> フォロー中のブログ
> 最新のコメント
> メモ帳
> 取材と[H]の話と2月の営業日
先々週は[立川ECCO!!]、先週は[tamamono]、
そして今週は、[リュネット]と言うフリーペーパーに、
お店を紹介していただく取材をしていただきました。
こちらは、国分寺に本店があり、立川駅のエキュートにもある、
〈キニョン〉と言うパン屋さんが発行しているもの。
b0206421_17162491.jpg

思わず「おいしそうぉぉ」と言ってしまうパンの情報がたっぷり。
ポップでキュートなイラストがまたウキウキさせてくれます。
でも残念なことに、立川の〈キニョン〉は、
エキュートでも駅改札内にあり、JR通勤をしない私には、
改札に阻まれてなかなか買いに行けないお店なんです・・・
以前にHPでお伝えした事がありますが、
金工の坂野友紀さんが作られた看板やトング掛け、
キャッシュトレーなどが立川の〈キニョン〉では使われています。
気が付かれていない方も多いかと思います。
行かれた時には、皆さんそちらもチェックして見て下さい。

取材でよくある質問に、店名[H.works]の[H]の意味があります。
今回も3回のうち2回ありました。
[H]は[hand](手)の頭文字になります。
1つ1つ手で作られたものが並ぶ店になっています。

その質問を受けると思いだしてしまう珍事件(?)があります。
当店を職安、[ハローワーク]と間違えていらした方がいるんです。
過去にお二人・・・ [H]が[hello]だったの巻です。

ドアは開いているのに玄関チャイムが鳴り、
出て行くとインドの方だなとわかる顔立ちの男性が立っており、
英語で話しかけられ、それが聞き取れた時にはビックです。
ドアにある[H.works]の文字を指さし、
「ハローワーク?」と言っているではありませんかぁ。
「ええっ!ハローワーク!?」とこちらも聞き返して、
ひっくりかえりそうになりました。そんなバカなぁぁ・・・です。
確かに当店よりも、もう少し南に行った所に職安はあり、
駅からの方角もそんなにずれておらず『おしいぃ』のですが、
でもここは違いますよと・・・
外観にある小さな看板だけでこのビルに入っていらしたようです。
『よくまぁこんなところを見つけましたね』と言いたくなりました。
その後、職安までの地図を描いてお渡し、去って行かれました。

そして去年にも同じ事が・・・
それは休日出勤していて、やはり玄関チャイムがなり、
ドアを開けると若い女性がいらして、日本の方に見えたのですが、
話始めると所々が片言の日本語。
そしてまた「ハローワーク?」と聞かれたのです・・・
その方はスマートフォンをお持ちだったので、
検索していただき場所を確認(今時の方法です)。
そして何度もお礼を言われました。ニコニコしながら。

このビルのこの一室が職安であるはずがない事は、
日本人だったら明らかなのですが、
異国の人にとってはそうではないんですね。
逆のパターンで、自分が外国に行った時の事を考えれば、
その感覚もわかります。
お二人とも、いいお仕事がみつかっているといいです。

この一件があって、[H]に[hello]の意味があってもいいな
(ダブルミーンで)なんて思ったりしましたが、やっぱりやめておきます。

こちら↓ 1月末から2月の営業日カレンダーです。
丸で囲った日はお休みになります。
b0206421_1937554.jpg

定休日以外のお休みと、定休日でも営業の日がございます。
お間違いのないよう、ご来店下さい。
by h-works04 | 2012-01-27 20:36 | お休みと営業時間