> フォロー中のブログ
> 最新のコメント
> メモ帳
<   2011年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧
モヨウとムジの器で・2
明日から7月。2011年も半分がもう過ぎようとしてますねぇ。
まったく目まぐるしく、そして今は暑くるしく・・・
疲れをためないよう、うまくリフレッシュしていかないとですね。
我慢の夏はこれからが本番ですから。

お客様より美味しいいただきものがあり、
[モヨウとムジ]の器と合わせてみました。

須藤さんの花柄色絵小皿には、会津のお土産、黒蜜ときな粉で
いただく餅菓子を。揚げない蒸しドーナッツ(クランベリー入り)は、
イッチン技法でラインが引かれた、山口さんの白磁板皿に。
モカやキャラメル、バニラのアイスクリームもぴったりな石田さん
のスリップウェア3.5寸平鉢には、今回マンゴウのアイスを。
古典柄の様な草花が線刻された田谷さんの灰釉絵文4寸皿には、
あまずとと言う葡萄のゼリーを。そして林さんの、鯛の陽刻が
ポイントにある青白磁5寸皿には、紀ノ國屋の抹茶カステラを。
b0206421_12185350.jpg

↓ 盛らない状態の品々です。隠れていた部分もご覧下さい。
b0206421_12191988.jpg

盛られた美味しいものは、全て店主の胃袋行きです・・・
(いくらなんでも一度にではありませんょ)

そして今日より、夏野菜の王様、トマトの販売も始まりました。
b0206421_13372479.jpg












おひさまを浴びた露地栽培で、実割れがあったりと、形はイマイチでも、
実はギュッと詰まり、味のしっかりした美味しいトマトです!1袋150円。
他野菜は、キュウリ、ナス、ズッキーニ、ジャガイモ。その時々で少し
変わります。トマト以外は1袋100円です。器のお買い物ついででも、
お野菜だけでもご利用下さい。旬野菜できびしい夏をのりきりましょう!

展覧会[モヨウとムジ]は、今日を含め、あと3日間となりました。
昨日ご来店下さったお客様で、お二人の方が同じことを
言って下さいました。「暑い中来てよかった」と。
気に入って下さったお品物があったようです。(よかったぁ)
まだまだお品物はございます。どうぞご来店下さい。

お品物に関しましては、お気軽にお問い合わせ下さい。
by h-works04 | 2011-06-30 14:02 | 展覧会
モヨウとムジの器で
昨日はお休みをいただき、本日より会期後半です。
[モヨウとムジ]、まだまだお品物はあり、
楽しくご覧いただけると思いますので、
猛暑の中ではありますが、どうぞお出かけ下さい。

最近購入した物に、ハンドミキサー(ブレンダー)があります。
メーカーによりお値段も色々ですが、私が買ったのはとても
手頃なもの。今のところそれで作った料理はポタージュスープのみ
なんですが、これからバンバン活用していくつもりではいます。

↓ カボチャのポタージュは、猪口型でもかなり大きくて色々に使える、
山口さんのコマ文そば猪口(大)に。大根サラダは、野菜の色も鮮やか
に映える須藤さんのルリ釉6寸皿に。そして今が旬のサクランボは、
水色のラインが涼しげな石田さんの6寸ハットボール(浅目)に。
プラスパンで朝食メニューです。
b0206421_13928.jpg

私、空腹時に一旦思い浮かんでしまうと、食べずにはいられなく
なるものがいくつかありますが、その1つに蕎麦があります。
しかも天ざる・・・ 普段はあまりしない揚げものも、蕎麦の時には
天ぷらを揚げます。なかなか上手には揚がらないんですが。

↓ 天ぷらは、林さんの青白磁8角皿に。丸い器ばかり並びがちな
テーブルが、角のある器でピリッとなります。つゆは田谷さんの
灰釉そば猪口。以前の土とまた違う物で、更に渋い焼き上がり。
薬味は同じく田谷さんの物で、灰釉絵文豆皿に。こちらの豆皿、
亀やかたつむり、蛙に蝶などの絵柄が伸びやかな線刻で施され、
田谷さんの隠れた(?)才能が垣間見られます。
b0206421_13352011.jpg

ちなみに、蕎麦笊は、来月の企画展に参加していただく、
久保一幸さんのお品物。水漏れしない蕎麦笊なんですよ。
(ひょうたんの箸置き、逆さまでした・・・ 河上智美さん作)

蕎麦はヘルシーだと安心し、いつも調子にのりって天ぷらを揚げ
たいらげてしまいます。そして毎回、ヘルスメーターの体脂肪数値が
翌日グ~ンと上がり、『しまったぁ』という気分に陥ります。


お品物に関しましては、お気軽にお問い合わせ下さい。
by h-works04 | 2011-06-28 14:26 | 展覧会
[モヨウとムジ]
展覧会も1週間が過ぎ、会期折り返しの後半に入ったところです。
須藤さんの染付そば猪口の追加や、最初には無かった田谷さん
の生成そば猪口の入荷があったりと、会期が長いので
こういう事がありえています。直接納品が出来る距離にお二人が
いらっしゃるからでもありますが。そして昨日は、東京に長期滞在中
の林さんも再び顔を出して下さいました。

豆皿、現在あるお品物です。
薬味にお醤油、お漬物にお茶うけのお菓子にと・・・ 
b0206421_16325936.jpg

田谷さんがそば猪口と一緒に持って来て下さった夏椿。
石田さんの南蛮焼き締めの大きなドラ鉢に活けています。
b0206421_16333219.jpg

今日再び須藤さんも様子を見にいらして下さいました。
須藤さんのお土産、店主も大好きな紀の国屋の[粟大福]を、
須藤さんの染付角小皿にのせていただきます。大福を持ち上げると、
隠れていた花の文様が顔を出す小皿です。小湯呑は田谷さんの
お品ですが、これよりも高さが少しある物を店頭では販売しています。
b0206421_163418.jpg

明日27日(月)は会期中ですが、1日お休みをさせていただきます。
休み明け、28日(火)から7月2日(土)まで、
引き続き[モヨウとムジ]の開催を致しますので、
コロコロと変わる空模様ではありますが、どうぞお出かけ下さい。

つい先日、店のベランダから見た空。
西に雨の兆しらしい[水まさ雲](水文の様なスジがある)。
東に夕映えの[入道雲](手前には立川駅へ向かう中央線)。
同じ時刻なのに左右の景色はまったく違いました。確か7時頃。
b0206421_17331046.jpg

b0206421_17334189.jpg

by h-works04 | 2011-06-26 18:44 | 展覧会
[モヨウとムジ]
3日連続のブログUP。初めてかもしれません。
本来なら、HPの[shop]ページでご紹介する展覧会の様子。
そのページにはいつも画像を20ちょっとは載せていました。
今回はそのページが作れないので(何度も言いますが)、
このように、何日かに分けて店内をご覧くことになっています。
今日は、棚にある器の画像です。

b0206421_1672935.jpg

上の画像をクローズアップした画像が ↓ 下の3枚になります。

小さな棚左上にあるのは、林さんの青白磁蓋付湯呑。蓋の摘みが
可愛い鳥なんです。右下、やはり蓋付の、田谷さんのマグカップ。
たっぷり入る大きさ。白土に灰釉。線刻で花の文様が施されています。
b0206421_16215590.jpg

こちらには、石田さんの紅毛手、4.5寸と6寸の端反り皿や5.5寸の
ハットボール。須藤さんの長角皿は3種類で、6寸皿はルリ釉と白釉の
物があり。田谷さんの象嵌小鉢に灰釉4寸皿。林さんの6寸弱の
グレー深皿。と言ったぐあいに、4~6寸の小鉢やお皿が並びます。
b0206421_16221950.jpg

こちらは同じ棚の右側。須藤さんの鉄釉6角鉢の(小)。田谷さんの
象嵌5寸鉢にルリ釉片口鉢(小)、そして生成6寸リム皿もあり。
林さんは白釉の楕円皿に輪花皿。同じ輪花皿でも磁器なのが
山口さんの物。そして、市松の凹凸が施されたなます皿は無地と
花柄があります。形はお皿と言うより小鉢ですかね。
b0206421_169574.jpg


形や大きさも様々で、使いやすく器が揃っております。
会期も中盤に入り、完売となっているお品物もござますが、
まだまだご覧いただけるお品物はございますので、
今週末、どうぞお出かけ下さい。
迷われないよう、お手持ちの器もチェックされてから・・・
お待ちしております!

お品物に関しましては、お気軽にお問い合わせ下さい。
by h-works04 | 2011-06-23 20:01 | 展覧会
[モヨウとムジ]
今日は、展覧会[モヨウとムジ]の器を、上から撮影した
カットの画像で器をご覧いただきます。

↓ 石田さんの5寸ハットボールの無地と模様の物、そして小鉢。
須藤さんの花柄色絵小皿とルリ釉5寸皿。縁に装飾のある林さん
の白釉ケーキ皿。そして山口さんのイッチンと麦わら手の板皿。
b0206421_18334391.jpg





















↓ 須藤さんの染付6角皿。田谷さんのルリ釉カレー鉢に
薄ルリの片口鉢。つわぶきの絵柄の輪花皿は山口さんの物。
これからの季節、出番が更に多くなりそうな器です。
b0206421_18344810.jpg

↓ 角皿の染付2種は須藤さんの物。青白磁の長角皿は
林さん作。あると重宝する角皿です。左、田谷さん作の
生成色の8寸鉢は石皿タイプです。使いやすい大きさでしょう。
b0206421_18352280.jpg

↓ こちらは大きな物になります。左より、田谷さんの8寸象嵌鉢。
中、林さんの白釉12角皿。右、須藤さんのルリ釉8寸皿です。
大勢でかこむ食卓にはこんな器をテーブルのセンターに。
b0206421_1836561.jpg

↓ 石田さんのスリップウェア3.5寸小鉢や7.5寸リム皿(絵付)。
手びねりの白磁小鉢と色絵小鉢は須藤さん作になります。
ポットは田谷さんの灰釉の物。同じ灰釉でも白土の物もあり。
b0206421_18363796.jpg

↓ こちらは6~7寸ぐらいの皿や鉢を並べています。
石田さんの6寸ハットボールに6寸鉢は共に紅毛手。
須藤さんは6角鉢を鉄釉の物と染付の物でご用意下さった。
林さんは白釉7角鉢に、青白磁で8角皿と角鉢(深皿)を。
b0206421_18365930.jpg

焼物をされているという昨日いらして下さったお客様。
ご自身よりも若いこの作り手達の器をご覧になり、
「健気で、一生懸命」だとおっしゃられました。
そう言われた直後に店内を見渡し、目頭が熱くなるという現象・・・
目に映る器は姿勢正しく、きらきらと輝いていて、
その言葉通りに感じられました。

1つ1つ丁寧に作られた[モヨウとムジ]の器です。
不安定なお天気が続きますが、どうぞご来店いただき、
ご覧いただければと思います。

お品物に関しましては、お気軽にお問い合わせ下さい。
(既に完売している場合はご了承下さい)
by h-works04 | 2011-06-22 20:44 | 展覧会
[モヨウとムジ]
今日は、[モヨウとムジ]の5名の器を、
それぞれ1カットだけですがUP致します。

石田誠/紅毛手猪口(大)
かなり大きな猪口になります。石田さんらしい軽いタッチの絵付け。
スープやカフェオレなど、たっぷりいただくのにはいいです。
b0206421_1714508.jpg

須藤拓也/染付長皿・角小皿・豆皿
テーブルのアクセントにもなる須藤さんの染付3種です。
長角と豆皿は今までもご紹介しましたが、角小皿は初となります。
b0206421_1643477.jpg

田谷直子/灰釉絵文四寸皿
伸びやかに描かれた線刻。文様は、古い物にも見られるような
草花です。今までの灰釉とは土がまた違い、渋い色合いです。
b0206421_16442533.jpg

林健二/飴釉5寸皿、青白磁5寸皿
飴釉には筆勢を感じる模様のある物、掛け分けをした物。そして、
青白磁には、鯛、燕、コウモリ、ハチドリのワンポイントの陽刻があり。
b0206421_1645448.jpg

山口利枝/そば猪口(大)の無地と松葉文とコマ文
大き目のそば猪口になります。小丼がわりに、ご飯物を盛ってお使い
いただいてもいいサイズ。店主はサラダにスープにと使っています。
b0206421_17103444.jpg


明日以降も、画像で色々ご覧いただこうと思っております。

お品物に関しましては、お気軽にお問い合わせ下さい。
(完売している場合はご了承下さい)
by h-works04 | 2011-06-21 19:37 | 展覧会
[モヨウとムジ]始まりました
5名の作り手に参加していただいている、
展覧会[モヨウとムジ]が一昨日から始りました。
何度もお伝えしておりますが、HPの更新が出来ない状況に未だあり、
展覧会の様子は、こちらブログで少しずつご紹介していく事に致します。
今日はその一段、ザッと大まかに撮った画像になりますが、ご覧下さい。

b0206421_13311335.jpg

↓ 手前の台には、4~5寸皿が中心に並び、
  正面の棚には、湯呑やカップ類、碗などが並んでいます。
b0206421_13315522.jpg





















↓ 依頼していた豆皿。色々で楽しいです。
b0206421_1401086.jpg




















↓ こちらもお願いしたそば猪口。棚上段から、左、林健二さんの物
(象嵌)、中、須藤拓也さんの物(染付)、右、山口利枝さんの物(栗文)、
下段左、石田誠さんの物(紅毛手)、右、田谷直子さんの物(灰釉線刻)
b0206421_1404383.jpg

↓ 初日に在店して下さった御三方の後ろ姿です。なんでまた
こんな写真をなんですが、それがいいと3人に言われてしまい。
左・林さん、真ん中・須藤さん、右・田谷さんです。同年代の3人、
それぞれの仕事に興味をもち、会話をはずませている姿に
店主は嬉しくなります。道具の事、土の事、轆轤の事・・・
一足飛には辿り着けずに、失敗を繰り返しながらの物作りの様子を、
そんな会話から、店主も知ることになります。
b0206421_1413025.jpg

そして今朝は、3人より少し兄貴分になる石田さんが顔を出して
下さいました(突然)。他店での展覧会もあり、愛媛より東京に
出ていらしていたようです。ぶつぶつ言いながら(感心したり)、
他のメンバーの器を手に取り眺めていらっしゃいました。

また後日、もう少しクローズアップした画像など、
ご覧いただこうと思っております。

↓ こちら、現在発売中の[天然生活]に、
今回の展覧会情報を掲載していただきました。
b0206421_19112987.jpg












お品物に関しましては、お気軽にお問い合わせ下さい。
by h-works04 | 2011-06-20 19:58 | 展覧会
明後日から
18日(土)より、[モヨウとムジ]という展覧会が始まります。

昨日は、相模原から田谷直子さんが手持ちで納品をして
下さり、愛知県からは林健二さんのお品が届きました。
今朝は、鹿児島より山口利枝さんのお品が届き、
今日これから夕方の便で愛媛の石田誠さんのお品、
国分寺より手持ちで須藤拓也さんの納品もある予定です。
日本各地より、この東京郊外にひっそりとある器屋に
たくさんの器が届きます・・・ 嬉しいかぎりです!

b0206421_1412657.jpg

田谷さんが器と一緒に、田谷家のお花も届けて下さいました。
のびのび育っている感じが田谷さんとかぶります。
そして街の花屋では見かけることが少ないものばかり。
取りあえずバケツに挿している状態ですが↑、
この無造作活けでいいかもなんて・・・ 
今お店に大きな花器が無いのが残念です。

いつものように今夜から準備が始まります。
明日はしっかりお休みをいただき、展覧会準備となります。
お間違いないようお願い致します。

初日の18日は、須藤さん、林さん、田谷さんが、
在店して下さるそうですので、
作り手の顔も見にいらして下さい。
雨の中かもれませんが、皆さまのご来店、お待ちしております!

*HPの更新(復旧)には、まだ時間がかかりそうです。
  ご迷惑をおかけ致します。
by h-works04 | 2011-06-16 14:35 | 展覧会
繕い
HPは相変わらず更新出来ずにいます。すいません・・・
ですが今日、定休日明けに開いたPCには、
HPのファイル喪失に関する情報を下さるメールがいくつかあり、
心強く、大変ありがたい気持ちになりました。
感謝致します。
『なんとかなるかも』と今は思えてきました。
もうしばらくお待ち下さい。

私、趣味らしいものが全く無く、聞かれると困ります。
『趣味になったらいいな』と思い始めた事に、
器の欠けや割れを直す[繕い]があります。
b0206421_1827559.jpg




















生漆と砥の粉を使うやり方で、知り合いの方に教わりました。
画像は使っている物。プラスサンドペーパーぐらい。
漆の色のままの仕上げの物、器の色によっては銀を使います。
器が蘇るこの作業が好きです。(上手くいけば)
ですが漆に被れる事が、何回かやっていくうちにわかり、
被れるかゆさに耐えられず、たまにの作業で、
[趣味]と言える域には達せられずにいます。

この[繕い]をする場面が、あるドラマのワンシーンにあり、
私の中ではじんわりとした感動がありました。
戦中戦後の長野を舞台にした、
NHK朝の連ドラ[おひさま]の中でのことです。
主人公が嫁ぐ蕎麦屋の息子(結婚相手)が、
小さな碗(湯呑?)の欠けを漆で直すシーン。
見逃しがちな、地味で何気ない場面です。
そして後日、その直し終えた器を、その息子が大事そうに
手に包むシーンがまたあるのです。いい顔をして・・・
ドラマに登場したばかりのこの人物の人と成りが、
それだけで私はわかった気になりました。
物の無い時代、当然の様にしていた事だったのかもしれませんが、
こんな表現で人物像に肉付けをしている脚本にも驚きです。

さて、今日から店内では、[立川産の旬野菜]の販売が
始まりました。キャベツ、ラディッシュ、カブ、ジャガイモ、キュウリ、
ダイコン、全て100円になりますので、どうぞご利用下さい。
これから種類も徐々に増えていくかと思います。
b0206421_19471392.jpg

by h-works04 | 2011-06-14 20:04 | 暮らし
HPの件と今後の予定
昨日嘆いたHPの件は、何の進展もないままです。

HPは更新が出来ず、6月8日で止まった状態なので、
[mail order]のページに記載している在庫数も、
変動があってもそのままとなっております。
その点は、こちらのブログでお知らせをしてまいります。
皆さまにはご迷惑をおかけするとこになりますが、
何卒ご了承下さい。

早速その違いがございます。
萩原さんのカトラリーBOX、HP上では[残・1]となっておりますが、
現在お品物は完売しております。ご承知下さい。

解決の目途は当分つきそうにもなく、気持はどんよりと沈み、
途方に暮れていたりしたのですが、
今思い浮かんだのは被災された方の事でした。
ちっちゃな事でした。気持ちを入れ変えたいと思います。

今朝見たアジサイが、「キャー」と悲鳴(小さな)が出てしまうほど
可愛いかったのですが、急いでおりカメラは向けられず・・・
↓ こちらは、当店があるサンパークビルを出て直ぐの所に今、
  シャワー状になって咲いているバラ。蔓が伸び、色々な植物と絡み、
  根元がどこだかわからない・・・
b0206421_1456452.jpg





















先日行った長野県・松本のお土産。
以前、お客様にいただいた、開運堂というところのお菓子が
美味しかったので、クラフトフェアの帰りに寄りました。
パッケージが可愛くてつい買ってしまったカステラは、
田谷直子さんのきなり5寸皿に。落雁の様な口どけのクッキーは、
林健二さんの飴釉豆皿に。そして紅茶は、須藤拓也さんの、
鉄絵碗に。次回展覧会に参加いただく3名です。
b0206421_1551099.jpg

[今後の予定]
6/12(日)・13(月)は定休日です。
6/14(火)より [立川産野菜]の販売が始まります。(全て100円)
    まずは、キャベツ、カブ、ダイコン、ジャガイモなどが並びます。
6/17(金)は、展覧会準備の為お休みをさせていただきます。
6/18(土)より、展覧会[モヨウとムジ]が始まります。




    
by h-works04 | 2011-06-11 15:20 | 今後の予定
   

東京・立川市の器店     H.works http://www.h-works04.com
by h-works04
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
明日営業します
at 2017-11-17 17:14
本日より常設
at 2017-11-15 17:19
いただいたお菓子を
at 2017-11-10 14:20
[つどいの準備]のお品に・再び
at 2017-11-08 15:46
[つどいの準備]のお品に
at 2017-11-04 17:38
> ファン
> ブログジャンル