> フォロー中のブログ
> 最新のコメント
> メモ帳
> 田谷さんのお品
「今年の寒さはつらいです・・・ 」と、
いただいたDMに一筆あり。確かにぃ!と、
うなづいたのも一瞬。直ぐにひるがえり、
いやいや、真に辛い季節はこれからだったと。
春に花が咲き誇る姿は楽しみですが、間違っても、
『春が待ち遠しい』なんて思いにはなれません!!!
もうお気づきでしょう、私、花粉症です。
最近の気象予報では恐ろしい事を言っていますね。
去年の8~10倍の花粉が飛散するなんてことを。
そして観測史上2番目に多い年になるとか。
勘弁してほしい・・・
不快なく呼吸ができ、目を開けていられる今を、
過ごしやすいと言わずして、何を快適と言いましょう。
そんなわけで、この寒さはなんのそのでした。

さて、一昨日、田谷さんのお品物が届きました。
田谷さんも車で、相模原市からお店に直接納品して下さり、
いつもの笑顔と、元気な姿を見せてくれました。
(この日はお母様と、容姿がよく似た妹さんもご一緒)

↓ こちら手前が、灰釉のポット(¥8,400)。
後方にルリ釉のポット(¥9,450)です。
容量はたっぷり入り、灰釉の方が600ml前後で、
ルリ釉が500ml前後になります。
b0206421_1232476.jpg





















↓ こちらは灰釉の急須(¥8,400)になります。
手前の物と、後方の物の蓋の形が違います。
容量は、こちらも急須にしてはたっぷり入り、400ml前後です。
400ml入っても、けして重く感じられないのは、
持ち手のつくりなど、しっかり作られているからだと思います。
そして、前回ご紹介した萩原さんの仕切りBOXの使い方、
もう1つしたかった提案が、こちらのお茶セット(忘れてました)。
湯呑にコースター、茶筒に茶匙、そして急須。この場合仕切り無しで。
b0206421_12163319.jpg





















田谷さんの注ぐものは、注ぎ具合が良く、
持ち手が手に馴染みやすく、実用的に作られています。
そして、緩やかな丸みが綺麗で、形のバランスもいい!
灰釉やルリ釉の色も、飽きのこないお色です。

↓ そしてこちらが、トリ箸置きになります。白っぽく見えてる
かもしれませんが、ポットや急須と同じ、灰釉です。
姿全体も可愛いのですが、目が点々の、トリの表情が
いいんですよ。1つ¥525になります。
b0206421_12324969.jpg





















お品物に関しては、お気軽にお問い合わせ下さい。
田谷さんの、ルリ釉の急須やきなりのそば猪口などが、
今後また入荷する予定にはないっています。(納期は未定)

そして昨日、展覧会[ほろにがい色の器]の詳細ページを、
UP致しましたので、HPの方もご覧になって下さい。
by h-works04 | 2011-01-28 15:56 | 入荷しました

東京・立川市の器店     H.works http://www.h-works04.com
by h-works04
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
石田さんのお品
at 2018-04-18 14:51
常設店内
at 2018-04-13 17:49
石田さんの器に再び
at 2018-04-06 14:27
石田さんの器で
at 2018-04-04 17:01
珈琲とチョコレート 石田さん..
at 2018-04-01 15:29
> ファン
> ブログジャンル