> フォロー中のブログ
> 最新のコメント
> メモ帳
> ごはんの前にデザート
本日お昼過ぎに、現在開催中の展覧会、
[秋冬ごはん]の店内の様子を、HP[shop]ページに
UP致しましたのでご覧になって下さい。
H.works HP

展覧会の器に盛ってみました。ごはんではないんですが…
母がつくるおはぎです。お彼岸なので。そしてお客様からいただいた
京都の茶庵、北尾(老舗のようですね)の黒豆。そしてしょっぱいもの
もいただきたかったのでおかき(カマンベールチーズ味)は買いました。
b0206421_13423314.jpg

↑器は、おはぎが中西申幸さんの鉄絵角皿(¥3,150)、黒豆が
増田勉さんの貫入染皿・4寸(¥1,890)、おかきが石田誠さんの
南蛮焼締3.5寸碗(¥3,360)、煎茶が増田さんの彫三島湯呑
(¥2,310)、急須は田谷直子さんの青ルリのもの(¥9,450)です。

おはぎとくればモンブランなのが店主の秋の味です。(こんなテーマで
以前に展覧会もしております) 当店で販売している栗で作りました。
そしてこちらもお客様にいただいた、日野の洋菓子屋さん、フジウの
コンフィズリー(砂糖菓子をそう言うんですね)も盛ってみました。
b0206421_13434670.jpg

↑器は、モンブランが田谷さんの黒ルリ5寸リム皿(¥3,150)、
コンフィズリーが林健二さんの飴釉ゾウ皿(¥3,675)、お砂糖は
石田さんの南蛮焼締豆皿(¥1,050)、紅茶は増田さんの灰粉引
マグカップ(¥3,150)、ポットは田谷さんのはちみつ色のもの
(¥9,450)です。

こちらは↓盛っていない器です。
b0206421_1415755.jpg

食べ終わると見えてくる絵柄や焼きの表情がそれぞれにあります。
b0206421_1421931.jpg

まるみが美しい田谷さんの注器。
b0206421_142407.jpg

モンブラン作りは2回目。前回の絞り出しの失敗をふまえて
のぞみましたが、やはりやり慣れないのと、慌ただしかったのとで
思うようにはならず… (前回よりは多少まし) でも、自分好みの、
栗の風味をそのまま味わえるモンブランにはなりました。
まとめて盛ったお皿は、林さんの飴釉四角皿(¥5,775)。
b0206421_1432317.jpg

下にはこんな柄(違う柄もあり)。和洋ともに使えるでしょう。
b0206421_1434729.jpg

お品物に関しましては、お気軽にお問い合わせ下さい。
通販でのご注文は、28日(土)より承ります。

展覧会は10/6(日)までと長い会期です。
お品物はまだまだございますので、
秋冬の食卓に加える器と道具、どうぞ探しにいらして下さい。

今後は、お料理を盛ったりし、
展覧会の器をご紹介できればと思っておりますので、
またこちらのブログも覗いてみて下さい。
by h-works04 | 2013-09-25 15:35 | 展覧会の器で

東京・立川市の器店     H.works http://www.h-works04.com
by h-works04
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
> ファン
> ブログジャンル