> フォロー中のブログ
> 最新のコメント
> メモ帳
> 麺の器と美術館
昨日は久しぶりに美術館へ。
自転車をえっちらこっちらとこぎ・・・
30分ほどで着いた場所は
武蔵野美術大学。
b0206421_16185938.jpg

国の機関である産業工芸試験所が
収集の、1950から60年代の
生活用品(国内外の主に食器)の
参考品と試作品が展示された、
[モダンリビングへの夢]と言う
展覧会が開催されていました。
b0206421_1854721.jpg

b0206421_1875762.jpg

b0206421_189159.jpg

当店で取り扱う品とは相対する面の
あるものではありますが、美しいと
思えるものがありました。そして産業
工芸ではない工芸の在り方も考え
させられます。けして大きな規模では
ありませんが、美大ならではの展示で、
汗だくになった(往復で)甲斐があったと
思えたのでした。

さて、当店の工芸品もご紹介
させていただきます。展覧会
[麺をいただく器]のお品から。

先日初めてサンラータンメンを食べ、
美味しかったので作ってみます。
(ラー油入れ過ぎました・・・)
b0206421_16573866.jpg

麺の器は、増田勉さんの刷毛目
ラーメン丼鉢
(¥4,968)。餃子が
石田誠さんの紅毛手4.5寸リム皿
#3・ハニーブラウン
(2,160)。餃子
のタレを増田さんの粉引玉子手皿
(¥1,512)に。そして、サンラ―タンメン
とタレ用のお酢を、竹本ゆき子さんの
灰釉ピッチャー(¥2160)に。お箸
No5・黒
(¥3,240)とスプーン・黒
(¥8,100)は小林慎二さんのお品に
なります。 ↓ 盛ってない器。
b0206421_1659665.jpg

増田さんのラーメン丼鉢は他にもあり。
左より、粉引呉須絵、中央刷毛目
右が彫三島です。(全て¥4,968)
どちらもたっぷり入る大きさです。
口径20cm前後で端反る形なので、
煮物などを盛るのにもいいのでは。
b0206421_1704619.jpg

小林さんのお箸No3(21cm)、
No4(22㎝)、No5(23cm)とあり、
色は黒、赤、木地の3色(現在は画像
にあるお色のみとなっております)。
(どちらも¥3,240)
スプーンは黒の他にがあり。
b0206421_1722282.jpg

お品物に関しましてはお気軽に
お問い合わせ下さい。
通販のご注文も承っております。
ご注文方法はこちらから


お品物のご紹介は、またこちらの
ブログでさせていただく予定です。

本日より、常設品の一部も店内に
並んでおります。
展覧会会期は7/30(日)まで
なりますので、お見逃しのないよう
どうぞご来店下さい。
お待ちしております!
by h-works04 | 2017-07-26 18:29 | 展覧会の器で

東京・立川市の器店     H.works http://www.h-works04.com
by h-works04
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> タグ
> ブログパーツ
> 最新の記事
長谷川さんの器で
at 2017-12-17 15:38
HP更新・長谷川さんの器で
at 2017-12-15 16:35
長谷川奈津陶展はじまりました
at 2017-12-11 16:45
久しぶりに
at 2017-12-07 16:22
長谷川さんの工房訪問記
at 2017-12-02 13:10
> ファン
> ブログジャンル