一尾まるまるのる
お皿も素敵ですが、このぐらいのサイズは多様に使えます。
栗ごはんは田谷直子さんのはちみつ深碗(¥3,360)。
具の入る炊き込みご飯やお茶漬、そしてカフェオレなどを
いただくのにもいいのでは。味噌汁たっぷり派の店主。大き目の
碗を選びました。石田誠さんのスリップ・無地5寸碗(¥4,200)。
もちろんご飯物にもどうぞ。優しいベージュ色です。

ここからは、盛っていない器の姿です。
口径は石田さんのスリップ・無地5寸碗の方がありますが、高さは
田谷さんのはちみつ深碗の方があります。どちらも形がいいですね。
b0206421_14355916.jpg

中西さんのしのぎ中鉢と増田さんの黄粉引鉢の鉢2種です。
b0206421_14361735.jpg

真上からは、林さんの青白磁長皿と、増田さんの来待釉7.5寸皿。
中西さんの中鉢(左上)には、見込み部分に釉薬の掛けわけがあり、
ガラス質に溶ける釉のたまりも綺麗です。
b0206421_14371075.jpg

お品物に関しましてはお気軽にお問い合わせ下さい。
ご希望がございましたら、通販でのご注文も承ります。
ご注文方法は、HP[mail order]のページをご覧下さい。
(画像を添付したメールをお送りすることも可能です)

HP[shop]のページに、中西さんのそば猪口にある象嵌の模様を、
「鹿らしき動物」と記載しましたが、お客様と話題になる度に、
『鹿ではなさそうだと』とやっと気付きだしました・・・
b0206421_15154563.jpg

角が長い動物に、アラビアオリックスと言う牛がいました。
真相は中西さんに聞いてみます。
雪が降る中にいる様と、素敵な事をおっしゃられた方がいました。
湯呑にも小鉢にもなりそうです(¥4,200)。
蓮の花が描かれた右のポット(¥21,000)も中西さん作です。

展覧会の器のご紹介、次回はお鍋編を予定しております。

明日は29日(日)は営業しておりますが、
30日(月)はお休みをさせていただきますので、
お間違いのないようにいらして下さい。
お品物はまだまだございますので、お待ちしております!
by h-works04 | 2013-09-28 15:50 | 展覧会の器で