> フォロー中のブログ
> 最新のコメント
> メモ帳
カテゴリ:おいしいものと器( 60 )
ほろにがい器で
現在開催中の、[ほろにがい色の器]を少しだけですが、
ご紹介いたします。おいしいものと一緒に・・・

手前、小さな月餅がのるのは、竹本ゆき子さんの藁灰釉4寸皿。
左、かりんとうが長谷川奈津さんの灰釉小鉢で、
右、えび煎が増田勉さんの緑釉4.5寸(深)皿になります。
月餅はお隣のカフェ・ソメイエさんにいただいたのですが、
一口サイズで、餡が色々なのが嬉しい!中村屋の物。
かりんとうは十穀入りで塩味がきいてます。えび煎はわかめ入りの、
長谷川さんも大好だと言う物。後方に写るのは、中央、須藤拓也
さんの鉄絵碗。左、増田さんの象嵌筒湯呑。右、林健二さんの、
飴釉湯呑になります。甘辛お菓子でお茶の時間です。
b0206421_16165291.jpg





















先日いただいたロールケーキは、林さんの白釉角皿に。
奥の白釉皿も、チラッと見える飴釉皿も林さんのものです。
b0206421_13295339.jpg





















こちらは、お客様が作られたワッフル。天然酵母らしいので、
食感が今まで食べたワッフルとちょっと違います。
カリッ、フワッ、モチッ!って感じで、噛めば噛むほど
甘味が感じられておいしくなっていきます・・・
プレーンの他、また一味違う栗と黒豆入りもあり。おいしい!
器は、須藤さんの鉄釉角皿。バックに、増田さんの象嵌
ピッチャー。ミルクやシロップにとどうでしょう。渋い合わせです。
(カフェオレが入るのは、店主私物の長谷川さんの粉引碗)
b0206421_15542864.jpg




















まだまだご紹介したいお品物はございます。また機会をみて。
展覧会は会期中盤になりました。
まだ1週間はありますので(お品物もございますよ)、
ご都合に合わせて、どうぞご来店下さい。
by h-works04 | 2011-02-12 16:44 | おいしいものと器
林さんの器
サツマイモを焼き芋にして食べ切れず、以前冷凍に。
その焼き芋を粗くつぶし、スイートポテトにしました。
先日の柚子茶同様、「お醤油入れちゃった?」色なのは、
きび砂糖のせいでしょう・・・ 
形は、平べったいまんまるって可愛いかもと、
舟形をやめ、おやきの様な形に。
パッと目に入る表面積が多い方が、大きく見えますし。
(食い意地がはってるのバレますね~)
b0206421_1414391.jpg

そしてこちらのお皿は、2月の展覧会、[ほろにがい色の器]に
参加していただく、林健二さんのもの。
スイートポテトを食べ終わると、右の様な模様が現れます。
鳥などレリーフ状に陽刻し、飴釉とかけわけた器。
(ポテトは、このお皿に盛るつもりでまるくしたわけでは
なかったんですが、たまたまきれいに隠れちゃいました)

林さんの器をご紹介するのは、今度の展覧会が初となります。
お生まれは東京の方ですが、現在は愛知県瀬戸市で制作を。
飴釉、青白磁、白釉に黒釉などで作られるのは、
基本シンプルな形の器。でもどこかに、心くすぐる造形が、
手間をおしまず施されています。けしていやらしくなく・・・

b0206421_1504764.jpg




















↑こちらは、[ほろにがい~]参加メンバー全員の器になります。
店主の私物も含みますので、展覧会のお品ではないものも
ございます(似たお品はでるかもしれませんが)。ご承知下さい。
ちなみに、右上から、林さんの飴釉小皿、下にいき、竹本ゆき子
さんの灰釉豆皿、須藤拓也さんの鉄釉長皿、中央が、増田勉
さんの鉄彩小皿、そして左、長谷川奈津さんの黒鉢です。

器にのる可愛いお菓子は、当店ご近所の、食堂marumi-ya.
さんからいただいたうさぎの最中(桜餡をはさむ)と、お客様に
いただいた、長野・開運堂の白鳥クッキー(落雁の様な口どけ)。
封をする白鳥シールがまたにくいですねぇ。

ここでお知らせいくつか。

長谷川奈津さんが、先日、
ホームページを開設されました。

長谷川さんらしーい、簡潔で美しいHP。
これまでしっかりされてきた仕事の足跡もわかりますよ。

そして昨日、萩原英二さんのBOX類と、みつスプーン(L)の
入荷がありました。BOXは新しいタイプもあります。
そちらの画像紹介は、来週致しますので、もうしばらくお待ち下さい。
そして、[ほろにがい色の器]の詳細も。
by h-works04 | 2011-01-22 16:46 | おいしいものと器
この季節なので
こちら何だかわかりますか?
左はお客様が作られて、いただいた黒豆。
(本当にありがたいです!買ったらいいお値段でしょうし)
しっかりした大粒の黒豆は、ほっくりとしていていいーお味です!
(贅沢にも、パンケーキに入れたりもしています。これまたおいしい)
右は私が最近作った柚子茶です。途中までは綺麗な黄色だった
んですが、グラニュー糖が家になく、きび砂糖とハチミツ(少し)を
使ってしまったので、「醤油入れちゃった?」みたいな色に・・・
見た目はイマイチですが、味は悪くないんですよ。
柚子茶は色々な作り方があるようですね(氷砂糖で漬けるなど)。
これは茹でこぼして、ジャムのように煮た柚子茶です。
b0206421_17291235.jpg

先日、4歳の可愛い息子と来てくれた友人のお土産、浦和銘菓、
白餡のお菓子[白鷺宝]と黒豆のお茶うけセット。プラス柚子茶。
b0206421_1730468.jpg

坂野友紀さんと吉田次朗さんが作られた楕円皿が、ほぼ同じサイズ
(金属と焼物なんですが)。なのでこんな組み合わせに。
黒豆の器は、田谷直子さんのきなり味見皿(豆鉢)と、河上智美さん
の豆小皿。坂野さんの菓子切(小)で、黒豆をさしていただくと。
柚子茶は甘いので、本当は黒豆にコーヒーとかがおいしいですね。
田谷さんの味見皿と坂野さんの菓子切(少し)は在庫がございます。
あと、器の下に敷いてる宮崎桃子さんの楕円コースターも。

寒さが厳しくなってきています。
本当は、柚子湯用にもらった柚子だったのですが(実家に木があり)、
急遽柚子茶にしちゃいました。体内に直接の方がいいかなと。

15日(土)まで、[Special price day]開催してます。
まだお品物との出会はあるかと思います。
そして明日より、立川産野菜の販売、始まります。
ブロッコリー、ほうれん草、白菜など。どうぞ覗いてみて下さい。
by h-works04 | 2011-01-10 20:47 | おいしいものと器
美味しくって幸せ・・・
今日は明後日からの展覧会準備にとりかかっています。

毎年クリスマスリースを作ってきましたが、
世間の賑わいに気が付きつつも、今年は出遅れて、
さがしに行ったヒムロスギは無く(グリーンのリースが好きです)、
輪に既になったサンキライにしました。今年は可愛めに・・・

そして昨日、手作りだというシュトーレンをお客様にいただきました。
シュトーレンはクリスマスに食べるんだと思っていた私。
無知でお恥ずかしい!クリスマスまでに少しずついただくんですね。
そこでシュトーレンにはこれだ!というものがお店にありました。

↓ 河上智美さんのパンケース(楕円)にいただいたシュトーレンは
  サイズぴったりでした。画像他のお品はカトラリー坂野友紀さん、
  フェルト宮崎桃子さん、リム皿石田誠さん、カップ須藤拓也さん、
  ポット小髙千絵さんのお品です。
b0206421_1754123.jpg




















いただいたシュトーレン、少しずつ食べるなんて我慢できない
ほど美味しーいっ!(また後でつまむつもりでいます。今も)

美味しいと言えば、いただいた美味しいお菓子と合わせて、
器を撮っているのですが、タイミングが悪く、公開しそこねた
画像が実は溜まっています。少し前の2カットUPします。

↓ 小林慎二さんの椿皿に、京都・御池煎餅、田谷直子さんの
  灰釉小皿に土佐の郷土菓子、長谷川奈津さんの鉄釉小皿
  に、金沢の生落雁。煎茶が飲みたくなるラインナップです。
  (実際煎茶でいただきました)
b0206421_17195769.jpg





















↓ 吉田次朗さんの楕円皿(中)に、上は御池煎餅で、下には、
  銀座鹿鳴館のフルーツゼリー。合わせ自由な吉田さんのお皿。
b0206421_17285515.jpg




















では、また展覧会準備を始めます。
今回は会期がいつもより少し長く、28日(火)までです。
そして会期無休でやりますので、師走の忙しい時では
ありますが、是非いらして下さい。
明日17日(金)は準備の為、お休みをさせていただきます。
by h-works04 | 2010-12-16 17:43 | おいしいものと器
新米と小林さんの器
本日午前中、HPのshopのページUP致しました。
現在開催中の、小林慎二さんの漆展の様子をご覧いただけます。
気になるお品物等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

少し前になりますが、フェルトの宮崎桃子さんより、
お品物が届いた際、その荷がフェルトとは思えないほど重く
(郵便局員さんに手渡されて、箱を持った手がガクッと落ちた)、
商品を取り出した箱の一番下になんとお米が横たわっていました。
ご近所さんからいただいた信州産の新米だと。嬉しい!!
b0206421_13301177.jpg












そこで、この新米は、小林さんの漆器でいただきたいとなりました。
汁ものばかりを漆器にしていましたが、実は飯椀を漆器にすると、
とてもご飯が美味しいと、小林さんからもおすすめをされていました。
そして軽いので、一度漆器の椀でご飯を食べ始めてしまうと、
陶磁器の碗が持てなくなるという噂もあり・・・
b0206421_13365126.jpg





















新米は歯ごたえ丁度よく、ツヤツヤに炊けました。
確かにおいしいーーー。手取りの感じもいいですね~。

飯椀にしたものは、端反椀・赤溜め、汁椀にしたものが
実は飯椀・黒の、(大)の方。だし巻き玉子は端反皿・黒(小)。
ちなみに、大根の葉とじゃこのごま油炒めを盛ったのは、
長谷川奈津さんの粉引片口です。
↓ こちら、端反椀[¥8,400]と飯椀(大)[¥10,500]。
  素直なラインで、美しい形です。
b0206421_142256100.jpg
by h-works04 | 2010-12-01 14:30 | おいしいものと器
野菜コーナーとデザート
立川産の野菜の販売が先週より始まりました。
店内の一角がそのコーナーになってます。
キャベツ、サトイモ、サツマイモ、大根、柚子・・・
年末に向かい、種類も少しずつ変わっていくと思います。
葉付き大根1本、キャベツ1玉、サトイモは1袋8~10個入り、
柚子は1袋3つ入り、サツマイモも大き目1つが、
それぞれ100円です。家計に優し~い価格になってます。
免疫力が低下する季節です。
しっかり食べて、この冬も乗り越えましょう!
b0206421_13354145.jpg

そして店主が最近たて続けに作っているデザートが、
[サツマイモと林檎のホイル焼き]。
趣味の園芸[野菜の時間](NHK教育・日曜8時からやっている)
の番組の中で、サツマイモの収穫に合わせ、
西城秀樹さん(歌手の)が作っていたんです。
スライスしたサツマイモと林檎をアルミホイルに交互並べ、
レモン、シナモン、バターも加え、包みオーブンで焼く、
というすご~く簡単なものだったので早速やってみたら、
手軽なわりに美味しい。私はバターは控えめヘルシーに。
でもバニラアイストッピングでカロりー増に。
意味なくなってますね。(アイス無しでも美味しいですよ)
それと、シナモンが老化防止になるらしいので、大目に
ふってます・・・(摂りすぎもいけないようですが)
↓ 焼く前です。サツマイモ、林檎皮つきのまま。
b0206421_13553316.jpg












↓ 焼けました。器は長方皿が、石田誠さんの紅毛手。
アイスクリームがのるのが、坂野友紀さんのアルミ・片口小鉢。
カトラリーも全て坂野さんの物。ほんのりピンクの楕円小皿は
長井梨恵さんの物で。中が銀彩の六角カップは、随分前に
須藤拓也さん作られていた器です。
石田さんの紅毛手長方皿はお品物が現在ございます。
b0206421_13574233.jpg




















明日24日(水)は、都合により、申し訳ありませんが、
OPENが午後1時からとなります。 ご了承下さい。
by h-works04 | 2010-11-23 14:34 | おいしいものと器
須藤さんの器とおいしいもの
今日お昼時、やっとHPのshopページをアップ致しました。
須藤拓也さんの、個展の様子はそちらからご覧になって下さい。

10月24日で、お隣の[カフェ・ソメイエ]さんは4周年を迎えた
そうです。前日にそれを聞いた時は、胸がちょっと熱くなりました。
「おめでとう」の言葉しかお祝いがなかったのに、美味しい
カヌレをいただきました。型に蜜蝋を塗ったりと、手間がかかる
お菓子だと聞いたことがあります。須藤さんの器でいただく・・・
灰釉の小皿としのぎ小皿。コーヒーが入るのは、手びねりの
白磁そば猪口と手付きカップです。
b0206421_13522888.jpg




















そしてこちらは、お客様にいただいた、長野・小布施堂の
栗のお菓子。味は落雁にちかく、でもしっとりとした生タイプで、
ほろほろとしていて美味しい。ほうじ茶と一緒にいただく。
須藤さんの鉄釉長皿(小)と、手びねりの小碗です。
b0206421_143593.jpg
by h-works04 | 2010-10-27 14:07 | おいしいものと器
山口利枝さんと朝食
少し前の事ですが、東京で個展をされていた山口利枝さんが
鹿児島から出ていらして、当店にも寄って下さいました。
山口さんとのお付き合いは今年の7月の企画展から。
器のつくりや納品数から、すごい集中力があって、仕事が
早いだろと私は見ていると話すと、外れていない様子。
休むことが不安で(わかります・・・)、以前は仕事ばかりして
いたとか。でも、遊ぶことがいい仕事にも繋がると、最近は思
い切って休むようにもしていると。そしてこの後、東北を巡る
旅に東京から立つという羨ましい話を聞きました。何を見に行
くのかと聞いた私に、山形で地酒を、秋田で比内地鶏のきり
たんぽ鍋、宮城で解禁となった牡蠣を食べてきますと・・・
笑いました。
後日談で、宮城・松島では、3,000円で食べ放題の牡蠣を、
友達と二人で80個食べたと聞き、耳を疑い、「ええぇー!」と
大騒ぎの私。電話の向こうで山口さんは、笑いながらケロッ
と話す。見るからに健康そうな山口さんですが、胃袋も丈夫
だということなんですねぇ。

山口さんのお兄さんが、世田谷・三軒茶屋で、[糧]という、
創作和食のお店をされているそうです。その姉妹店の[長
(かぎりな)]で販売している燻製をいただきました。明太子、
ぶり、秋刀魚と珍しい燻製で、身もふっくらで美味しかった
です。朝はパン党(このタイトルの展覧会、来年やります)
ですが、この日はご飯に。
b0206421_12354644.jpg












器は、飯碗が竹本ゆき子さんの灰釉、汁椀が小林慎二さんの
漆器、箸置きは大村剛さんの色絵、お箸は大黒屋さんの利久箸。
ぶりのお皿は山口さんの帯文楕円皿。友人の軽井沢土産で、
茸と昆布も入る生姜の佃煮は、小髙千絵さんの白磁豆小鉢。
明太子の燻製は、長谷川奈津さんの松灰釉小鉢。そして、お客様
からいただいた韓国土産、コーン茶(とうもろこしを焙煎している
お茶で、麦茶みたいで香ばしく美味しい)は、青木亮さんの粉引
筒湯呑。以上。茶色いお料理が並んでしまった。菜っ葉のお浸し
など、青味がほしい食卓でした。味のバランス的にも・・・
下画像は、今現在当店にある山口さんの磁器の器です。大らかな
絵付けとつくりが魅力です。在庫数は少ないのですが、気になる
お品物がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
b0206421_1393813.jpg
by h-works04 | 2010-10-19 13:28 | おいしいものと器
栗づくし
毎年秋になると作る栗きんとん。栗の風味そのままの、素朴なこの
お菓子が大好きです。
叔父が栗きんとんで有名な、岐阜県中津川の出身で、帰郷した際の
お土産が栗きんとんと、栗あんを羊羹で巻いたお菓子でした。
私の子供の頃の話なんですが。とにかくこのお土産をもらうのが嬉し
かったんです・・・ 二口三口で食べてしまえる上品なサイズのお菓子
を、『もっと食べたい』という思いでいっぱいになっていたあの頃です。
最近は岐阜に行かなくても、秋になると東京のデパートで買えるように
なりました。そして大人になり知りましたが、意外といいお値段です
(サイズの割に)。でも、自分で作るとその値段には納得です。
材料はシンプルですが、実を取り出し、裏ごしをしたり(これがきっつい
です!)、時間と体力はかなり費やされます。でもお陰さまで、今は
思う存分食べたいと思っていた子供の頃の願いは叶っています。
(食べ過ぎなくらい)
下の画像は、陶芸家の田谷直子さんにいただいた栗の甘露煮と、
当店お隣の[CAFE SOMMEELLER]さんが、当店で買って下さった
栗を、渋皮煮にされてお裾わけして下さったものと、私店主が作った
栗きんとんの3品(それぞれの栗の味わいがあります)を、今開催中の
展覧会[おはぎとモンブラン]の器や道具と合わせてみたました。
栗づくしで、[秋のお茶時間]の2パターンです。
b0206421_1704058.jpg

3品が盛られているのは、石原稔久さんのお皿(しゃもじ皿)。
コーヒーが入るのは、大村剛さんの楽色絵カップ。ミルクピッチャーは、
吉田直嗣さん。フェルトコースターは宮崎桃子さんのものです。
b0206421_178139.jpg

こちらは、お皿が田谷直子さんのルリ釉5寸皿で、緑茶が入るのは、
小髙千繪さんの白磁・猪口型カップ。クロクルミに半分だけ漆を施した
菓子切りは萩原英二さんのものです。

HPのshopページは、昨夜UP致しましたので、店内の様子はそちらを
ご覧下さい。お品物に関しましては、お気軽にお問い合わせ下さい。

[おはぎとモンブラン]の展覧会は、今週末9/25(土)まで開催して
おります。どうぞ、手に取ってご覧いただければと思います。
by h-works04 | 2010-09-22 17:43 | おいしいものと器
ありがたいです・・・
大変ありがいたことに、おいしいものをよくいただきます。
自分では買えないような、そして作れないようなものを。
この日の朝食にはそれをずらりと並らべていただきました。
b0206421_18562278.jpg

ベーグルは、国産小麦・天然酵母でお客様が作られたもの。もっちり
していて、ほんのりとした甘味あり。天然酵母独特の香ばしさがまた
食欲を旺盛にさせてくれちゃいます。中央のバターは、フランスに
ご旅行された方のお土産。パッケージが可愛かったからと、わざわざ
保冷剤をつけてフランスから持ち帰ったと言うので驚きでした。無難
なところで手を打たないところがこの方らしいのですが。そしてこの
バター、岩塩入りで[ジャリジャリ]してしょっぱ~い(つけ過ぎ注意)。
でもおいしい。蒸した野菜や魚などにのせたり、お料理にも使いたい。
パッケージをよく見ると、塩田で作業する人と沖にヨットのイラスト・・・
ドット模様と色合いもグーで、そそられるのも、よーくわかります 。
b0206421_19374692.jpg

ラズベリーのはちみつ、ジャムはさくらんぼとこれまたかわったものを
お客様からいただきました。(幸せです) 梅ジャムは、初めて私が
作ったものなのですが、手順を間違えたり、あくを取り忘れたりで
えぐみのあるものに。『これも梅の味』と食べています。朝はパンに
味噌汁(根菜と豆腐いっぱいの)、そしてジンジャーティーと、おかし
な組み合わせになって4カ月。ちょっと体調を崩したのを機に(本当
にちょっとだけ)、野菜不足解消と低体温改善を狙い、こうなりました。

ここで少し、使っている器の話。最近パン皿は久保一幸さんの竹そば笊。
通気があってパンがふやけないので。(もちろん麺類にも使ってます)
具だくさんの味噌汁が入るのは、石田誠さんの白磁5寸碗(夕食の汁
椀は小林慎二さんの漆器使用)。お茶は、須藤拓也さんの染付そば
猪口。和洋どちらの雰囲気にも合い出番が多いです。そしてカトラリー
は、金属が坂野友紀さん。木が萩原英二さん(丸いのは違います)。
b0206421_20213368.jpg

上画像のものは、萩原さんの[はちみつスティック]です。はちみつ以外
にも色々すくえると思います。先がエッジのきいたヘラっぽい形なので、
ビン底で少なくなったものもすくい易いです。柄も長めなので、私は紅茶
の茶葉をジャンピングさせる時など、マドラーの様にポットの中でグルグル
させて使っています。mail orderのページではご紹介していませんが、
通販も可能です。 クルミで¥1,890になります。
by h-works04 | 2010-09-08 21:12 | おいしいものと器