> フォロー中のブログ
> 最新のコメント
> メモ帳
HP更新・竹松うどんを盛って
先ほどHPの[shop]ページを更新
致しました。
現在開催中の展覧会、
[麺をいただく器]の店内の様子、
お品物のご紹介をしておりますので、
どうぞご覧になって下さい。
HP[shop・麺をいただく器]


展覧会初日に販売をさせていただきました、
京都・綾部にある[竹松うどん店]
手打ち生麺自家製大豆もろみ
それを展覧会の器でいただきました。
今回は小エビ枝豆天をそえた冷しで・・・
b0206421_13502955.jpg

まずは半玉分をもろみ味噌をからめて、
その後もう半玉を麺つゆのぶっかけに。
トッピングのひき肉なす炒めは別盛に。

器は、麺を口径が22cmほどの増田勉さん
彫三島浅鉢(¥4,968)に。麺つゆと
なす炒めが竹本ゆき子さんの器で、
粉引灰釉小片口(¥2,376)と藁白釉6寸鉢
(¥4,536)です。お箸小林慎二さんの
黒・No4(¥3,240)となります。
b0206421_13521752.jpg

↓盛っていない器、上から。
b0206421_1354724.jpg

お鉢2点を横から。
b0206421_1357029.jpg

竹本さんに注器を色々ご用意いただいて
います。上からジグザグに、麺つゆを入れた
粉引灰釉小片口粉引ピッチャー・薪窯
(¥2,592)、灰釉ピッチャー(2点とも)
(¥2,160)、粉引・グレーピッチャー
(¥1,944)、灰釉小片口(¥2,376)。
好みでかけるポン酢やお酢、お醤油
など、その時使い切る分ぐらいを入れ
テーブルへ。ミルクや蜜類にもどうぞ。
b0206421_1359560.jpg

お品物に関しましては、
お気軽にお問い合わせ下さい。
7/22(土)より、通販のご注文
承らせていただきます。
ご注文方法はこちらから


今後も色々な麺を展覧会のお品に
盛り、こちらでご紹介させていただく
予定でおります。また覗いてみて下さい。

展覧会会期は7/30(日)までとなります。
(24・25日はお休みです)
お品物はまだまだございますので、
どうぞお出かけ下さい。
(暑いですが・・・)
皆様のお越しをお待ちしております!
# by h-works04 | 2017-07-20 14:42 | 展覧会の器で
[麺をいただく器]はじまりました
5人の作り手による展覧会、
[麺をいただく器]は、
15日(土)より始まりました。

焼物の石田誠さん、竹本ゆき子さん
増田勉さん。竹籠の久保一幸さん、
漆器の小林慎二さんがご用意
下さった品々が店内を埋め尽くして
おります。浮かんでくる料理は
麺に限りません・・・
b0206421_15261519.jpg

フリーカップとしても使え重宝する
そば猪口。夏はひんやりデザートを。
b0206421_15275396.jpg

今回は受注制作となる久保さんの
そば笊。(サンプルは店頭にあり)
片口は様々な形の物が揃っています。
b0206421_15292487.jpg

そうめん鉢としてもいい大鉢、パスタ
や冷し中華などにもいい7~8寸の
お皿も多数ございます。
b0206421_15312194.jpg

丼類の一部です。うどん鉢(漆器)
やラーメン丼鉢(焼物)もご用意
いただいています。
b0206421_15325322.jpg

お品物に関しましては、
お気軽にお問い合わせ下さい。
また後日、HPの[shop]ページで、
展覧会の様子、お品物をご紹介
させていただきます。
通販のご注文7/22(土)より、
承らせていただきます。
ご注文方法はこちらをご覧下さい


展覧会と同時に、猛暑日が始まり、
そんな中もご来店下さる方がある
ことを、大変感謝をしております。

展覧会会期は7/30(日)までと
なります。
皆様のお越しをお待ちしております。
(熱中症にはお気をつけ下さい)
# by h-works04 | 2017-07-17 16:39 | 展覧会
そば笊と駐車スペース
明後日15(土)より、展覧会
[麺をいただく器]を開催致しますが、
当初ご覧いただける予定でした、
久保一幸さんの水漏れをしない
そば笊が、今回は事情があり
(天然素材ならではの)、店頭に
並べることが出来なくなりました。
お待ち下さっていた方、
申し訳ございません。
b0206421_11585496.jpg

ですが、受注制作をしていただける
ことになりましたので、気長に
お待ちいただけるようでしたらば、
ご注文を承らせていただきます。
(納期は10月末~12月末頃)
サンプルとなるお品(7~9寸)は
会期中ご覧にいただけます。
7寸(¥8,424)、8寸(¥9,504)、
9寸(¥10,584)、尺(¥12,960)
の4サイズがございます。


こちらは当店の駐車スペースです。
グランドカバーにしているイワダレソウ
の繁殖力はすごく、埋めてあるブロック
が見えない状態です。花が咲いている
ので、駐車を躊躇される方が多い
のですが、強い植物ですので、こちらに
車は留めていただいて大丈夫です。
b0206421_1203283.jpg


ウリ科の花が今咲いています。
b0206421_123529.jpg

こちら↑は夕暮れ時に咲き、
朝にはとじてしまう瓢箪の花。

こちら↓は、たぶん、ククミスと言う、
アフリカ辺りが原産のウリ。その花が
数日前から咲きだしています。
友人にもらった鑑賞用ウリ(トゲトゲや
フサフサの)を乾かし、その種を試しに
蒔いたもの。(実が生ったら嬉しいなぁ)
b0206421_12172559.jpg


展覧会のお品物も届き始めています。
明日14日(金)は準備の為、
お休みをさせていただきます。

初日15日(土)には、
京都・綾部の[竹松うどん店]
竹松うどん大豆もろみの販売、
そして会期中には[立川産夏野菜]
販売も致します。麺の器と合わせて
どうぞご利用下さい。
麺をいただく器・詳細ページはこちら


夏日が続いておりますが、
皆様のお越しを心より
お待ちしております!
# by h-works04 | 2017-07-13 14:01 | お知らせ
渋団扇
土地が潤えば一気に雑草はのび、
草むしりが追いつきません。
これから益々勢いを増す季節です・・・

さて、草むしりでほてった顔にも、
涼をもたらしてくれる道具が熊本の
カキイロさんより届いております。
和紙を貼り、柿渋を引き堅牢に
仕上げられた来民渋団扇
(くたみしぶうちわ)です。
b0206421_11544284.jpg

大きいものから、長大中型長大
(当店では初めてのご紹介)、小判
となります。全て1,404円(税込)です。
右側の2点は店主の愛用品。年数が
経つと深い色合に変化する柿渋です。


7/15(土)から30(日)まで開催の
展覧会、[麺をいただく器]
詳細は、HPをご覧になって下さい。
初日に販売致します、京都・綾部の
[竹松うどん]と[大豆もろみ]ご予約
についてもお知らせをしております。

[麺をいただく器]詳細ページはこちら
b0206421_12181215.jpg


これが今年の飾りおさめの紫陽花。
梅雨の憂鬱さを紫陽花にだいぶ
やわらげてもらいました。
7/13(木)までは常設品の並ぶ
店内となります。(月・火定休日)
皆様のお越しをお待ちしております!
b0206421_11563118.jpg

# by h-works04 | 2017-07-08 12:39 | 入荷しました
HP更新 竹松うどん販売について
連日の豪雨、恐ろしいですね。
今後も油断できないようですので、
九州各地の方々、どうぞお気をつけ下さい。
被害が大きくならない事を祈ります。

さて、当店では7月15日(土)より、
5人の作り手による展覧会、
[ 麺をいただく器 ]を開催致します。
その詳細ページを、先ほどHPに
UP致しましたので、覗いてみて下さい。
HP・展覧会詳細ページはこちらから



7/15(土)-30(日)
[ 麺をいただく器 ]
石田誠(焼物)
久保一幸(竹籠)
小林慎二(漆器)
竹本ゆき子(焼物)
増田勉(焼物)
b0206421_13235451.jpg

そして展覧会初日には、
美味しい手打ち麺と、もろみ味噌の
販売を致します。
そちらの詳細もHPの同ページ↑あります。

7/15(土)
京都・綾部にある竹松うどん店の、
純手打ち生麺[竹松うどん]と、
自家製[大豆もろみ]を販売致します。
*お持ち帰り用です。 保冷バッグを
 ご用意いただけると助かります。
・うどん1パック(3玉入り)¥450
・もろみ味噌¥300

つるっ・しこ・もっちりで箸がとまらなく
なります。もろみ味噌をからめて
いただくのも乙な味です。
(もろきゅうや炒め物にもいい味噌です)
b0206421_1325275.jpg

〈ご予約も承ります〉
ご来店時間が遅くなりそうな方や、
数料を多くお求めになられる方は、
事前にご予約をいただければと思います。
お電話とメールにて承ります。
 042‐537‐7763
 h_works04@ybb.ne.jp




7/14(金)は展覧会準備の為、
お休みをさせていただきます。
それまでの店内には常設品
並んでおります。
産直販売となる[立川産夏野菜]
どうぞご利用下さい。
皆様のお越しをお待ちしております!
# by h-works04 | 2017-07-06 15:44 | 展覧会