人気ブログランキング | 話題のタグを見る
> 以前の記事
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
> フォロー中のブログ
> 最新のコメント
> メモ帳
おかずいろいろ盛ってみる

展覧会[ 銘々小皿と小鉢・秋 ]は、
会期後半に入っております。
明日24(日)~27(水)は、
会期中ですがお休みとなりますので、
お間違いのないようになさって下さい。


本日も展覧会の器をご紹介致します。
おかずのいろいろも盛ってみています。

おかずいろいろ盛ってみる_b0206421_18233930.jpg


左上より、たこの酢の物が林健二さん
青白磁八角小鉢(¥2,750)。
厚揚げと玉こんにゃくの煮物は中西
申幸
さんの象嵌花文5寸皿(¥4,400)。
黒豆は竹本ゆき子さんの粉引藁灰釉
3寸片口小鉢(¥2,200)。
鯖の竜田揚げが須藤拓也さんの
染付六角皿(花鳥文)(¥7,700)。
右下、長谷川奈津さんの林檎灰釉皿
(ピンク)(¥3,850)にはブロッコリー
のカニ玉餡かけを。


おかずいろいろ盛ってみる_b0206421_18241071.jpg


サイズ(㎝)は以下のようになります。
青白磁八角小鉢:11.5×11.5/高さ5 前後
象嵌花文5寸皿:径15 前後
粉引藁灰釉3寸片口小鉢:
        口径10/高さ4.5 前後
染付六角皿:角から角が16 前後
林檎灰釉皿:16.2~17


おかずいろいろ盛ってみる_b0206421_18243643.jpg


須藤さんの染付六角皿には、定番柄
となる唐草文(¥7,700)もございます。


おかずいろいろ盛ってみる_b0206421_18251684.jpg


竹本さんの粉引藁灰釉片口小鉢には
一回り大きな4寸(¥3,180)と、
釉の異なる粉引灰釉のお品もございます。


おかずいろいろ盛ってみる_b0206421_18255496.jpg


中西さんの象嵌皿には、輪花5寸皿
(¥4,400)もございます。


おかずいろいろ盛ってみる_b0206421_18263084.jpg


長谷川さんの林檎灰釉(ピンク)には、
5寸前後の鉢(¥4,400)もございます。
*こちらは店頭販売のみとなります。


おかずいろいろ盛ってみる_b0206421_18270250.jpg


さんの青白磁には、5寸正方皿
(¥3,080)や、レリーフ状の動物が
ポイントの貼花4.5寸皿(¥2,200)
もございます。


HP[店内/銘々小皿と小鉢・秋]
こちらで、展覧会の様子と
お品物のご紹介もしております。


オンラインショップでの販売は、
10/27(水)午後5時から
予定しております。
もうしばらくお待ちになって下さい。


展覧会会期は10/31(日)までとなります。
28(木)以降も、感染防止策を講じて、
皆様のお越しをお待ちしております。






# by h-works04 | 2021-10-23 19:12 | 展覧会の器で
秋の果物を盛ってみる

昨夜になりますが、
HPの[店内]ページを更新致しました。
現在開催中の展覧会、
[ 銘々小皿と小鉢・秋 ]の店内の様子と、
お品物のご紹介をしておりますので、
よろしければご覧になって下さい。

HP[店内/銘々小鉢と小皿・秋]の様子


その展覧会にご用意いただいた器に、
秋の果物を盛ってみました。


秋の果物を盛ってみる_b0206421_11264422.jpg


ピオーネを林健二さんの白磁フリンジ
小鉢(¥2,200)に。シャインマスカットは
長谷川奈津さんの林檎灰釉鉢(グレー)
(¥3,300)に。そして中西申幸さんの
象嵌花文4寸皿(¥3,850)には柿を。


秋の果物を盛ってみる_b0206421_11405377.jpg


こちらも葡萄で、左が須藤拓也さんの
ルリ釉陰刻小鉢(¥4,400)。右が
竹本ゆき子さんの粉引灰釉4寸平皿
(¥2,200)になります。


秋の果物を盛ってみる_b0206421_11281300.jpg


サイズ(㎝)は以下のようになります。
ルリ釉陰刻小鉢:口径12.5/高さ3 前後
粉引灰釉4寸平皿:径13 前後
白磁フリンジ小鉢:口径9.9/高さ4.4 前後
象嵌花文4寸皿:径13.3 前後
林檎灰釉鉢(グレー):口径12.9/高さ4.4 前後


秋の果物を盛ってみる_b0206421_11284474.jpg


須藤さんの猿や鹿を描いた陰刻、
竹本さんの釉溜まりなどの表情、
中西さんの印判で施す花模様、
長谷川さんの景色となる釉調、
さんの軽快な造形の口縁と、
目を凝らしてみたくなるものが
それぞれにございます。


展覧会は10/31(日)までの会期となります。
*24(日)~27(水)はお休みです。

オンラインショップでの販売は、
10/27(水)の午後5時から
予定しております。
全てのお品物ではないので、ご承知下さい。


可能な方は、どうぞご来店下さい。
お品物はまだまだございます。
感染防止策を講じて、
皆様のお越しをお待ちしております。







# by h-works04 | 2021-10-22 12:21 | 展覧会の器で
副菜を盛ってみる

夕暮れには、富士山のシルエットが
くっきりと浮かんでいた今日。
季節が一気に進み、
空気も冷たくなってまいりました。
体調には気をつけて過ごしましょう。

現在開催中の展覧会、
[ 銘々小皿と小鉢・秋 ]の器を、
ご紹介致します。
副菜のいろいろも盛ってみました。

副菜を盛ってみる_b0206421_17205521.jpg


小鉢3点です。上から、竹本ゆき子さん
粉引灰釉4寸片口小鉢(¥3,180)に、
キャベツとじゃがいものたらこバター。
林健二さんの掛分鉢(緑)(¥3,850)に
カボチャとマッシュルームのマリネ。
中西申幸さんの鳥遊戯画向付(¥4,400)に
アボカドとサーモンのサラダ。


副菜を盛ってみる_b0206421_17212000.jpg


こちらはやや深めになる小皿の2点。
須藤拓也さんの染付リム小皿(¥6,600)
に、小松菜とツナの塩レモン和え。
長谷川奈津さんの林檎灰釉皿(黄)
(¥3,080)にはひじきの煮物を。


副菜を盛ってみる_b0206421_17234808.jpg


盛ってない器を上から見たところ。


副菜を盛ってみる_b0206421_17215579.jpg


サイズ(㎝)は以下のようになります。
染付リム小皿:径14.4/縁の高さ3.5 前後
林檎灰釉皿(黄):径14/縁の高さ4 前後
鳥遊戯画向付:口径12.8/高さ5.6 前後
粉引灰釉4寸片口小鉢:
       口径12.5/高さ5.3 前後
掛分鉢(緑):口径13.8/高さ5.8 前後


副菜を盛ってみる_b0206421_17222854.jpg


また後日、HPの[店内]ページで、
展覧会の様子とお品物のご紹介を
する予定でおります。
もうしばらくお待ちになって下さい。

オンラインショップでの販売は、
10/27(水)の午後5時からを予定
しております。

展覧会会期は10/31(日)までとなります。
*24(日)~27(水)はお休みです。

お品物はまだまだございますので、
どうぞご来店下さい。
感染防止策を講じて、
皆様のお越しをお待ちしております。









# by h-works04 | 2021-10-20 19:17 | 展覧会の器で
[銘々小皿と小鉢・秋]始まります

展覧会[ 銘々小皿と小鉢・秋 ]
初日を本日迎えました。

須藤拓也
さん竹本ゆき子
さん、
中西申幸さん、長谷川奈津さん、
林健二さんの5名による
小皿と小鉢のいろいろが、
店内埋め尽くしております。


[銘々小皿と小鉢・秋]始まります_b0206421_09275281.jpg


[銘々小皿と小鉢・秋]始まります_b0206421_09285455.jpg


[銘々小皿と小鉢・秋]始まります_b0206421_09282155.jpg


[銘々小皿と小鉢・秋]始まります_b0206421_09291725.jpg


[銘々小皿と小鉢・秋]始まります_b0206421_09325228.jpg


[銘々小皿と小鉢・秋]始まります_b0206421_09303957.jpg


[銘々小皿と小鉢・秋]始まります_b0206421_09311317.jpg


[銘々小皿と小鉢・秋]始まります_b0206421_09332481.jpg


器形は丸、角、楕円、変形、
浅めに深め・・・
陶器に磁器、
自然灰、染付、掛分、象嵌・・・
丁寧に作られた品々です。
そしてそれぞれが魅力にあふれています。

画像では伝えきれませんので、
可能な方は、
手に取ってご覧いただければと思います。

オンラインショップでの販売は、
10/27(水)午後5時から
予定となっております。

また後日、HPの[店内]ページで、
もう少し細かいカットの画像で、
店内の様子とお品物のご紹介を
させていただく予定でおります。

会期は10/31(日)までとなります。
*24(日)~27(水)はお休み

天候は少し不安定ではありますが、
どうぞご来店下さい。
感染防止策を講じて
皆様のお待ちしております。



# by h-works04 | 2021-10-16 10:18 | 展覧会
酒饅と大福

国営昭和記念公園
のコスモスが
見頃を迎えているようです。
黄色いコスモスの丘を、
お客様がスマホで見せて下さいました。
心が逃避行にはしります・・・

さてこちらは、いただきものの
酒饅頭と大福です。
あまり見ない可愛いサイズで、
いっぺんに2ついただいても、
胃にも心にも負担にならず。

酒饅と大福_b0206421_10470345.jpg

器は、餡子ものが中西申幸さんの
象嵌輪花5寸皿(¥4,400)で、
あられが竹本ゆき子さんの
藁白釉3寸皿(¥1,540)。
そして煎茶は、長谷川奈津さんの
粉引湯呑(店主私物)になります。

3人は、明後日16(土)から始まります
展覧会、[ 銘々小皿と小鉢・秋 ]
参加下さいます。

[銘々小皿と小鉢・秋]の詳細はこちら


明日15(金)は展覧会準備の為、
お休みをさせていただきます。

本日は常設営業をしておりますので、
お近くにお越しの際は、
どうぞお立ち寄り下さい。
感染防止策を講じて、
常設も展覧会も、
皆様のお越しをお待ちしております。







# by h-works04 | 2021-10-14 11:07 | 展覧会の器で
   

東京・立川市の器店     H.works http://www.h-works04.com
by h-works04
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
おかずいろいろ盛ってみる
at 2021-10-23 19:12
秋の果物を盛ってみる
at 2021-10-22 12:21
副菜を盛ってみる
at 2021-10-20 19:17
[銘々小皿と小鉢・秋]始まります
at 2021-10-16 10:18
酒饅と大福
at 2021-10-14 11:07
> ファン
> ブログジャンル